100均&basic UVレジンの作り方まとめ

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

この記事では、レジン初心者やレジン未経験者の方に向けて『本当に役に立つ実用的なレジン情報』をまとめていきたいと思います。

このまとめで伝えたい事は主に5つあります。

【このまとめで伝えたい5つの事】

  1. 各100均店舗(ダイソー・セリア・キャンドゥ)に置いてあるレジン材料の傾向
  2. 100均店舗(ダイソー・セリア・キャンドゥ)で購入できて、かつコスパにすぐれている良品レジン素材の紹介
  3. レジン初心者や独学の人がわからないであろう細かい処理や仕上げの方法を写真付きで解説
  4. レジン作業がはかどるオススメ機材の紹介(※出来るだけ動画で紹介する事を心掛けています)
  5. 100均やネット通販で販売されているレジン素材のメジャーアイテム(※ミール皿デザインシート等)を、ほぼ全種類購入して写真付きで紹介

以上の5点ですね。

主にこれらの事柄について解説したまとめがこちらの記事になります。

ただし、自分の文章はかなり下手なので、少々読みづらい所はあるかと思います(;´・ω・)汗

その代わり、記事内に使用する画像に細かい説明を入れたり↓

またある時には、適宜イラストを使用するなどして↓

全ての記事で、出来るだけわかりやすくなるよう努めているので、ぜひ参考にして頂ければ幸いです。

また、正直一番下までスクロールしてもらうとわかるのですが、この記事自体がかなりの分量となっています。

ですので、以下に設置してある目次の機能を活用して、自分の好きな分野や知りたい情報についての記事から読まれる事をオススメします。

では、どうぞ!

スポンサーリンク


この記事の目次

※はじめにお読みください※

正しい環境を準備して、レジン製作を楽しみましょう!

まずはじめに『レジン液を使う時の環境や準備』の話をさせてください。

具体的にはこちら

【レジン液に関して大切なこと】

  1. 換気をよくした部屋で作業を行う!
  2. レジン液が手に付いた際は、すぐに水で洗い流す!(※市販のビニール手袋をしての作業を推奨

こちらの2点ですね。

こちらの『レジン液に関して大切なこと』は、レジン初心者・経験者関係なく大切な事ですので、もし周りに知らない人がいたらぜひ教えてあげてほしいなと思います。

特に、小さい子にレジンをさせようと思っている親御さんは、しっかりと安全にレジンが作れる製作環境をお子さんのために準備してあげてください。

②の『市販のビニール手袋』に関しては以下の様なビニール手袋が↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左:ビニール手袋 右:ニトリル手袋

100均で購入可能ですので、どこでも買いやすい商品となっています。

ただし、個人的には写真右の『ニトリル手袋』の方がオススメですね。

ニトリル手袋も、ネット通販やホームセンターで気軽に購入可能です。
(※ニトリル手袋の価格帯も、100均のビニール手袋とほぼ同じになっていてオススメです。)

レジン製作者の多くの方『ビニール手袋やニトリル手袋』等の『手を保護してくる商品』を使用して作業を行っています。

ですので、ぜひ皆さんもレジン周りの環境を整えてから楽しいレジン制作を始めてみてください!

『100均&basic UVレジンの作り方まとめ』で伝えたい3つの事

Ξ『100均&basic UVレジンの作り方まとめ』で伝えたい3つの事Ξ

この記事では、『100均&basic UVレジンの作り方まとめ』において『何を重点的に伝えるのか?』という事について書きました。

言うなれば、このまとめの方向性についての説明になりますので、ぜひ最初に読んで頂ければ幸いです。

『本当に役に立つ』の“本当に”とは何を指すのか?についても、しっかりと説明してありますので、このまとめが目指す方向性が伝わるかと思います。

レジンの王道アイテムその①:UVライト『業者が多すぎるUVライト選び問題を考える!』

Ξ業者が多すぎるUVレジン専用のUVライト選び問題を考える!!【レジン用UVライトを選ぶ時に大切な3つの視点】Ξ

こちらの記事は、『UVライトの販売業者が多すぎるけど、どのUVライトを買えばよいのか?』と迷っている人に向けて書いた記事になります。

ほとんどの人は『○○のメーカーのUVライトが良い!』みたいに勧めていますが、自分の場合は『どの業者のUVライトを買うのであっても、UVライト選びに失敗しないための3つの考え』という事を中心に記事を書きました。

もちろん、自分のオススメのメーカーも紹介していますが、それ以上に、自分の記事を読んでくれた後で『そういう風な視点でUVライトを選べばよいのか!』という風に思っていただける方が結構いらっしゃるので、個人的に書いて良かったと思った思い入れのある記事になります。

【※UVライトを使う全ての人へ】UVライト購入後、誰にでも役立つひとつの作業

どのメーカーのUVライトを購入したのであっても、下の写真の様に↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

UVライト本体(ライトの光が出る所)にアルミホイルを付けて、目を守りましょう!

UVライト本体から出てくる青い光を肉眼で見る事は、かなり目に悪いので、自分の目の為にもぜひアルミホイルをして作業をしてください。
一応、アルミホイルをしていても、ライト照射のスイッチオンとオフは横から確認することが可能なので、作業の邪魔にはなりません↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このようにスイッチのオンオフは、横からわずかに漏れる青い光で確認可能です。

レジンの王道アイテムその②:エンボスヒーター『気泡は完全に消せるのか?問題について』

Ξ【動画もあり!買う前に気をつけるべきひとつの事】UVレジン用エンボスヒーターを買うのはありか?なしか?について話しますΞ

こちらの記事は、『エンボスヒーターって気泡を消すのに便利そうだけど、実際に使ってみてどうなのか?』と思っている方に向けて書いた記事になります。

どんな商品でも『この○○がいいから買いましょう!オススメ!』と紹介する人もいますが、自分はエンボスヒーターに関しては『買った方がいい人と、別に買わなくてもいいんじゃない?という人』の2種類に分かれていると思っているので、その事について解説しています。

また、『実際にレジン液にエンボスヒーターをかけると、どれくらいの気泡を消すことが出来るか?』についても、しっかりと写真を使って解説ているので、エンボスヒーターが気になっている人はこの記事で確認してみてください。

『安さ・作りやすさ・きれいな作品の実現』を兼ね備えたコスパの良いレジン素材

【素材紹介の前に…①】知っておくと便利!100均の各店舗ごとのレジングッズの商品の傾向と特徴を紹介!

Ξ【100均店舗の特色を知ろう!】100均店舗のUVレジン材料の特徴と傾向を知ってかしこくレジン素材の買い物をしよう!【ダイソー・セリア・キャンドゥ】Ξ

こちらは大手100均メーカー(ダイソー・セリア・キャンドゥ)で販売しているレジングッズの商品の特徴や傾向をまとめた記事になります。

ほとんど文章の記事ですが、これを見れば『各100均メーカーの商品傾向や特徴』が理解できるので、ぜひこの記事を一番最初に読んでいただきたいですね。

最初に100均各メーカーの特徴を理解してしまうと後でラクですし、無駄なお金や交通費等も抑えられオススメです。

【素材紹介の前に…②】UVレジンの初心者・未経験者にとって最初の一冊としてオススメしたい本がこちら!

Ξ【最初の一冊ならコレがオススメ!】UVレジン初心者が最初に買うべきオススメの一冊の本を紹介します!Ξ

今までレジン本を購入や図書館合わせて複数冊読んできた僕が、初心者・未経験者に一番オススメするのがこの本です。

この本をなぜここまで推すのか?』についてのふたつの理由を含めて、記事内で丁寧に解説しました。

【※2018年10月更新!新発売のレジン本!】100均のダイソーでも「レジンのレシピ本」が売られています!!

ダイソーの本のタイトル画像

Ξ【新発売!ダイソーでレジンのレシピ本が買える!】ダイソーで購入できる「レジンのレシピブック」を紹介!!Ξ

2018年8月頃に、100均のダイソーで「レジンのレシピ本」が発売となりました!

特に初心者の方にオススメな本で、値段も「100円+税」と非常に安くなっていてオススメです。
ダイソーに行かれた際は、ぜひチェックしてみて下さい!

【素材紹介の前に…③】UVレジン初心者が知らなければいけない最重要作業!

ΞUVレジンを作る前に必ずしなければならないひとつの事-マスキングテープ台の重要性-Ξ

こちらはUVレジンを作る前に必ずしなければいけない『マスキングテープ台の製作』について書いた記事です。
マスキング台に関して言うと、意外に『本でちゃんと勉強していないレジン初心者の人』は、その存在すら知らない人が多いです。

この記事は、『マスキング台がなぜ重要か?』や、『マスキング台の作り方』に焦点をあてて書かれています。

【素材紹介の前に…④】意外とみんなに知られていないレジン作業中に便利な良品をまとめて紹介!

Ξ【意外とみんなが知らない!】あると便利なUVレジン作業中に役立つ機材や道具を厳選して紹介!!※随時更新中※Ξ

こちらは『みんなにあまり知られていないけど、レジンの作業中に非常に役に立つ道具や機材』についてまとめた記事になります。

記事内にも書きましたが、『レジン出身の方は案外、プラモデルや模型の道具の情報をあまり知らない傾向がある』と感じています。

しかし、模型の製作に役立つ道具というのは、レジンにもちゃんと使える良品が多かったりするんですよね。

そういった観点から『模型製作では一般的だけど、なぜかレジン制作の際に使われていなくてもったいないと思えるコスパの良い良品』を中心に記事をまとめていきました。

初心者の方も経験者の方にとっても役に立つ記事だと思いますので、ぜひ覗いてみてください。

具体的に商品をお得に買える場所も丁寧に明記してありますので、安心して買い物ができるかと思います。
(例:この商品は、ネットでも購入可能ですが、ホームセンターでも買えるので、ホームセンターで購入するのがオススメetc…)

記事は随時更新していき、タイトル画像の『?』をどんどん変化させていくので、そちらで更新を判断して頂ければ幸いです。

【素材紹介の前に…⑤】僕が使用しているレジン液はこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

普段ぼくはこちらの清原のレジン液使用しています。

正直、『100均&basic UVレジンの作り方まとめ』内で紹介するつもりはなかったアイテムですが、皆さんの中で『レジン液は100均の安価な物一択!』みたいに考えてらっしゃる方が、もしこの中に居たら非常にもったいないと考えたのでここで紹介させていただきました。

確かに安価なレジン液と比較すると値段も異なります。

ただし、レジン液自体の全ての基本性能が違う事におそらく皆さま驚かれるかと思います。

特に以下の4つの点に関しては↓

【清原のレジン液の魅力】

  1. レジン液の粘り気や粘度の違い(変なベタ付きや粘り気が少ない)
  2. 匂いも弱い
  3. 細かい気泡の出やすさ(細かい気泡が出にくい)
  4. 黄変のしにくさ(レジン作品が黄ばみにくい)

比べ物にならないほど良いと言ってもよいと断言できます。

それくらい良いレジン液なので、皆さんにもぜひ一度体験してみてほしいアイテムのひとつです。

具体的な商品をピックアップして詳しく解説!

商品ピックアップその①:ミール皿

100均ミール皿タイトル画像

Ξ【UVレジン初心者が知っておくと良いミール皿の知識!】100均のミール皿を中心に、知っておいた方が良い知識やオススメ商品をまとめて紹介!!Ξ

こちらは、レジン初心者の方に向けて書いた『ミール皿』の総集編的な内容の記事になっています。

最初に『基本的なミール皿の形の名称』を紹介していく事から始まり、100均大手三大メーカー(ダイソー・セリア・キャンドゥ)のミール皿の中で『レジン初心者の方や、レジンの練習に適したミール皿を厳選して紹介』するなど、かなり深い所まで突っ込んで詳しく解説しました。

ミール皿の知識があまりない方や、比較的きれいな作品になりやすいミール皿を知りたいという方には特にオススメです。

商品ピックアップその②:マニキュア(ポリッシュ)

Ξ【UVレジン初心者が知っておくと良いマニキュアの知識!】100均のマニキュアを中心に、知っておいた方が良い知識やオススメ商品をまとめて紹介!!Ξ

こちらは、レジン初心者に向けて書いた『100均で購入できるマニキュア』についての記事になります。

具体的には、各100均メーカー(ダイソー・キャンドゥ・セリア)で購入できるマニキュアの主要銘柄名の紹介や、『良いマニキュアとは何か?』について、マニキュア選びの時に大切な4つの着眼点、そして、レジン初心者にオススメのマニキュアを紹介するなど、自分がマニキュアについて知っている中で、レジン初心者に役立つ情報を全て書きました。

こちらもかなり長い記事ですが、マニキュアにあまり詳しくない人には役立つ内容となっています。

商品ピックアップその③:シリコンモールド(ソフトモールド)

Ξ【UVレジン初心者が知っておくと良いシリコンモールドの知識!】100均で販売されているソフトモールド商品や、オススメ商品などをまとめて紹介!!Ξ

こちらは、『100均で購入できるシリコンモールド』についてまとめた記事になります。

正直レジン初心者の方にとって、シリコンモールド作品を作るのはあまりオススメではないとぼくは考えているので、あくまで簡潔にシリコンモールド製品の各メーカーごとの特徴を書き、最後にぼく自身がオススメするシリコンモールド製品を紹介というスタイルでこちらの記事を書きました。

商品ピックアップその④:レジン初心者にオススメのクラフトパンチとデザインシートの組み合わせ!

Ξ【UVレジンにクラフトパンチを活用しよう!】デザインシートの特殊なカッティングにクラフトパンチがめちゃくちゃ便利!Ξ

こちらは、レジン初心者の人にオススメの『デザインシートと特殊な柄のクラフトパンチ』の紹介記事になります。

デザインシート・クラフトパンチ共に100均で購入出来る事に加えて、ほとんどの人がこの組み合わせを試していないため人の作品との差別化が簡単に出来ます。

この組み合わせは本当にオススメですよ。

商品ピックアップその⑤:100均で売られている折り紙をレジン素材として使用したい方へ向けて

Ξ【100均の折り紙をレジン素材として使用したい!】100均の折り紙をレジン素材として使用するために知っておくべき3つの事!Ξ

こちらは、100均の折り紙をレジン素材として活用したい方へ向けて書いた記事になります。

レジン素材として適した折り紙と適さない折り紙の材質の紹介や、折り紙の有効活用方法など、折り紙をレジン素材として活用するための情報を詰め込みました。

商品ピックアップその⑥:お菓子用のシリコン型がUVレジン制作にも使用できるのか?について検証!

Ξ【子供にプレゼントしたくなるレジン!】お菓子や洋菓子、グミ用のモールドをレジン制作に使用してみてわかった事Ξ

こちらの記事では『100均で売られているお菓子のシリコン型をレジンにも応用して使用可能かどうか?』について検証をしていきました。

結論としては、写真の通り『製作可能』だったのですが、いくつか問題も出てきてしまったんですよね…(´・ω・`)

そういった問題やその対処法も含めて記事内にまとめてあるので、気になった方はぜひどうぞ!

商品ピックアップその⑦:レジンの王道アイテムである“ねり消しで作る雲素材”についてまとめた記事がこちら!

Ξ【レジンに使える“ねり消しで作る雲素材”!】UVレジンで超メジャーな雲素材の材料と作り方を紹介!!Ξ

こちらは、レジン素材として有名な『ねり消しで作る雲素材』についてまとめた記事になります。

レジン初心者の方の為に書いた記事ですので、王道の材料紹介から雲素材を作る時に大切な3つのポイントまで写真を多用し、丁寧にまとめてあります。

ぜひ参考にしてみてください。

商品ピックアップその⑧:ネイルスタンプをデザインシート化する事によって、レジン素材として使用できる!!

Ξ最近話題のネイルスタンプをデザインシート化して、レジン素材にしてしまう方法を紹介します!Ξ

皆さんは最近ネイル界隈で話題の『ネイルスタンプ』という商品をご存知でしょうか?

この記事ではその『ネイルスタンプをデザインシート化する方法』を紹介しています。

ネイルスタンプをデザインシート化する事は
お金をかけずにデザインシートパーツが量産できる事』や『疑似箔押しデザインシートを安価に大量生産できる』等、メリットがいくつもあるんですね。

そういったメリットやネイルスタンプの使い方も含めて写真多めで紹介しましたので、ぜひご覧ください。

レジン初心者の人にとっては、少しだけ難易度が高いアイテムですが、簡単に人との差別化を図れる素材が作れるためオススメです。

こういった変わった素材が簡単に作れるんですよ^^

ネイルスタンプセット一式は、百均のキャンドゥで購入可能です。

【※補足追記】ネイルスタンパーが品切れになっているお店が多いので紹介!

こちらがネイルスタンプを行うために必要な『ネイルスタンパーセット』という商品になるのですが、キャンドゥで品切れになっている事が多い商品となっています。

(おそらく、ネイルスタンプ人気のせい…)

なので、『もし近隣の店舗が品切れで、どうしてもネイルスタンプをやってみたい!』という方は、以下に紹介する同商品をアマゾンで購入される事をオススメします。

少々割高になってしまいますが、買えないよりかはマシですからね…(´・ω・`)。

それくらい今、スタンパーセットが買えなくなっているので、もしもの際はアマゾンを利用してみてください。

プレートに関しては、売り切れになっている事がほとんどないので、ネットではなくキャンドゥの実店舗で購入される事をオススメします!

100均やユザワヤ等の商品で、“レジンで使えるんだけど、あまり注目されてないグッズ”に関してもまとめています!

100均やユザワヤなどで売られている商品の中で、典型的なレジングッズでなく、『実際はレジンに使えるんだけど、あまり注目されていない面白いグッズ』に関してもまとめているので、ここで紹介させてください。

それがこちら↓↓↓

ユザワヤで変わったレジン素材を発掘したい!

ダイソーで変わったレジン素材を発掘したい!

キャンドゥで変わったレジン素材を発掘したい!

セリアで変わったレジン素材を発掘したい!

こちらの4つのまとめになります。

どの商品も廃盤になっている可能性が考えられますが、ただ見るだけでもネタ収集にはなるかと思いますので、ぜひこちらの記事ものぞいて見てください。

初心者向けの鉱石・クリスタル系レジンに関する情報

≡【鉱石系レジンに関する基本的な事!】レジン初心者向けの鉱石・クリスタル系レジンを作る時に役立つ情報まとめ!!≡

こちらは、レジン初心者向けに『鉱石やクリスタル系レジンを作る時に役立つ情報』をまとめた記事になります。

OPP袋でレジンの型を作れる。”等、素材の情報も含めて紹介しているのでオススメです。

『簡単に作れ、しかも応用が利くレジンレシピと処理や加工方法』について

【UVライトなしでも出来るレシピ】

【ⅰ】背景がキラキラでキャラクターシールメインのUVレジンレシピの紹介!

Ξ【UVレジン未経験者に捧げる!】お金をなるべくかけずに好きなキャラクターのキーホルダーをレジンで作る方法!Ξ

こちらの記事は、UVレジンをやった事のない人で『レジンはやった事ないけど、興味がある…。でも出来るだけお金は使いたくない…』と思っている方に向けて書いた記事になります。

材料も全て100均で統一するだけでなく、上の写真の様に『初めての人がミスしやすいポイントを詳しい写真で解説』しているので、オススメです。

ーUVライトを買ったほうがよい境界線ー

【UVライトなしで作ると失敗や手間がかかり過ぎてしまうテーマ】

【ⅰ】空枠レジンの作り方や処理についてまとめた記事がこちら!

Ξ【初心者向け!UVレジンの空枠作品を作る時に知っておくと良い情報!】レジンの空枠(フレーム型)作品の底の作り方や裏面のザラザラの処理の仕方を中心に、知っておくと良いポイントを厳選して紹介!Ξ

こちらは『空枠(からわく)』と呼ばれる底が無いタイプのミール皿についての情報をまとめた記事になります。

こちらの記事では特に、レジン初心者や独学でレジンをしている人にはけっこう難しい空枠レジンの『底の部分の作り方』や、『裏面のザラザラの処理の仕方』、そして『空枠レジンを作る際に知っておいた方が良い知識』についてまとめてあります。

【ⅱ】空枠レジンの底の部分の作り方に関する記事がこちら!

Ξ【UVレジンの空枠の作り方紹介①】空枠の底の部分の作り方を丁寧に解説!Ξ

こちらは空枠レジンでわかりづらい作業のひとつである『空枠レジンの底の部分の作り方』を解説した記事になります。

写真を多用していますので、これを見て頂ければ空枠の底の作り方をしっかり理解できるかと思います。

【ⅱ】マステをはがした後に出来る、空枠レジンのザラザラの面の処理の仕方に関する記事がこちら!

Ξ【UVレジンの空枠の作り方紹介②】マスキングテープを剥がした空枠レジン作品の裏面のザラザラの処理の仕方!Ξ

こちらも空枠レジンでわかりづらい作業のひとつである『空枠レジン作品をマステ台からはがした後、どうしても出来てしまうザラザラの面の処理の仕方』について解説した記事になります。

シリコンモールドを使用したレジンを作りたい方必見!!

お次は、『シリコンモールドを使用したレジン作品を作ってみたい方』に対して書いた記事をまとめて紹介します。

【ⅰ】シリコンモールドを使用したレジンを作るために最低限知っておくべきふたつの事!

Ξ【レジン初心者必見!】UVレジンのシリコンモールド作品を作る時に大切なふたつの事!!Ξ

こちらは、『シリコンモールドを使用したレジンを作りたい人がまず知っておくべき理論や知識』についてまとめた記事になります。

上の画像の様に、出来るだけイラストを多用して分かりやすくしました。

まだシリコンモールドを使用したレジンを製作したことがない方に、特にオススメの記事です。

【ⅱ】レジン初心者にオススメなシリコンモールドの型はこれ!!

Ξ【レジン初心者にオススメのシリコンモールド!】シリコンモールド系レジン初心者に香水瓶の型がオススメな4つの理由!!Ξ

こちらは、『レジン初心者にオススメのシリコンモールド型』を紹介した記事になります。

ただオススメを紹介するだけではなく、『なぜレジン初心者にこのシリコンモールド型がオススメなのか?』という視点で解説しています。

理屈込みで理解できると思いますので、オススメです。

【ⅲ】香水瓶レジンのレシピ紹介!!

Ξ【レジン初心者向けのレシピ紹介!】レジン初心者にオススメのシリコンモールド香水瓶レジンレシピを紹介!!Ξ

こちらは【ⅱ】で紹介したオススメのシリコンモールドを使用した初心者向けレジンレシピの記事になります。

出来るだけ写真を多用し、わかりやすくなるよう心がけました。

UVレジン製作に役立つ補助器具について

【補助器具ピックアップの前に…】はじめにUVレジン製作に役立つアイテムを一覧形式でまとめて紹介します!

※執筆中※

100均や通販の大容量系の素材を買ってみた

【ⅰ】100均のダイソーのミール皿をほぼ全種類集めて紹介したレビュー記事

ΞダイソーのUVレジン専用のセッティング台(ミール皿)ほぼ全種類を、写真とサイズ付きで詳しく紹介!Ξ

こちらは、ダイソーを数店舗周ってミール皿全種類購入しレビューした記事になります。
記事としては、写真も多くかなり長いので、文字を読むのではなくスクロールしていって『こんなミール皿が売ってるんだなぁ~』と参考にしていく様な記事の見方をオススメします。
一応、誰も書いてないであろう『ミール皿の縦・横・直径等の長さ』まで完全に測ってレビューしています。

※『ほぼ全種類』と書いてあるのは、『欠番や新商品』が出た時の為です。

【ⅱ】100均のキャンドゥのミール皿をほぼ全種類集めて紹介したレビュー記事

ΞキャンドゥのUVレジン専用のセッティング台(ミール皿)全種類を、写真とサイズ付きで詳しく紹介!Ξ

こちらの記事でも、ダイソーに続いて、100均のキャンドゥミール皿(※アンティーク調のみ)ほとんど全種類買ってきて紹介しました。
キャンドゥのミール皿は、ダイソーよりも封入個数が少なく割高ですが、その分色々な形やサイズ展開があるので、色々な種類のミール皿を買いたい人には良いお店だと思いますね。
こちらの記事もダイソー同様に、『ミール皿の長さ・大きさ』まで含めて解説しています。

※『ほぼ全種類』と書いてあるのは、『欠番や新商品』が出た時の為です。

【ⅲ】100均のダイソーのデザインシート・フィルム・ペーパーほぼ全種類紹介!

ΞダイソーのUVレジン用デザインシート&ペーパーほぼ全種類を写真で紹介します!Ξ

こちらは、ダイソーで売られている『デザインシート&ペーパー』を紹介した記事になります。

全てのシートを写真付きで丁寧に紹介してあります。

ただ、記事自体が長いので
『文章は読まずに下にスクロールして、画像だけ見ながら自分の気に入ったものを探す』
という記事の読み方を推奨しています。

※『ほぼ全種類』と書いてあるのは、『欠番や新商品』が出た時の為です。

【ⅳ】100均のキャンドゥとセリアのデザインシート・フィルムほぼ全種類紹介!

ΞキャンドゥとセリアのUVレジン用PET製デザインシートほぼ全種類を写真で紹介!Ξ

こちらの記事は、先ほどのダイソーに続きまして
同じ100均大手の『キャンドゥ』と『セリア』で売られている『UVレジン用PET製デザインシート』を紹介したものになります。

全て写真付きで丁寧に紹介してあります。

※『ほぼ全種類』と書いてあるのは、『欠番や新商品』が出た時の為です。

【ⅴ】月と星の大容量系スタッズチャームのレビュー記事がこちら!

Ξ【月と星のUVレジンおすすめパーツ素材!】人気の『三日月と星のチャーム・メタルスタッズ』を購入したのでレビュー!!Ξ

こちらは、アマゾントップクラスに人気でビューも多い三日月と星のメタルスタッズチャーム』を実際に買ってレビューした記事になります。

実際に『月と星』のモチーフは、ホログラムやラメ系で多く見られますが、この商品の様に『チャーム素材の月と星』って意外に種類がないんですよね汗。
そういった中で、こちらの商品は値段も安く個数も多かった商品でしたので、ぼくは今でもよくこのアイテムを使っています。

記事内では主に、アマゾンのページを見るだけではわからない情報

  • 具体的な封入個数(実際に手作業で数えたw)
  • チャームの質感は安っぽくないか?高級感があるかどうか?
  • 三日月と星のチャームの裏側はどうなっているのか?

などについて徹底的に検証してあります。

【ⅵ】大容量系歯車チャームのレビュー記事がこちら!

Ξ【コスパが良いレジン歯車パーツ!】人気の『手作り工房 MY mama歯車パーツMIX福袋』を購入したのでレビュー!!Ξ

こちらも、アマゾントップクラスの人気を誇るレビュー数も多いUVレジン用の歯車パーツの福袋商品』を実際に購入して検証してみた記事になります。

こちらの記事では、歯車質感安っぽくないか?全ての歯車の個数とデザインについて書きました。
またそれだけではなくて、実際にラウンド型の3種類のミール皿(2㎝・2.5cm・3cmの円形)に歯車を乗せてみて、『歯車パーツと、3種類の定番な大きさのラウンド型ミール皿との大きさの相性の検証』についてもしっかりと書きましたので、こちらも『三日月と星のチャーム』の記事と合わせてオススメです。

『短期間でレジンを上達させるノウハウ』について

※執筆中※

 

レジンで実現可能な作品はどんなものがあるのか?日本の優秀なレジン作品の情報が集まっている場所はここだ!

皆さんは、『いったいレジンでどこまでの事が表現できるんだろう?』と思ったことはないでしょうか?

ただしこれ、『UVレジン 作品』と検索したりUVレジンで画像検索をしたりしても、ネイバーまとめ系の役に立たないサイトしか出てこないんですよね汗

いったいどこに『優秀なレジン作品や細かいネタ等の情報』が集まっているのでしょうか?

そんな風に思われたあなたに、ぼくからおススメしたいサイトがこちらの

レジンBOT(@resin_botさんのツイッターページになります!

ここには間違いなく『日本の優秀なレジン作品の情報』が集まっています。

おそらく現時点で、日本で一番多くの優秀なレジン作品を見る事が出来るアカウントだと言っても過言ではありません。

実際にレジンBOTさんのアカウントを覗いてみて『レジンの可能性を感じたり』、『自分の好きなスタイルや自分が作ってみたい・表現したいスタイルに近い作家さんを見つける』などをしてみるのがオススメですね。

特に、ぼく自身もこれまで色々な記事を書いていますが、ぼくの場合は『キャラクターシールを活かせることが出来る作って楽しいレジン』というスタイルなので(例えばこちら↓)

上の写真の様なステージ背景のレジンを作ってから、使いたいキャラクターシールを選んで(選定作業も楽しい!)、それを封入していくという↓

痛グッズやオリジナルのオタグッズにも対応するような『個人の作る喜びが大きくなるレジン作品』がメインとなっています。

ただしこれ、悪く言えば自分のメインのスタイルはレジンの主流のスタイルではないんですよね…(´・ω・`)。

なのでもしも、『初心者から早く脱して、“王道”のキラキラ系のレジンを突き詰めたい!』と思っている方は、レジンBOTさんのツイッターアカウントを覗いて『自分の感性に合うレジン作家さん』を見つける事がオススメです。

 

※レジンBOTさんのツイッターアカウントへ飛ぶ※

 

基礎的なレジンに物足りなくなってしまった方にむけて

あくまでこのまとめは『レジン初心者(というか、レジン始めたばかりで困ってた時の過去の自分に向けてという意識で書いてますが笑)』に向けた記事となっています。

ですので、記事内容に物足りなさを感じた際は、もう少し上の難しさのまとめである

Ξ材料の幅を広げる!UVレジン作り方まとめΞ

という上位レベルのまとめも製作していますので、こちらをぜひ参考にしてみてください。

こちらのまとめでは『誰も紹介していなかった珍しい素材や加工方法を紹介し、ブログ読者の方のレジン素材のバリエーションを広げてもらう』事をコンセプトにしてまとめてあります。

よろしければこちらも合わせてどうぞ!