【ぬいぐるみのタグ取る?取らない?問題のひとつの答え】ぬいぐるみのタグをどうするかで問われる『キャラ愛』

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

突然ですが皆さんは
ぬいぐるみに付いている商品タグを切るべきか?切らないでおくべきか?
迷った経験はないでしょうか?

今日は一度でもそんな風に思った経験がある人に向けた記事となっています。

そして、この記事で紹介する方法は
『ほとんどの人が採用していないにも関わらず、フォロワーさん等に非常に評判が良い方法』
となっておりますので、結構自信を持ってオススメ出来るひとつの方法です。

写真付きで丁寧に解説していきますので、お楽しみに!
ではどうぞ!

スポンサーリンク


ぬいぐるみタグを取り外しする事と、タグを付けたままのメリットとデメリット

まず初めに、『ぬいぐるみタグを切り外しする事と、タグを付けたままにしておく事のメリットとデメリット』について簡単にまとめていきます。

ぬいぐるみのタグを付けたままの状態のメリットとデメリット

P1850232 (800x533)

ぬいぐるみのタグを取らないことで得られる一番の恩恵は
まず間違いなく上の写真のようにまるで新品であるかのように保存が可能で、見栄えもきれいですよね♪

ぬいぐるみを移動させたり撮影しないのであれば、取らないのがベストなのは間違いないでしょう!

ただし…

P1850244 (800x533)

上の写真のように、船や家にのせて飾ったり、外での撮影をするときにはタグが邪魔になってしまうんですよね…

ぬいぐるみのタグを取ると…

今度は、タグを取ったら取ったで色々な撮影に対応可能となります!

あれだけもどかしかったタグが無い事で、キャラクター本体だけを撮影できるのですから♪

ただし…

P1850242 (800x533)

タグって実はかわいいデザインのものが多いんですよね(-_-;)

だから一概に
タグを捨てる事』って“キャラ愛が強いほど出来なかったりするもの”なのかもしれません。

私がそうですw

私の解決方法

そんな私が採用したぬいぐるみタグの保管方法はこちらになります。解決方法はただひとつで、

”タグを取ってしまって、フォトアルバムで保管”

これが私が提案するひとつの解決策になります。

次の写真をご覧ください。

これは、私が使用しているフォトアルバムです。

P1850235 (800x533)

中でも、ナカバヤシというメーカーのフエルアルバムのシリーズがオススメです。

このシリーズはフォトアルバムなのに写真の仕切りが無いので、配置が自由にレイアウトでき、レイアウトを楽しめるようになってます。

フォトアルバムの中身

P1850241 (800x533)

レイアウト見本

P1850243 (800x533)

あまりうまくないですが、その時の思い出もタグに込めて保管していくと結構いいもんなんですよ♪

また、以下の画像のように↓

ぬいぐるみのタグだけでなく、キャラクターとお菓子のコラボパッケージ商品などもハサミで切って保管したりする事も出来ますので、意外に応用範囲が広い方法になっています。

フォトアルバムに直接入らない大きいものはハサミで切ってから保管がオススメ!

P1850236 (800x533)

こういったプライズの箱に描かれている可愛い絵柄は、ハサミで切ってからアルバムに保管していきましょう!

箱とかデカくて邪魔なんだけど、なかなか捨てられないことってありますよね?

P1850237 (800x533)

よく箱のデザインや箱に書かれているキャラを見てみると、かわいいのが多かったりするものです…

こういった大きいもの(特にUFOキャッチャー等のプライズ品)に関しては、私は次のようにしています。

P1850238 (800x450) P1850239 (800x450)

はさみで切って保管する。

ただそれだけですが、その効果は絶大です。

【2016年9月追記】最近はタグをカードスリーブに入れてから保管するようになりました

ここまで読んでくれてありがとうございます。
一年前の記事で、『とにかく読みづらいなぁ~』という印象しかない記事ですが、ファイルで保管という方法というネタ自体は今でも気に入っています。

今回追記で新たに紹介したい事は、『タグ等はカードスリーブに入れて保管』の方が良さそうという事です。

どうして入れた方が良いかというと
“時間と共にタグがアルバムにくっついていってしまったから
というわけなんですね。
(少しくらい考えればわかりそうなことでしたが…汗)

そして今、ぼくがどのように保管しているかというと

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こういったカードスリーブの中でも特に大きいサイズのスリーブを使用し、その中にタグ等を入れてからアルバムに保管という方法を採用しています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

商品タグや切り取ったパッケージが直接アルバムにくっつかないため、オススメです。
また、サンエックスのリラックマのぬいぐるみのタグに関して言うと
どのタグもデザインや形にこだわりがあり、捨てるのがもったいないレベル
だとぼくは思っています。

例えばこれ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レモンやコリラックマのデザインの可愛さもさることながら、キャラクターやロゴ周りを金色にしていたりと↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

かなりのこだわりがあるタグだとわかるかと思います。

なので皆さんもぜひ、リラックマシリーズのような細かい所までこだわっている商品タグを見つけた際、同じようにアルバムで保管していってもらえるとぼく自身もこの記事を書いた甲斐があるというもので、かなり嬉しいですね。

最終的にこのブログを通して
ごみ扱いだったぬいぐるみのタグの付加価値が少しでも上がる
様になれば最高だなぁ…と思いながら最近記事を書いています。

せっかく気に入って買った商品だから…

せっかく買った商品で特に気に入ってる商品に対して妥協はあまりしたくないというのが私の性格です。

それに買った商品達を見ていると、飼い主(オーナー)である私に

『お前はぼくたちへのキャラ愛があるか?』と言われるような気がしてしまいます笑

今回は私なりの方法を紹介しましたが、他にもっと良い方法がありましたら、ぜひ教えてください!

ではまた♪

ぬいぐるみの価値を上げるための情報まとめページを作りました!

ぬいぐるみ関連の記事が増えてきたので、ぬいぐるみやフィギュア好きの方に役立つ情報をまとめたページを作りました。

よろしければどうぞ!

※ぬいぐるみの価値を上げる委員会まとめページへ※