Ξ糖質制限やMEC食を学ぶための”コスパが最強の良書”を6冊厳選して、紹介してみました!【隠れた良書もあり!!】Ξ

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

糖質制限で3ヵ月かけて約7キロ痩せました。

体重の変化は、72キロ→65キロまで落ちました。

今日から糖質制限Q&Aとしまして、糖質制限未経験者や初心者の人に聞かれたことや初心者の方などが不安に思う事などを答えていこうと思います。

このQ&Aシリーズの目標は

『ぼくの記事を読んで糖質制限を実行した人が痩せることができて、かつ、体の調子も良くなって、毎日の生活の状態が良くなる人が増える』

というのを目標にしています。

質問等ございましたら、気軽にご質問してくださいね!

ではどうぞ!

スポンサーリンク


Q.『糖質制限やMEC食に関して、おすすめの本はありますか?特に、初心者でもわかりやすく糖質制限を学べる本が良いです。』

 

A.『糖質制限を世に広めた江部康二さんの本と、MEC食を広めた渡辺信幸さんの本ならほぼハズレはないです。ただ、この二人(特に江部さん)は色々な本を出しているので、下にオススメの本をまとめます』

 

ぼくがおススメしたい糖質制限の本は、次の5パターンでオススメの本があります。

 

①わかりやすく、広く浅くでいいので糖質制限の概要を掴みたい方

②知的好奇心が強く、科学用語が多くてもいいので、炭水化物の事や、人がなぜ3食食べるようになったか?や、人がいつからこんなにも糖類を摂取するようになったか?等の雑学も知りたいという方

③色々な食品の糖質量がまとまっている本がほしい方

④レシピ付きで、かつ糖質制限の基本的な事まで学べちゃう本がほしい方

⑤MEC食について学びたい方

 

この5パターンですね。これから紹介する本達は、全て自分が購入して持っている本ですので、実物写真も載せていきますね!

 

①:わかりやすく、広く浅くでいいので糖質制限の概要を掴みたい方

 

一番わかりやすく、大まかな糖質制限の事を学べる本はこの本の一択だと思います。

 

『マンガで分かる肉体改造 糖質制限編』 ゆうきゆう著

(すいません、この本は自分kindleで持っているので実物写真はないです汗。)

この本と他の糖質制限の本の違いはズバリ

この本は、“マンガ”で糖質制限について語っています。

インスリンやコレステロールの話までキャラクターを使っての話で、本当にわかりやすいです。

もしかしたら、『ゆうきゆうって誰やねん?糖質制限ブームの便乗商売ちゃうんかい!』なんて思う方もいるかもしれません。

ですが、このゆうきゆうという方も、糖質制限をちゃんと勉強したのちに、糖質制限を実践して実際に痩せたお方です。

なので、便乗商売ではなくむしろ、かなりわかりやすく理論づけもしっかりしている本ですので、おすすめの本にしました。

やっぱりマンガで学べるのはわかりやすいですよ。

 

 ②:知的好奇心が強く、科学用語が多くてもいいので、炭水化物の事や、人がなぜ3食食べるようになったか?や、人がいつからこんなにも糖類を摂取するようになったか?等の雑学も知りたいという方

 

科学用語多めだけど、より科学的に糖質制限を知りたい方や、ブルーバックスのような化学系の新書を読むことに抵抗のない方はこちらの本もお勧めです。

 

『炭水化物が人類を滅ぼす 糖質制限から見た生命の科学』 夏井睦 著

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(タイトルがいかにもな感じですが笑、こういうタイトルは著者でなく、出版社がつけるのでどうしても糖質制限に対して世間が持っているイメージからして、こういう釣り系のタイトルになってしまうようです汗)

常識ってなんだっけ?とか、炭水化物って必須なのか?とか本当にいろいろ考えさせられる本です。

好奇心の強い方に強くオススメします。

 

③色々な食品の糖質量がまとまっている本がほしい方

 

実際に糖質制限を理解した後に

『じゃあどんな食べ物を食べたらいいのか?』と思う方も多いと思います。

そんな方々にとって、様々な食品の糖質含有量がまとまっている辞書的な本もあると便利でしょう。

そんな要望を満たしてくれる本がこちら↓

 

『食品別糖質量ハンドブック』 江部康二 著

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この本の魅力はズバリ、ひと目でわかりやすいです。

あるとかなり便利な本だと思います。

難を言えば、それぞれの食品が○○グラム当たりの糖質量の『○○』に当たる数値がバラバラなので、その食品の糖質の割合(%)は自分で計算しないといけません。

(例えば、上の写真の例でいくと、ソフトクリームは『120グラムあたり~』に対して、ティラミスは『90グラムあたり~』や、ビスケットは『18グラムあたり~』など、数値がバラバラ。全て100グラムあたりで計算してくれれば楽なんですけどね(愚痴))

ただ、あるとホント便利な一冊なのは間違いないですね。

 

④レシピ付きで、かつ糖質制限の基本的な事まで学べちゃう本がほしい方

 

レシピだけじゃなくて

最初の3日間を乗り切るアドバイス

とか

2週間続けるためのコツとかアドバイス

そして

禁止食材やOK食材について

簡潔にまとまっている本があったら素晴らしくないですか??

実はそういった本があるんですよね!

かなりマニアックな、知る人ぞ知る本がこちらになります↓

 

『糖質オフ!でやせるレシピ』 牧田善二 著

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この本には実は僕自身思い入れがありまして…

実はこの時ブログにも記事にしたのですが↓

糖質制限はやはり3日目が鬼門~止めた後に届いたレシピ本にまさかの運命の言葉~

ぼく自身実は、一度目の糖質制限ダイエットに失敗しています。

(原因は二日目と三日目の頭痛が原因です。)

その時は三日目で断念したのですが、そんな時にこの本を購入し読んでみたら、3日目までのアドバイスとか、頭痛に対してのアドバイスが書いてあって読んで実行したんですよね。

そして結果、二回目の糖質制限ダイエットに成功して今にいたります。

まぁ正直この本がなかったら糖質制限失敗したままだったかもしれないので、かなり思い入れがある本になります。

レシピだけでなくこんな形で3日目までのアドバイスとかも書いてあって、かゆい所に手が届いている素敵な本ですよ。

 

⑤MEC食について学びたい方

 

MEC食ってなんだ?という方にはこの本が王道でおすすめです。

 

『日本人だからこそご飯を食べるな 肉・卵・チーズが健康長寿をつくる』 渡辺信幸 著

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(タイトルがいかにもな感じですが笑、こういうタイトルは著者でなく、出版社がつけるのでどうしても糖質制限に対して世間が持っているイメージからして、こういう釣り系のタイトルになってしまうようです汗)(二回目笑)

MEC食を学ぶのには、この本1冊で十分でしょう。

 

他におすすめの本はないの?という方へ

 

もしかしたら、もっと興味を持っていただいて色々な本を読みたいという方もいるかもしれません。なので、この本も補足的にオススメしておきます

 

『主食をやめると健康になる』 江部康二 著

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タイプとしたら①で紹介したゆうきゆうさんの本の系統になる本ですかね。

この本を読むと広く浅くそしてわかりやすく糖質制限の概要がつかめます。

自分は、①で紹介したゆうきゆうさんの本とこの本で、糖質制限の基本的な事を勉強しました。

 

糖質制限の記事が50を越えたので、まとめページを作りました!

糖質制限のダイエット関連の記事が50を超えたので、見やすくするためにまとめページを作りました。よろしければどうぞ!

 

※糖質制限のまとめページ※