【未体験の痛気持ちよさ!】アサヒのストレッチングボードEVを購入したので、実物の商品レビューで紹介!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

先日、アサヒのストレッチングボードEVを購入しました。
ジャジャンッ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
created by Rinker
アサヒ
¥6,390 (2019/03/24 22:15:41時点 Amazon調べ-詳細)

購入理由としては、純粋に『故障しにくい体を作りたかったから
これに尽きます。

まだ自分も20代とはいえ、ちょうど1年前に生まれて初めての腰痛という地獄を経験したんですね。
その時に『いつまで若々しく健康なのは幻想だぞ』とハッキリと現実を突きつけられました。

ただ、運動とか筋トレで自分を追い込んでマッチョになる方向では鍛えたくないんですね。
理由はいろいろありますが、1番は『筋トレしてたけど、筋トレのバーベルが原因で肩とかをよく痛めていたから』でしょうね。
健康を求めて筋トレをして、その筋トレで故障するのはぼく的に本末転倒だったというわけです。

個人的にずっと思っているのが、『体の柔らかい人は故障が少なく、人間的にも柔和な人が多い』という事です。
(あくまでぼくの抱いているイメージに過ぎないですが…)

年を取って故障が少なく、表情も柔和で性格も良くなるとか本当に憧れます。

今日、この記事にいらっしゃった方も何かしらの思いでここにたどり着いたと思います。
そしてぼくも、そんな方たちに役立てるようにここに『アサヒストレッチングボードEV』の実物商品のレビューを書きました。
ぜひ何かしらの形で参考にして、役立ててください。

スポンサーリンク


株式会社『アサヒ』ストレッチングボードEVの全ての付属品一覧

まず最初は、こちらのストレッチングボードEVに付属している付属品を見ていきましょう。
全ての付属品がこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
  • ストレッチングボードEV本体
  • 取り扱い説明書
  • マット
  • 足裏サポーター
  • ストレッチメニューが記載された紙

こちらの5点で全てになります。

それではまずは
『皆様が気になっているであろうストレッチングボードEVを購入前に抱くであろう疑問
について、ぼくが答えていきたいと思います。

 ストレッチングボードEVは体のどこの部位に効果や効き目があるの?

誰もが『ストレッチングボードEVをするとどこの部位に効果が出るのか?』気になる事かと思います。

効果の出る部位に関しては主に、ふくらはぎとアキレス腱が効いてきますね。
グワーッという感じでよく伸びているのがわかります。

他にもアマゾンレビューを見ると『足腰にも効く』とのコメントがあります。
(今度検証してみます)

そして、テレビやyoutubeを見ながらの“ながら運動”でもOKなので個人的にかなり使いやすいというイメージしかなく、重宝しそうです。

足を伸ばした時、どうせ痛いんでしょう?

小学校のころから前屈とか柔軟が嫌いでした。
理由は『前屈しても地面に手が届かなく苦手だったから』です。

あと、体を伸ばすと地味に痛いんですよね。
痛いは言い過ぎかもしれませんが、少なくとも体の堅い人は誰も『気持ちいい』とは思わないでしょう。

しかしですよ…

ぼくがこのアサヒストレッチングボードEVで1番言いたい事がまさにこれで
痛いとか感じないし、逆に伸ばしていて気持ちいい
という事なんです。

まさかの『イタ気持ちよさ』をこの商品は提供してくれます。
気持ちいいのでリラックス効果もおそらくあるでしょうね。

ストレッチングボードの真ん中にあるレバーはどう使うの?

購入前だと
『ストレッチングボードEVを、具体的にレバーを動かしてる感じとか操作する方法とかどうなっているの?』
気になる事が多いかと思います。

特にこの真ん中のレバーの説明に関しては、写真や文章ではなかなか伝わりません。
そこで、ぼくが『ストレッチングボードEVの操作方法やレバーの動かした感じや雰囲気』について動画にしてみましたので
こちらをご覧になって、参考にしてみてください↓

動画なら実際の使用例とか雰囲気が伝わりやすいですからね。

ストレッチングボードを買っても、ダイエットとか体を柔らかくするメニューがわからないからテキトーな運動になってしまいそう…

こちらは心配しなくて大丈夫です。

ちゃんとストレッチングボードEVの箱の中に練習メニュー表が入っているので↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これを見ながらストレッチをしていけば良いでしょう。

ボードに乗って床のフローリングを傷つけたくはないんだけど…

こちらもアサヒさんの方でちゃんと対策は考えられています。

一応、商品の中に床を傷つけないためのマットが入っているんですよね。
それがこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただしですね…

このマット…

めちゃくちゃ薄いんですよ!

(本当にこれがなければ最高の商品だと思うんですけどね汗)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マットの厚さが2、3mmしかありません。

なのでマットを使う時は、ヨガマット等の厚いマットを、人によっては別で購入した方が良いかもしれませんね。

(ただそれに関しては、ボードを購入して届いて薄いマットの実物を確認してからでも問題ないかとは思います。)

ストレッチングボードEVに乗れないと嫌なんだけど、体重制限とかあるの?

こちらの商品は一応体重制限があります。

『ストレッチングボード』と『ストレッチングボードEV』共に
体重制限130㎏
となっています。

おそらくほとんどの方が使えるかとは思いますね。

黒い補助器具『足裏アーチパッド』に効果はあるのか?

商品と一緒についてくる『足裏アーチパッド』がこちらになります↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

正直な話、この足裏アーチパッドを使う事によって
『ものすごく体を伸ばせる!』
みたいに感じる事はない様な気がしますかね…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ無いよりは全然良いので、これから使っていて効果のほどを検証してみたいと思います。
もしかしたら時間と共にものすごいアーチパッドだと気付くかもしれませんので。

株式会社アサヒの『ストレッチングボード』と『ストレッチングボードEV』に違いはあるの?

こちらのふたつの商品についての違いをここでまとめておきます。

アサヒ ストレッチングボード

created by Rinker
アサヒ
¥6,060 (2019/03/24 22:15:42時点 Amazon調べ-詳細)

アサヒ ストレッチングボードEV

created by Rinker
アサヒ
¥6,390 (2019/03/24 22:15:41時点 Amazon調べ-詳細)

こちらのふたつですね。

口コミや評判

発売日の違いから『ストレッチングボード』の方がレビューが多いですが
どちらも100レビュー越えの優良商品である』事は間違いないので、甲乙つけ難い商品です。
(もちろん良い意味で)

値段

この記事を投稿したのが2015年11月だったのですが、その時は
EVの方が500円高かった』です。

それが現在2016年8月だと
EVの方が5,580円で220円安いという逆転状態
になってますね。

今後、どうなるかわからないですが
『性能的にもEVの方が良い中で、EVの方が安くなっているのはかなりお買い得な時期
になっているなぁ~という気がします。

サイズ

サイズ的にはそれほどの違いはありません。

  • ストレッチングボード    サイズ|30.5×36×12.5cm
  • ストレッチングボードEV  サイズ|30.5×35×14.5cm

EVの方が高さだけ2㎝大きくなっていますが、ほぼ誤差と言ってよいでしょう。
それ以外の縦と横の面に関しても、ほとんど差がありません。

重さ

次に重さを見ていきましょう。

  • ストレッチングボード    重さ|1.6㎏
  • ストレッチングボードEV  重さ|2.0㎏

こちらはけっこう違いましたね。
ストレッチングボードEVの方が400g重いという結果になりました。
(それでもわずか400gの差なので、あまり影響はないですね)

足を乗せる板

普通の初期の『ストレッチングボード』の足を乗せる板は
基本的に直線的に出来ています。

それに対して、進化した方の『ストレッチングボードEV』の足を乗せる板は
屈伸の効果を引き出すために板が湾曲して出来ています。

この湾曲具合がなかなか素晴らしい進化で
(参考写真がこちら↓)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この反った面によって
さらなる体の伸びの効果を与えてくれる
というわけなんですね。

目に見えた変化が嬉しい限りです。

かかとを付ける面

かかとをつける面に関しても、ストレッチングボードEVの方は
EVA素材で出来たかかとパッドに変更』されました。

これによって、クッション性の増加も地味に嬉しい変更ですね。
毎日使う使用者の事を考えての変更なのだと思います。

角度

この角度という分野が『ストレッチングボード』と『ストレッチングボードEV』の最大の違いかもしれません。

  • ストレッチングボード    角度|6~30度
  • ストレッチングボードEV  角度|5~35度

ストレッチングボードEVの方が角度が5度だけさらに開くようになりました。
これによって、慣れてきた後の深い角度の練習も問題なく出来るようになったというわけなんですね。

またさらに、こちらは言うまでもなく
『ストレッチングボードEV』の方がレバー部分の操作が簡単でラクという事も見逃せません。
※レバーの動きに関しては、上に掲載してぼくが撮影したyoutube動画をご覧ください。

気持ちよく体も柔軟になれるストレッチングボードEVを手に入れて、故障しにくい体へ!

いかがだったでしょうか?

ぼくは『ストレッチングボード』と『ストレッチングボードEV』だったら
断然『ストレッチングボードEV』をオススメします。

また、ぼくがストレッチングボードEVを使ってみて1番いいと思ったのは
ながら運動でストレッチできて、しかも気持ちいい
という事でした。

気になった方はぜひ検討してみてくださいね。

ではまた!

今日紹介した商品がこちら!

created by Rinker
アサヒ
¥6,390 (2019/03/24 22:15:41時点 Amazon調べ-詳細)

【追記】

ストレッチングボードEVの色に『ダークグレー』でなく、『ライトブルー』という色も発売されました。
性能は同じなので、色もお好きなほうをどうぞ。

created by Rinker
アサヒ
¥5,690 (2019/03/24 22:15:42時点 Amazon調べ-詳細)

スポンサーリンク

スポンサーリンク