【糖質制限166日目】糖質制限の弱点に気が付いた

lkh (768x1024)

ここ最近、HYのNAOばかり聞いています。

恋でもしているんでしょうかね?

こんばんは、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

 

ブログを書くのも何日かぶりで久しぶりなので、書きやすい糖質制限の日記を書こうと思い、今日は糖質制限の事を書きます。

スポンサーリンク


3日前にゲロを吐いた話

 

いきなり汚くてごめんなさい笑

でもどうしてもここから書かないと気が済まないので書かせてください。

その日は休日で、朝起きて一日面倒だから、朝に鍋を作って一日それをたべればいいや~なんて思いながら、朝っぱらからモツ鍋を作ったんですよね。

で、MEC食にもしたいので、ゆで卵も入れた白菜ともつと豆腐ときのこという変な鍋を作りました。

 

それで、朝からそれを食べたんですけど、どうも調子が悪いなと…

 

昼は気持ち悪かったので抜いて、夕飯は再びこのモツ鍋を食べました。

しかし、めっちゃ気持ち悪くなり、その2時間後にリバース…

どうした俺、卵もたんぱく質もとってるのに…

 

鍋に入れたゆで卵とオリーブオイルで焼いた目玉焼きの違いは何か?

 

実は、鍋を食べて調子が悪くなるのはこの時だけじゃなかったんですよね。

朝にちゃんと卵をしっかり食べても、鍋のゆで卵の時は仕事中に体調が悪くなることもしばしば…

しかし、いつもの朝食のオリーブオイルで焼く目玉焼きの時は仕事中も体調が良いと…

いったいこの差は何なのでしょう?

同じ卵なのに…

 

この言葉(『同じ卵』)から、ぼくはこれから向かう先と糖質制限の弱点に気が付きました。

 

糖質制限本の食べるべき食材の定義が広すぎる

 

糖質制限関連の本を読むと、こんな事が書いてあることがほとんどです。

例えば、肉を○グラム以上食べる。卵を食べる。脂質をとる。等…

 

当たり前のことに今まで気付かなかったぼくも悪いのですが、こういう言葉のあいまいさに今更ながら気づきました。

どんなことが言いたいかというと、卵だったら、養鶏場で詰められて育てられた鶏の卵と、自然に放牧されて餌もクズ以外のものを食べてきた鶏の卵は全くの別物です。

肉だとしたら、それが鶏肉・豚肉・ラム・牛肉等、どれがベストなのか?そして、牛肉ひとつとっても、放牧で育てられたのか、ものすごい悪い環境で育ってきたかで栄養も異なるので、本当に分けていくとかなり無数に細分化することが可能なんです。(ここから先に焼き方等の食べ方でも分けられる)

糖質制限で言う所の『肉』という定義が広すぎるし、この一言で片づけるのは怠慢だなぁと思います。

最悪なゲロ体験でしたが、この初歩的な事に気づかせてくれたゲロには今では感謝してます笑

 

痩せたので、自分の体調がもっと最高の状態になることを目指そうかと思った

 

ここ数回の記事で、ぼくは何回も『7キロとか8キロ痩せたので~』という文章を使ってたんですが、それは結局、次にやるべき課題とゴールが無い状態だったからずっとそんなことを言ってたわけです笑

でも、今日でそれもおさらばというわけで、今度からは、1日24時間眠気も空腹もなく、頭がさえわたり気持ちも良い状態をつくることを目指していく事を決めました。

糖質制限自体を続けるとは限りません。

今の考えだと、ローカーボの低炭水化物はベースとなりますが、色々試して、少しでも糖質を取った方が良いと判明したら柔軟にそれを取り入れていくスタイルにしていこうと思ってます。

とりあえず、糖質制限の思想の根幹である『人間は農業革命で炭水化物を摂りだしたが、それ以前の狩猟時代の約20万年間は炭水化物なんか全然取ってない。だからそもそも人間の体は、炭水化物に適応するだけの進化と適応が起こっていないんじゃないか?』等の理解を深めるつもりで、この本を買いました。

 

lkh (768x1024)

 

来年のテーマはたぶんこれになりそうです。

楽しみが増えました。

ざっくりですが、自分の進むべき方向が見えて良かったです。

糖質制限の記事が50を越えたので、まとめページを作りました!

糖質制限のダイエット関連の記事が50を超えたので、見やすくするためにまとめページを作りました。よろしければどうぞ!

 

※糖質制限のまとめページ※