【糖質制限244日目】糖質制限再開とダイエット宣言する事の重要性について

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんばんは、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日からまた糖質制限の記事を復活させて書いていくのでよろしくお願いします。

実を言うと、このブログをリラックマ専用にしていた一カ月近くの期間で、糖質制限についてのやる気が全く起きなくなってしまっていました汗

ほとんど食べたいものを食べて過ごしていましたね…

(それでも出来るだけ麺類やご飯やイモ類は避けていましたけど…)

今考えれば、顔写真まで出して少しでも数字で結果を出そうと励んでいた状態から、世間に対して何の情報も出さなくてよくなったので、当然と言えば当然かもしれませんね。

今日は、現状の体重報告と、今回の事で気付いた『ダイエットにおいて見られる事の重要性と、どこまでのデーターを誰に対して提示するのが効果的なのか?』について考えていこうと思います。

では行ってみましょう!

スポンサーリンク


現在の体重

ぼくの現在の体重がこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

67.85㎏

そこまで太っていなかったので一安心でした。

(と言っても、糖質制限すればどうせ痩せるからそこまで太りすぎていても正直問題はないですが…)

 

ダイエット中にどこまでのデータを、誰に対して発信していくのが一番ラクで効率的か?を考える。

今日一番伝えたいのがこちらになります。

それが
『どこまでの情報を誰に対して発信するのが精神的負荷もかからずに効率的に痩せるか?』
という問題です。

一番有効なダイエット宣言の方法論についてですね。

ダイエットの定石として

『自分がダイエットをしている!』

と発信するだけで痩せるのは、皆さんの周知の事実として、伝える事は絶対にするべきという前提の元でこの記事を書いていきます。

 

『ダイエットをしているという情報を発信すれば痩せる』という事の唯一の欠点

『ダイエットをしているという情報を発信すれば痩せる』という文章に間違いはないです。

ただ、この文章に足りない、欠けているものがあります。

それは

発信する時の手間とわずらしさと、誰に対して情報を発信するべきか?という事がすっぽりと抜け落ちてしまっている
という点です。

これは極端な例を見ればわかります。

 

<ケース1>ブログやツイッターなどを通じてダイエットを公開し、友人関係や会社関係すべてにダイエットしている事を公開し、体重計の数字だけでなく、自分の腹の画像や顔までネットに公開している人

こんな人を想像してみてください。

どうでしょうか?

できるかぎりの情報を詰め込んでみました。

ただ、ここで僕が言いたいのは、こんなに多くの情報を発信したところでわずらわしくなるだけです。

実生活に変な影響が出ます。

例えば

・自分の顔を出しているから、もう少し写真映りをよくしたいから何枚も写真を撮って時間がかかる

・ネットで誰かに写真を拾われて、悪用されるのが怖くなる

・会社の人にまで自分の体の画像とか見られたくねえし

などなど…

 

後々、めんどくさくなるだけに加えて、記事を書いたり、写真の編集をしたり、無駄に時間が食われてしまいます。

大事なのは

最小の労力で最大のダイエット効果をあげる

ことです。

 

次に、ケース1の真逆のケース2を見てみましょう

 

<ケース2>ツイッター等で、ダイエット情報を発信しているが、自分のアイコンも拾ってきた画像で、毎回数字を写真でなく、文字で打っているだけの人

こういうひと、実はツイッターに大勢います。

本人もダイエット宣言する事の大切さはわかっているのですが、自分に関する情報と自分と実生活で関わりのある他者がゼロなため、精神的負荷が全くかかっていない為、こんな事をしても効果は皆無です。

どういう事かと言いますと…

ダイエットがうまくいかなくなる→ツイッター更新やめる→そのアカウントが捨てアカになる

そして、アカウントが捨てアカになった所で、その人がダイエットを失敗したと誰にも気づかれることはないので恥をかく事はないのです。

だって、あなたの事は誰も知らないのですからね。

 

ダイエット宣言に必要なふたつの事

以上のふたつの極端な事例からわかる事をぼくなりにまとめると、次の二つの事が大切だと見えてきます。

それは

①:ダイエット宣言する対象は、不特定多数の人達にでなく、あなたが現実世界で少しでも関わりがある人でないとダメだという事

②:データは文字打ちだけだと弱く、腹の写真とか顔をネットに出すのはリスクが高い。オススメは、体重計の写真を発信するという事

この二点です。

 

特に大切だと思うのは①の方です。

現実世界であなたの事を知っている人に対してダイエット宣言をしましょう。

これ裏返すと

ダイエット失敗した時に、ちゃんと恥をかきましょう!

っていうのと同義です。

宣言をして、『失敗したら○○さんから失敗したと思われる。恥ずかしい…』という恥ずかしいリスクを負ってダイエットを始めてみましょうって事ですね。

 

ぼくがオススメするのは

自分と現実世界で関係がある人数人に『ダイエットする』と宣言し(人数は多いほどいいと思いますが、多すぎるとわずらわしくなるので、そこは自分で判断して見てください。)、具体的な体重計の写真をお願いして定期的に見てもらう事です。

効果ありますよ、マジで

今日はここまで

糖質制限の記事が50を越えたので、まとめページを作りました!

糖質制限のダイエット関連の記事が50を超えたので、見やすくするためにまとめページを作りました。よろしければどうぞ!

 

※糖質制限のまとめページ※