【どのグラスフェッドバター使う?】完全無欠コーヒー用のバター選び問題を考える!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

2016年1月~3月までの約3カ月近くの間に、完全無欠ダイエットについて色々と勉強してきました。

そしてここのページに来た人も
完全無欠コーヒー用のバターをどうするか?』で迷ったに違いありません。

ぼく自身が迷いましたからね汗。
『日本にグラスフェッドバターなんてどこにあるの?』といった感じでぼくは迷ってました。

そしてぼく自身はいろいろ迷ったあげく
これまで様々なバターを購入してきました。

今思い起こせば『買って良かったバターや買わない方が良かったバター等様々なバターがあり、玉石混合だったなぁと感じています。

ぼくにはその経験があるため、この記事で書く内容が皆さんの完全無欠ダイエットの役に立つとぼくは思っています。

これから書く内容は主に
シリコンバレー式自分を変える最強の食事にグラスフェッドバターがいいって書いてあるけど、結局日本じゃそれ手に入らなくない??』という誰しもが持つ悩みについて僕が考えてきた軌跡が中心となっております。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


この記事の目次

【※2016年12月追記】ダイエットになる“バターコーヒー”の最初の情報源はなんだったのか?

この記事を書いた2016年3月の時は、『ダイエットになるバターコーヒー(完全無欠コーヒー)』に関してTVでは全く取り上げられていない状況でした。

それから約9か月後の現在
TVで『バターコーヒー』が取り上げられ、『TVでグラスフェッドバターコーヒーの存在を知ってこのページへ来られた方』が増えました。

そんな方たちにとって
いったいどこからの情報で、グラスフェッドバターによるコーヒーが日本で流行ったのか?最初の情報源が何だったのか?』という疑問を持っている方も多いかと思いますので、ここで最初に追記で紹介しておきます。

グラスフェッドバターによる完全無欠コーヒーの最初の情報源となった本…
いわゆる完全無欠コーヒーのブームを作ったのがこちらの本になります↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
created by Rinker
¥1,711 (2019/06/19 13:53:33時点 Amazon調べ-詳細)

この本から
日本のグラスフェッドバターコーヒーダイエットブームは始まりました。

本のおさらい

まずはこの本のおさらいからしていきましょう!

グラスフェッドバターについて
特に『どんなバターを日本のどこで手に入れるべきか?』について、本に記載されているページがあるので、そこを引用します。

使うバターはグラスフェッド(牧草飼育)のウシからとれたものがベストだ。
2015年10月現在、アンカー・バターの製造者であるフォンテラ社のバターがネット通販で買える。
これらニュージーランド産のバター基本的にグラスフェッドと考えられる。
もし入手できなければ、ブレス産バターイズニー・バターセーブル・バターエシレ・バターなど肥料のよく管理されているAOP認証のものや、できるだけ牧草肥料の割合の高い高品質のバターがおすすめとのこと。

ー『シリコンバレー式自分を変える 最強の食事』P329 訳者あとがきより引用

この部分が何よりも大切なベースになると思うので、ここからひとつずつ考えてみましょう。

具体的には

  1. ネットで購入可能というフォンテラ社のアンカーバターは日本の通販でも購入可能なのか?
  2. ニュージーランド産のバターは基本的にグラスフェッドらしいが、日本で(ニュージーランド産の)グラスフェッドバターを日本で購入可能なのか?
  3. ①と②がダメだった時のために、AOP認証のブレス産バター・イズニーバター・セーブルバター・エシレバターは日本で購入可能なのか?

この3点ですね。

要は、『あとがきに書かれていたオススメバターが、日本で購入できるのかどうか?』について知りたいんですよね。

なのでこの疑問をひとつずつ解消していくように記事を書いていきます。

【1つ目の疑問】アンカーバターは日本で買えるのか?

一行目で紹介しているアンカーバターについてネットで買えるとあるので、調べてみると…売っていました

created by Rinker
フォンテラ社
¥9,239 (2019/06/19 17:55:00時点 Amazon調べ-詳細)

アマゾンで5㎏単位で売っています笑

たださすがに、1万円越えはおすすめできませんね。
しかし考えようによっては、5kgもあって1万円ちょっとで買えるのはかなりの破格の安さだと思います。

もし、バターを冷凍するのに抵抗がなければこのバターを買うのが最もコスパがいいと言えるでしょう。

【※2016年12月追記】この記事を書いてから9カ月以上経ったからこそわかるひとつのこと

ぼく自身は、この5kgのフォンテラバターを購入していません。

この記事を書いた当時は、上の文章の雰囲気からわかるように様に
こんな大きいバター誰が買うんだ笑』くらいに思っていました。

現に当時のアマゾンレビュー数も一桁台だったとよく覚えています。

しかし、それから9か月後の現在
この5kgのフォンテラバターのレビュー数48を超えていて、しかも4か5の高評価が多いという状態に現在なっています。

なので、少々高いバターではありますが
満足度は高いバターと言ってよいのではないでしょうか。

バターで(しかも5kg越えで笑)48以上のレビューなんて生まれて初めて見ましたからね笑。

ー追記終了

【2つめの疑問】グラスフェッドバターって検索して通販で買えないのか?

ここであらためて考えたいのが、『グラスフェッドバターと検索して、「グラスフェッドバターそのもの」がネットで販売していないのか?』という事なのですが…
一応あります、それも一個だけ。(※2016年9月に追記しましたが、現在はアマゾン2種類グラスフェッドバターが販売されています。)

これがそちらの商品

完全無欠ダイエットを始めた皆さんだと一度は見たことがあるかと思います笑。

しかし、この商品『完全無欠ダイエット実行者』に向けて作られた印象があるので…ぼくは買う気になりませんでしたね(´・ω・`)

【2016年7月11日追記】

ここまでオススメでないと言っておきながら、少しだけ状況が変わってきたようです。

それは
“グランフェルマージュのグラスフェッドバターの複数セット販売が始まった”
という事を知ったためです。

created by Rinker
グランフェルマージュ
¥4,700 (2019/06/19 17:55:01時点 Amazon調べ-詳細)

複数買いが出来るのならば、送料代が少し浮きますからね。

なかなか良い選択肢に変わってきたなという印象があります。

以上、追記でした。

【3つめの疑問】ブレス産バター、イズニー・バター、セーブル・バター、エシレ・バターはネットで買えるのか?

次に考えるのが、この4つのバターですね。

結論から言うと…
アマゾンでそれぞれの種類のバターが結構ありました!

自分はその中でも
セーブルバターとエシレバターを購入しました。

最初は、セーブルバターを購入し(※写真は撮り忘れました汗)

セーブルバターはAOC認証。

その後は、エシレバターを購入しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エシレバターはAOP認証です↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エシレバターは超有名バターですので当然、めちゃくちゃおいしかったですね。

【追記】エシレバターもセット販売が開始!

エシレバターもセット販売が開始されたようです。

こちらも後先の送料を考えると、一個買いよりも利用しやすいかと思いますね。

ちなみに『完全無欠コーヒーのグラスフェッドバターに使うバターは、有塩か?無塩か?』みたいな疑問をよく耳にしますが

この疑問に対しての答えは
“無塩”のバターが基本です。

詳細については全てこちらの本に詳しく書いてあるので↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
created by Rinker
¥1,711 (2019/06/19 13:53:33時点 Amazon調べ-詳細)

気になった方は、一度読んでみると良いかと思います。

ー追記終了

セーブルバターもエシレバター同様にめちゃくちゃ美味しかったのが意外だった話

先ほど、『自分はセーブルバターとエシレバターを購入しました!』という事を話しました。

そこで意外だったのは
エシレよりも少しだけ安いセーブルバターも、ミルクのコクみたいのがあって、美味しかったという事なんですね。

それも、エシレバター並みにちゃんとしたバターのコクがある美味しさでした!

このセーブルバター隠れた良品バターと言えるでしょう。

ただ、こういったバターの問題点として
以下の写真のようにバターを切った後が色々めんどくさかったですね…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

僕が感じた嫌な事

  1. 近隣の店舗にないから、毎回送料払って買うのがばかばかしい
  2. 切った後、ラップにして冷蔵庫に入れておくので、時間と共にバターに冷蔵庫の匂いがついてしまっていた事
  3. バターそのものの値段がやっぱり高い、高すぎる

この3点でした。

なので、ぼくはエシレバターを食べ終わった後は近隣の輸入食品のお店で『よつ葉伝統造りバター』という商品を見つけて、それを良く購入していましたね。

おそらくほとんどの人が知らなかったのではと思います笑
※ただしこのバターがグラスフェッドバターかどうかは不明

これの良い所は

  1. 値段が113グラムで700円位なので、エシレよりも安い事
  2. 味も発酵づくりという事も○○や○○○○バターなどの量販的なバターよりもちゃんとバターの味がしていた事
  3. ビンに入っているので、コーヒーにバターを入れる際、スプーンでほじるだけで良い事(バターが冷蔵庫臭くなる事が抑えられる)

でして、なかなか良いバターですよ。

※ただし、こちらのよつ葉伝統造りバターは有塩仕様になっているのでご注意ください。

【補足】カルピスバターってどうなの?

カルピスバターも気になっている人が多いと思います。

自分も一度購入しております。

食べた感想としては…

  1. エシレバター等の良質のバターの味と比較すると、バターの味がほとんどしなく弱い。
  2. 450gもあるので、切って冷蔵庫に保管が大変。(うまく保管しないと、バターに冷蔵庫の匂いがついてしまう)
  3. 値段が味の割に高め

という理由から、ぼくはオススメしてませんね…(´・ω・`)。

全ては、一度セーブルバターやエシレバターで『良質のバターの味』を学ぶことが出来たことが大きいんですよね。

そこでバターの味の良さを学べたことで
良質のバターか否かの違いがわかるようになったので、やはり一度は高級バターを食べてみるものなのだとぼくは思います。

自分に合った選択を!

いかがだったでしょうか?

以上、簡単ではありますがぼくの考えを最後にまとめておきます。

バターを冷凍する事に抵抗がない方にオススメのバターはこれ!

『バターを冷凍することに抵抗のない人』にオススメのバターは、正直このバターの一択だと思います。

created by Rinker
フォンテラ社
¥9,239 (2019/06/19 17:55:00時点 Amazon調べ-詳細)

例の5kgのバターですね笑。

このバターは断トツでコスパが良いです。

ただしそれはあくまで冷凍に抵抗がないという条件の元での判断ですので、決断は冷静に行った方が良いでしょう。

または最近だと、以下のバターもオススメですね。

created by Rinker
ウエストゴールド
¥2,480 (2019/06/19 17:55:02時点 Amazon調べ-詳細)

ニュージーランド産のグラスフェッドバター「1kg」の商品です。

このバターなんかはお試しするのにちょうど良いと思います。

とりあえず少量のバターから完全無欠コーヒーを始めてみたい方にオススメのバターはこちら!

『とりあえず少量から完全無欠コーヒーを始めてみたい人』にオススメのバターがこちらになります!

こちらですね。

これをオススメする理由としては
ぼく自身が食べた事あるバターだという事に加えて、本格的に美味しいバターだった事が最大の理由になります。

あとは
個数の選択肢が豊富なため買う量のバリエーションが豊富な所も良い所だと思います。

今日は以上になります。

ではまた!

【※記事後記 3年前の自分へ向けて※】グラスフェッドバターから得られた3つの気付きについて振り返る

日々新しいダイエット方法が生まれては消え、色々な人がダイエット商法に巻き込まれています。

こういう流れに対して自分は、『絶対に騙されたくないよな〜』と常々思っていました。
もちろん今もそうです。

『お前の記事はどうなんだよ笑!』という声が聞こえてくるかもしれませんが、そう思ってしまうのは当然のことですよね。

この【記事後記】の部分は、2019年4月に書いています。
つまり、この記事を書いてから3年後の自分が書いているというわけです。

ここからの内容は、「ダイエット商法に巻き込まれたくないと思っている過去の自分」に向けて書いていこうと思っています。
あくまで「過去の自分」に向けて書いていくのですが、それを読むことで自分と似たような考えの人(騙されたくない・業者を心から信じられない)にも、良い影響や方向性を与える事が出来るかもしれないと思っているので、参考にしていただければ幸いです。

まず、「グラスフェッドバターや完全無欠コーヒーをやるか?やらないか?」は、そこまで重要ではないと今は思っています。
それよりもむしろ、「グラスフェッドバターについて勉強して学んできた内容からの気付き」が、自分をダイエット商法のループから抜け出すきっかけを作ってくれた事に、自分は心から感謝をしているのです。
脅迫にも近いコンプレックスを煽られるというループから抜け出すきっかけを、グラスフェッドバターの学びから得られたと言えば良いでしょうか。

その気付きのひとつ目が、「量より質を大切にする」という事です。

グラスフェッドバターで何が一番驚いたかというと、「同じ名前の食べ物でも、その動物が食べてきた餌で、成分までもが全く変わってきてしまう」という事でした。

言われてみれば「確かにそう」と思うかもしれませんが、普通に生きていたらまずこの事には気づかなかったでしょう。

これを知る前までは、「バター」なら全部同じだろとか、普通の肉もソーセージ(加工肉)も同じ成分でしょ、くらいにしか思っていませんでした。

実際に過去の自分は、ブランドとしての違い(「普通の肉」と「松坂牛」など)くらいしか認識出来ていなかったです。

それが「グラスフェッドバター」について学んだおかげで、食べ物に対して「量より質を追い求める」という意識が、より実感的に高められたと思っています。

ふたつ目の気付きが、「自然界にはない人工・精製・加工系の食べ物に対して、一歩下がった視点で見られるようになった」という事でした。

途中でも書いたように、昔の自分は「肉」と「ソーセージ」は同じもののように捉えていましたし(※ソーセージは加工肉です)、みんなが普通に食べている白砂糖も、実は自然界にはない「精製」された食べ物なんですよね。

この「自然界にはない」という視点と、「人工・精製・加工系の食べ物」という視点を持てた事は、自分の中で大きな収穫でした。

この視点を持てた事は、グラスフェッドバターや糖質制限から得られた気付きであり、今後も死ぬまで大切にしていく事だと思っています。

最後の気付きは、「口に入れる食べ物についての生と死」についてです。

これは糖質制限から学んだというよりも、以下の↓

created by Rinker
¥1,458 (2019/06/19 00:19:02時点 Amazon調べ-詳細)

ジョコビッチの本から気づかされましたね。
(※この本も、糖質制限に近い内容となっています。)

ジョコビッチという人は、世界ランキング1位になった事もあるトップ中のトップのプロテニスプレーヤーです。

そんな彼が、食べ物に対する意識として、食事前の「祈り」を大切にしているという事に、私は非常に驚かされました。
この本を読む前は、『トップクラスの金を持ってるプレイヤーだから、食べ物はガソリンのように考えて、ただ効率的に補給していく事しか考えていないんだろうな…』くらいに思っていたのですが、実際のジョコビッチは想像以上の人格者でした。

この「祈り」というのは、日本でいう「いただきます」や「ごちそうさま」と似たようなイメージでとらえる方も多いかと思いますが、ジョコビッチが行なっているそれは、それよりももう一段や二段くらい深い事です。

少し本文から引用してみます。

私は食事のためにテーブルにつくとき、まずは短いお祈りから始める。特に具体的な神とか、何らかの宗教の教えにしたがって祈っているわけではない。大声を出すわけでもない。それはうちなる自分との対話の一環だ。

そして、祈りを捧げるとき、今でも全世界で何千万人か、あるいは何十億人の単位で、今日の食べ物について心配しなければならない人がいることを私自身に言い聞かせる。

私は目の前に食べ物があることを当たり前だと思ったことがない。つねづね食べ物は恵みであると自分に言い聞かせている。

食事中には、テレビは観ない。Eメールも見ないし、ショートメッセージを送ることもないし、電話で話す事もなく、だれかと長々と話すこともない。そして噛むときには、フォークを目の前に置き、噛み砕くことに集中する。

ー「ジョコビッチの生まれ変わる食事」P120 より引用

このように、ジョコビッチは食べ物に対して真摯な姿勢で向かい合っているのです。

また違うページを少し引用してみると…

食事中に私がテレビを観ない理由の一つがそこにある。テレビには前向きな話などほとんど出てこないではないか。

私は何を食べるかだけでなく、同時に食べ物をどう扱うかによって、それが明るいエネルギーも暗いエネルギーも運ぶことがあると信じている。

だから私は、恐怖とか心配とか怒りといった暗い感情を抱えながら食事をすれば、味わいもなくなり、そこから得られるエネルギーも減少すると信じている。与えれば、得られるのだ。だからこそ、私は食事前に必ず祈るのだ。食べ物の前では、いつも謙虚でありたい。今はかつてなく食べ物に感謝している。食べ物と私は、いつも順調に良い関係を築けてきたわけではなかったからだ。

ー「ジョコビッチの生まれ変わる食事」P123,124,125 より引用

このようにジョコビッチは、食べ物に対して徹底的に誠実に向かい合い、日々の生きる力を蓄えているのです。

考えてみると、スーパーで売られているパックのお肉や魚等も、「命の犠牲」があってこその食べ物なんですよね。
こんな当たり前な事も忘れてしまうほど、現代は「死」というものを見ないようにしている時代なのだと、改めて思わせられます。

正直、「生き物の命が犠牲になって自分の命が生かされている」という事実を、食事のたびに意識させられるのは結構キツイです。
どうしても、『命が犠牲になったぶん、今日の自分は頑張れているのだろうか…』『死んでいった命に見合っただけの働きが今日の自分に出来ているのだろうか…』と自省し、辛くなってしまう事が多いですからね。

ただ、逆を考えてみると、みんなが「生き物の命が犠牲になって自分の命が生かされている」事を食事の前に振り返る事が出来れば、ひどい詐欺や「自分さえよければ」的なあくどい商売もできないのではないか?という発見もあるわけです。

「生き物の命が犠牲になって自分の命が生かされている」とつねづね考えている人が、オレオレ詐欺をしているというのは考えづらいですからね。

このジョコビッチの本からは、「死を思う」事で、生きるに値する生の「動機付け」も得られるという事を、自分は学べました。

最後にまとめると、自分はグラスフェッドバターや糖質制限から以下の事を学ぶことができました。

  • 量より質が大切
  • 自然界にはない、「人工」「精製」「加工」系の食べ物に対して、一歩引いた視点で考えた方が良い
  • 生き物の命が犠牲になって自分の命が生かされていて、その死を思う事で、生きるに値する生の動機付けが得られること

この事柄をこれからも大切にし、生きていきたいと思います。

ありがとう、糖質制限!
ありがとう、グラスフェッドバター!
ありがとう、ジョコビッチ!

『過去の自分よ!痩せるのもいいが、よき生について今一度考え直してみるのもいいぞ!』

というわけで、この記事が皆様の何かしらの良い指針となれば嬉しく思います。

長々と後記に付き合っていただき、ありがとうございましたm(_ _)m

それではまた!

ぼくが使用している完全無欠コーヒー用のブレンダーミキサー紹介!

完全無欠コーヒーを飲むために、というか、コーヒーとMCTオイルやバターを混ぜるためにミキサーは欠かせません

しかし実は
アマゾンで『ブレンダー』や『ミキサー』などと検索しても、実はちょうど良い商品が出てこない
仕様になっています。

そんな中、ぼくが見つけて、実際に使用しているブレンダーがこちらです↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
created by Rinker
HARIO(ハリオ)
¥2,873 (2019/06/19 13:53:33時点 Amazon調べ-詳細)

この商品です。

この商品に関してはかなりのオススメ品のため、このMCTオイルの記事同様に特集記事をすでに執筆済みです。
その記事がこちら↓

Ξ【完全無欠コーヒーに最適のミキサー!】完全無欠コーヒー用に一番オススメのブレンダーミキサーを紹介します!Ξ

良かったらのぞいてみてください。

スポンサーリンク

スポンサーリンク