『誰からも認められたい…』と思った時に読む文章Ξ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『認められたい…』

誰しもが思う事かと思います。

そんなぼくも、承認欲求問題については悪戦苦闘中でして…

良い服を買って着飾って『ドヤッ』みたいに変な方向に承認欲求をラクに解決の方向に持っていこうとする時もあれば、SNSで写真をあげて『いいね』や『リツイート』を集めてSNSで承認欲求のようなものを満たそうとする時もあり、ホントにこいつは手ごわいやつだなと日々感じています汗。

今年の初もうでに浅草に行きました。

その時にふと

『そういえば浅草でまるごとにっぽんという店がオープンしたよな…』

という事を思い出し、行ってみる事に…

二階にあがるとそこに、気になる展示物がありました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

“伊勢谷友介のリバースプロジェクト”

コンセプトは『廃材等のゴミとなってしまうものをリバースして価値のある商品に変えていく事』らしい。

一応ホームページもあって、それがこちら→リンク

伊勢谷さんの事はよく存じあげていなかった私でしたが(それでも日本一かっこいい俳優だと私は思っていた)

リバースプロジェクトの中のある商品を見た時、彼への印象はさらに変わる事となりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それは木のプレートに文字が印刷されている商品でして、こういう文章が書かれていました。

 

 

 

人に必要とされたい。

ただ願っても、それは叶いません。

必要とされるという事は、何かの助けに、頼りになっているという事です。

自分ならどの様に助けになれるか?

それは仕事かもしれない。

家族の中での役割かも。

まして責任感が備われば自ずと、あなたは必要とされる。

 

 

 

日本一のイケメンで普通の人よりもチヤホヤされてきたであろう人が、それでも、承認欲求の問題に悩んでいる事で、ぼくはなぜか安心してしまいました笑。

(それは置いといて…)

フェイスブックのいいねやwearのいいね等のように、承認欲求を満たしてくれる(ようなもの)が可視化された時代に、それでも尚、『自分の出来る役割を地道にこなし、積み重ねる事』が承認欲求を満たす一番の近道なのだとこの文章は言っている気がします。

ラクに認められようとする事、その行為自体が間違いなのかもしれません。

このブログも、ちょっとずつでいいから何か人の役に立つものを積み重ねていって何かの形あるものにしていきたいと思うようになりました。

承認欲求は手ごわいですが、承認欲求に負けずに戦っていきたいものですね。