【背景ボードのデザイン紹介!!】100円ショップキャンドゥでぬいぐるみやフィギュア撮影用の壁紙・背景ボードが売っているので、紹介します!【和室・リビング・中庭編】

13

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

みなさんはぬいぐるみやフィギュア撮影をしていて
『これじゃないんだよなぁ…人形のクオリティは良いのに、背景が自宅の壁だからリアリティが出ないんだよね…』
と思ったことはないでしょうか?

ぼく自身もその事で悩んでいて
例えば普通にこんな写真を撮っている時も↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『背景さえしっかりしていればなぁ~』といつも思っていたわけです。

そんな時にたまたまツイッターのフォロワーさんから
『ぬいぐるみや人形の撮影に使える“背景ボード”という商品が100均で売られている事』
を教えてもらいました。

背景ボードの威力は絶大で、例えばこのキャラクター達(キイロイトリとチェブラーシカ)が↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

背景ボードと少しの小物を入れる事で、ここまで変わります↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかも、100均で売られていて安く、種類もかなり多いので、ぜひ皆様に紹介したいと思った次第です。

この背景ボードは
『ぬいぐるみ撮影が好きなら絶対買っておいて損はないアイテム!』
だと断言できるくらいそれくらいオススメです!

長くなりますが、背景ボードが発売している場所や、全種類の壁紙画像をきちんと紹介していきます。
(※記事を書いた時の全種類(和室・中庭・リビング)であり、現在はもっと多くの種類の背景ボード(教室・カフェ・庭等)が販売されています)

ではどうぞ!

スポンサーリンク


背景ボードが買える場所は、100円均一ショップのCan Do(キャンドゥ)!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

皆さんキャンドゥという100円均一ショップをご存知でしょうか?

埼玉や関東圏だとわりかし有名ですが、全国的にはダイソーなんかよりも全然有名ではないと思います笑。

一応、キャンドゥの店舗検索のリンクを貼っておきますので、活用してみてください↓

キャンドゥ店舗検索のページへ

紹介したい背景ボードが置いてあるコーナーは、店舗によって異なるかとは思いますが
ウッドクラフトやインテリア小物が置かれているコーナーに背景ボードはあります↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ウッドクラフト用背景ボード 売り場

お次は、背景ボードの魅力とデザインの詳細について紹介します。

背景ボードの魅力その①:地面の裏・表が違う絵柄なので、ひとつの背景ボードで2パターンの空間を楽しめる!

何の事を言っているかわからないと思うので笑、まずはこちらをご覧ください↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらがこのウッドクラフト用の背景ボードの6種類の内のひとつの地面の素材なのですが
このアイテムを裏返すことによって、違う絵柄が登場するという非常に便利なアイテムになっています。

例えばこんな風に↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏返すだけで普通のフローリングの床がじゅうたんに早変わり!

地面が2パターンある事を考えると、実質6×2パターンの計12パターンになるので、本当に便利なんですよね。

背景ボードの魅力その②:和室・リビング(洋風の部屋)・中庭etc…  売られている背景ボードの種類が多様!

【※追記】この記事を書いた当時は、『和室・リビング・中庭』のみだったのですが、現在はもう少し種類が増えています。(2016年11月追記)

この記事内で紹介する背景ボードは、全部で6種類の絵柄になります。

その6種類の絵柄の内訳を説明すると…

  • 和室 2種類
  • リビング(洋風の部屋) 2種類
  • 中庭 2種類

という内訳になっています。

それぞれ2種類ずつですね。

それではいよいよ、詳しく全6パターンの絵柄を見ていく事にしましょう!

絵柄ごとに地面の裏・表の両方の写真を貼るので、それぞれ二枚ずつ写真を貼っていきます。

絵柄その①:和室 床の間

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表面:緑色の畳

表面が緑畳になっています。

続いて、裏面がこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面:青色の畳

裏面は青色の畳となっていてそこまでの違いはないタイプですね。

絵柄その②:和室 坪庭

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表面:畳

表面が畳となっています。

そして裏面が↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面:板間

裏面は、表面の畳と一風変わって、板間の地面になっています。

道場みたいに使えてなかなかいいですよ!

絵柄その③:リビング 外壁/煉瓦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表面:普通のフローリング床

表面は、普通のフローリング床タイプですね。

ここで外壁/煉瓦が気になった方がいるかと思いますが、これは部屋の内側だけではなく外側の部分にもちゃんと絵が描いてある事を表しています。

例えばこんな感じで↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ボードの外側部分

ただし、現状の使い道がなかなか難しそうな気はしています汗

自分は『壁に隠れて覗かせたりする用』に使っていますが、どうなんでしょうね…(-_-;)。

※他の全6絵柄にもちゃんと外壁の絵は描かれています※

そして、裏面はと言うと…↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面:じゅうたん

裏面は、じゅうたんになっています。

絵柄その④:リビング 外壁/板壁

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表面:フローリング床

表面は、少し板が細めのフローリング床になっていますね。

そして、裏面が↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面:カーペット

裏面はおそらくカーペットだと思われます笑

最後に中庭に行きます!

絵柄その⑤:中庭 外壁/板壁

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表面:クローバー

表面の地面にある細かいのは、植物のクローバーとなっています。

そして、裏面は↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面:砂

裏面は、砂のフィールドです。

歩道っぽくもあるので使いやすいですよ!

絵柄その⑥:中庭 外壁/レンガ壁

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

表面:芝生

表面が芝生の絵になっています。

そして、裏面が↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面:砂

裏面が砂ですね。

こちらも砂ですが、使いやすい絵柄になっています。

キャンドゥの背景ボードに、マイナスの面はないのか?

安くて色々な絵柄のある背景ボードだけど、マイナスの面はないのか?』気になる方もいるかもしれません。

ぼくが考える背景ボードのマイナス点を強いて挙げるとすると、1点だけあります。

それは
『背景ボードが小さいので、大きいぬいぐるみだと写真に納まりきらなく、見切れてしまう事』
です。

例えば、こちらのキイロイトリのパンダテーマのあつめてぬいぐるみを例に取ってみると…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の様に見切れてしまいます汗。

こういった事情があるので
『あまり大きいぬいぐるみは、背景ボードとの撮影に向かない』
と言えるでしょう。

100均は、ぬいぐるみや人形撮影用小物の宝庫!

今回は背景ボードを紹介しましたが、100均にはそれ以外の素晴らしい商品が売っているのをご存知でしょうか?

例えばこのベンチ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャンドゥで買った小物用ベンチ

これは、同じキャンドゥで100円で購入したのですが、先ほどの中庭の背景ボードと組み合わせる事によって↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

相乗効果でグッとリアリティが増すんですよね。

しかも、合計200円という安さで、財布にも優しいと♪

そんな感じで今日はここまで!

ではまた!

【2016年7月追記】:新型の背景ボードが発売されたので、そちらについての記事がこちら!

Ξ【新型背景ボード紹介!!】100均のキャンドゥで2種類の『カフェ』タイプの背景ボードが新発売となりました!!【ぬいぐるみ・人形撮影用背景に】Ξ

こちらの記事に、キャンドゥで新発売された背景ボードについて書きました。全部で2種類発売され、どちらも『カフェ』がテーマになっている商品となります。どちらも安っぽくなくリアリティがあって良い商品でオススメできるので、ぜひのぞいて見てください!

ぬいぐるみの価値を上げるための情報まとめページを作りました!

ぬいぐるみ関連の記事が増えてきたので、ぬいぐるみやフィギュア好きの方に役立つ情報をまとめたページを作りました。

よろしければどうぞ!

※ぬいぐるみの価値を上げる委員会まとめページへ※