【完全無欠コーヒーに最適のミキサー!】完全無欠コーヒー用にオススメのブレンダーミキサーを紹介します!

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日は、『シリコンバレー式 自分を変える最強の食事』というタイトルのこちらの本

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらで紹介している完全無欠コーヒーを作るために必須である
『完全無欠コーヒー用のブレンダー・ミキサー』のオススメ品
を紹介しようと思います。

正直言うと、ブレンダーの紹介記事を書く予定はなかったんですね笑

しかし先日(2016年6月)、『他の人はどんなブレンダーを使っていて、紹介しているのかなぁ…』と思い立ち検索してみると…

これがまぁひどい商品ばかりだったんですね汗

と言いますか、紹介している商品の性能がひどいというわけではなく(※性能だけ見れば紹介してるだけあってなかなかの物)、『毎日完全無欠コーヒーを飲む人の手間とか扱いやすさを一切考慮していないただのミキサーばっかり』といったオススメが多かったんですね…(-_-;)

要は、完全無欠コーヒーのミキサーブレンダーとして考えた時に扱いにくいものばかりなんですよ。

(おそらく、業者が完全無欠コーヒーを実行せずに書いている記事だから、深い所での知識が皆無なんだと思います…(-_-;))

そして今日、ぼくが紹介するミキサーは間違いなく『完全無欠コーヒー用』と言っても良いほど、完全無欠コーヒーに打ってつけのミキサーとなっております。

この記事では、自分が紹介する完全無欠コーヒー用のブレンダーが
『なぜ他の人の紹介するよりミキサーより優れているのか?』
という事を中心に、ひとつのブレンダーを紹介していこうと思います。

また、完全無欠コーヒーを作った事がない人にとっても、役に立つ情報(ブレンダーは洗うのが簡単なものにしないとダメだよとか、あんまり大きいのは買っちゃダメ等)も出していく予定なので、期待していてください。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


この記事の目次

他の人が紹介しているブレンダーは結局、毎朝の忙しい時間にコーヒーを飲むんだって事が全然わかっていない!

この下に多くのサイトが完全無欠コーヒー用にオススメしているブレンダーを貼ります(※2016年6月時点)

主にこのふたつですね。

このふたつがなぜ良くないか?』について少しばかり語らせてください。
※この商品が良くない商品というのではなくて、“完全無欠コーヒーには向かない”という意味での良くないという意味合いです。

欠点その①:ゴムパッキンや刃がついていたり、部品も多いので、後片付けがかなり大変になってしまう。

朝の仕事前って誰でも時間がもったいなく思いますよね?

そんな貴重な時間を、完全無欠コーヒーを飲み終わった後に、刃を洗って、ゴムパッキンを外して洗って、コップ部分も洗って、食洗器にはもちろんかけられなくて…みたいのってつらくないですか?

しかもそれが毎日続くなんて考えたくはないはずなんですね。

後片付けに時間がかかるのは絶対に欠点となります。

欠点その②:コーヒーとオイルが混ざればいいだけなのに、刃なんていらないし、紹介しているブレンダーの値段が高すぎる。

こういうブレンダーミキサーを買って、その後、完全無欠コーヒーの生活をすぐにやめてしまう事態になってしまった時、こういったミキサーを買ったことが無駄になってしまいますよね?

そういった点からも、こういう備品は安ければ安いほどいいのだと思います。

いつまで続けるかわからないのだから、安いのを買うのが一番です。

それに、コーヒーとオイルを混ぜるのに、“刃”なんて絶対に必要ありません

他の人が紹介しているミキサーの欠点まとめ

以上をふまえて、他の人が紹介しているミキサーの欠点を簡単にまとめるとこうなります。

【他の人が紹介しているミキサーを完全無欠コーヒー用として使用する事の欠点】

  • 刃やゴムパッキンなど、後片付けで洗わなくてはいけないものが多いため、毎朝の貴重な時間が奪われてしまう
  • コーヒーとオイルを混ぜるだけなのに、“刃”はいらない。どれも過剰装備で値段も高めである。

このふたつですね。

ダメな商品の欠点を見たことで見えてくる理想の完全無欠コーヒー用ブレンダーミキサー!

これまで書いてきたように『多くのサイトが紹介している完全無欠コーヒー用ミキサー・ブレンダーの欠点』を洗いざらい出したおかげで、ぼくなりの理想のブレンダー像を出すことが出来たので、ここにまとめておきます。

【完全無欠コーヒーに使える理想のミキサーブレンダー像】

  • 無駄な刃やゴムパッキンは不要で、コップ感覚で簡単に洗う事ができ食器乾燥機でも使う事が出来る
  • 完全無欠コーヒーが合わなかった人のために、ブレンダーもできるだけ安い方がいいので、出来るだけ安い価格で販売している事

このふたつですね。

要は『朝の貴重な時間を洗う時間で無駄にしなくて、出来るだけ安いブレンダーが良い』という事が一番重要でしょう。

毎日続ける事ですからね。

ぼくが見つけた無駄な機能がなく洗浄も簡単な完全無欠コーヒー用のブレンダーミキサーがこちら!

ぼくが見つけ、実際に使っているブレンダーがこちらになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの商品は、ハッキリ申し上げて…
上記したメリットを全て満たしているブレンダー
となります。

それではまずは、このブレンダーの混ぜ方から紹介していきましょう!

どうぞ!

完全無欠コーヒーにうってつけのブレンダーの使い方!

使うのがこちらのクリーマ泡立て器になります↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この持ち手の所に電池が入っていて、スイッチを押すことで先っぽが振動し、中身を混ぜていくような仕組みになっています。

付属のコップと組み合わせるとこんな感じに↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自動泡立てクリーマーの先っぽが、下のカップの底までつかないので↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

泡立て器が下のカップ部分を傷つけない仕様になっています。

お次は、この商品のメリットについて順番に説明していきます。

メリットその①:コップ感覚で洗う事が出来るので、後片付けがメチャクチャ簡単!!

この商品は、基本的にほとんどコップのような感じで使う事が出来ます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上にかぶせてある白いふたのパーツも取り外すことができますし↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完全無欠コーヒーを作ったあとは、普通の食器感覚でスポンジで洗えばいいだけなので、後片付けが30秒くらいで終わります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな風にスポンジで洗うだけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そして、あとはゆすぐだけ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マジで洗いに30秒かかりませんよ。

他の人が紹介している刃とかゴムパッキン付きのミキサーを使っていたら、おそらく後片付けに5分~10分はかかってしまうでしょう

それだけ、刃やゴムを洗って拭いての作業は時間がかかるのです。

朝の時間は大切ですからね、このような後片付けはできるだけ短時間で終わる事が一番大切ですよ!

メリットその②:コップよりちょっと大きいくらいの大きさなので、食器乾燥機で洗うこともできる!

このブレンダーの大きさは、だいたい普通のコップよりちょっと大きいくらいなので↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャラクター物のコップとの大きさ比較

下の写真の様に、食器乾燥機にも普通に入る大きさなので、さらに便利になっています↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

刃付きの大きいのを買ってしまったら、食器乾燥機の中に入れる事なんて出来ませんからね…汗

メリットその③:泡立て器の洗浄も簡単に水洗いできる!

こちらの商品は、コップの部分だけでなく、自動泡立て器の部分も簡単に洗う事が出来ます

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらも簡単に洗う事が出来ます。

ただし、持ち手の部分は防水ではないので↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

持ち手の白い部分は防水になっていません!

そこだけは気をつけましょう。

まぁ、安いからそこはしょうがないですね汗

メリットその④:コップに注ぎ口が付いているので、混ぜた後かんたんに注げる!

このコップ部分にはちゃんと注ぎ口が付いています↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

注ぎ口

この部分があるおかげで、ブレンダーで混ぜた後、注ぎ口から注ぐだけですぐに完成できるのも◎です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

朝の忙しい時間にはまさにピッタリの商品です。

最後に、混ぜた時の使用イメージを見ていきましょう!

実際にコーヒーとMCTオイルとバターをカップに入れて、使ってみるとこんな感じになります!

最後に、このブレンダーを使ってどのように完全無欠コーヒーが混ざるか見ていきます。

こちらが、コーヒーにバターとMCTオイルとお湯を入れた後の状態です↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オイルとバターが混ざる前で、コーヒーの上に浮いてしまっているのがわかると思います。

こんな感じで↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完全に分離した状態です。

ここから泡立て器を使って混ぜると…

スイッチオン!!↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真では少々わかり辛いかと思いますが
ものすごい勢いでクリーマーが回転して、コーヒーとMCTオイルとバターを混ぜてくれています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完全に混ざりました。

分離もありません↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてもちろん、白の上蓋がちゃんとあるので、混ぜている時にほとんどこぼれる心配はありません

(あんまり液体の量が多すぎるとこぼれますが…)

完全無欠コーヒー用のブレンダーは、この商品がオススメ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いかがだったでしょうか?

自分で言うのもアレなんですけど
本当にこのブレンダー完全無欠コーヒーの最高のパートナーだと思っています。

特にコストパフォーマンスが良い点では、他に引けを取りません。

ここまで安くしかも使える商品は中々ないですからね!

ブレンダーを気になっている方は、ぜひチェックしてみてください。

今日はここまでです。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク