【ほぼ全種類のミール皿!誰よりも詳しく紹介!】ダイソーのUVレジン専用のセッティング台、全種類を写真とサイズ付きで詳しく説明します!【100円均一ショップ×UVレジンシリーズその①】

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日は、ぼく自身初めてのUVレジンを扱った記事を書きたいと思います。

今回紹介したいのは
大手100円均一ショップのダイソーで売られているレジンのセッティング台・ミール皿のほぼ全種類です。

(※“ほぼ全種類”と記述したのは、欠番や新商品が出た時のため。色付きの台は除いて、金と銀の枠と、アンティーク調のセッティング台・ミール皿のみ全13種類となります。)

一応、ダイソーの大型店3,4軒回ったので抜け等はないかと思いますが、抜け等がある可能性もございます。

もし抜け等に気付いた時はすぐに購入し、このページに追記していく予定です。

特に今回の記事では、他の人のブログや商品の説明書に台の詳しいサイズ寸法が描かれていないので、サイズ寸法も測って詳しく載せておきました。

これら寸法をデータ制作などに役立ててみてください。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


この記事の目次

その①:C029 No.789 クラフト素材 セッティング ラウンド型 3個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのUVレジン用のセッティング台は、底がちゃんと付いている○円型(ラウンド)のタイプになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズ

2

直径:約1.9cm

※サイズは、底の面の直径であって、円の外枠のフレームの幅の長さは含んでいません。(矢印参照)※

拡大接写画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面は、100円均一のUVレジン専用セッティング台でよく見る、線がいっぱい描かれているタイプのデザインですね。

深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

100均の台の中だと平均的な深さだと思います。

(写真で見ると深く見えますが、実際は結構薄いです。)

レジンの練習には打ってつけのセッティング台だとぼくは思います。

その②:C029 No.790 クラフト素材 セッティング プレート型 3個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのUVレジン用のセッティング台は、底がちゃんと付いている角丸長方形型のタイプになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズ

1

縦(高さ):約2.5cm

横(幅) :約1.5cm

※サイズは全て外枠の幅を抜かした、一番底の面(内径)の縦と横の長さになっています。(矢印参照)※

拡大接写画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面は特にデザインらしいデザインがないです。

ただ、裏面に自分で色々描けたりできるので、こういうデザイン無しの方が個人的には好きですね。

深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他のセッティング台に比べて深さがあります。

(上に向かって広がっているだけでなく、深さ自体も結構あります。)

その③:C029 No.791 クラフト素材 セッティング キャップ型 3個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのUVレジン用のセッティング台は、底がちゃんと付いているキャップ型のタイプになります。

キャップ型と言っても、昔のビール瓶等のふたに瓜二つですが笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズ

9

直径:約2.4cm

※サイズは、底の面の直径であって、円の外枠のフレームの幅の長さは含んでいません。(矢印参照)※

拡大接写画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面は、シンプルなデザインです。

深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

100均の台の中だとかなり深いですね。

他のセッティング台の倍くらいの深さがあります。

この台に関して言うと、深いから大量のレジン液が必要になるに加えて、キーホルダーとして使う事も難しいので、個人的に一番オススメ出来ないセッティング台ですね…(-_-;)

その④:C029 No.792 クラフト素材 セッティング オーバル型 3個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのUVレジン用のセッティング台は、底がちゃんと付いている楕円型のタイプになります。

こういった楕円形のよくある形の事を、オーバル型って言うんですね。

初めて知りました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズ

4

縦(高さ):約2.4cm

横(幅) :約1.7cm

※サイズは全て外枠の幅を抜かした、一番底の面(内径)の縦と横の長さになっています。(矢印参照)※

拡大接写画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面は平らになっていて、線がいっぱい描かれているタイプのデザインですね。

少し地味ですかね。

深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

100均の台の中だと平均的な深さです。

(写真で見ると深く見えますが、実際は結構薄い。)

レジンの練習には打ってつけのセッティング台になります。

特にこのダイソーのオーバル型の台に関しては、下の写真の100均ショップキャンドゥのセッティング台のオーバル型と比較して↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

縦横のサイズ感がほぼ同じなため、一度フォトショップやイラストレーターでオーバル型用のデータさえ作ってしまえば、色々なお店のオーバル型の台に流用できるという点で、非常に便利な台であり個人的にオススメしたい一品です。

次からは、底がない空枠タイプのフレーム型に移ります!

その⑤:C029 No.858 クラフト素材 フレーム サークル型 3個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからは2種類、フレーム型(空枠型)と呼ばれているタイプのチャーム台座を紹介していきます。

写真の通り底が無く、空枠とも呼ばれているタイプでレジンで底を作っていく必要がある少し難しいタイプの台座になります。

こちらのUVレジン用のフレームは、円型のサークル型のタイプですね。

ダイソーのUVレジン用のセッティング台の中で断トツの大きさです笑!

(圧倒的にでかい!)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当にでかいです笑。

サイズ

5

直径:約3cm

※サイズは、底の面の直径であって、円の外枠のフレームの幅の長さは含んでいません。(矢印参照)※

拡大接写画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

深い+でかいの組み合わせで相当な量のレジン液が必要とされる台ですね。

ただ、レジンがうまくなった時、一番可能性を見出せるレジン台だと思います。

お次は、セッティング台とチャームのセットの紹介に移ります!

その⑥:C029 No.859 クラフト素材 フレーム スクエア型 3個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのUVレジンの台は、底が付いていないフレーム型のタイプになります。

形は長方形です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズ

3

縦(高さ):約2.6cm

横(幅) :約1.6cm

※サイズは全て外枠の幅を抜かした、一番底の面(内径)の縦と横の長さになっています。(矢印参照)※

拡大接写画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フレーム台なので、底が無い分かなり深いです。

深いので色々なアレンジが可能になります。

その⑦:C029 No.6 クラフトチャーム ラブレター

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの商品は、UVレジンのセッティング台とチャームのセット商品になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セッティング台のサイズ

6

直径:約2.5cm

※サイズは、底の面の直径であって、円の外枠のフレームの幅の長さは含んでいません。(矢印参照)※

拡大接写画像(セッティング台)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

拡大接写画像(チャーム)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン(セッティング台)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

定番の線がいっぱい入っている裏面のデザインですね。

裏面のデザイン(チャーム)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

100均のチャームにしてはしっかりと作られていてすごいと思います。

鳥のチャームがリバーシブル仕様、便せんがしっかりとデザイン、ハートと鍵のチャームがあまりデザインがなくなっている仕様になっています↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セッティング台の深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平均的な深さで、かなり使いやすいセッティング台ですね。

その⑧:C029 No.7 クラフトチャーム アンティーク

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの商品も、UVレジンのセッティング台とチャームのセット商品になります。

ミシンとか糸とかの手芸用品のチャームがメインの商品です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セッティング台のサイズ

7

直径:約1.9cm

※サイズは、底の面の直径であって、円の外枠のフレームの幅の長さは含んでいません。(矢印参照)※

拡大接写画像(セッティング台)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

拡大接写画像(チャーム)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン(セッティング台)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

斜めに薄っすら線?みたいなものが入っている珍しいデザインになります。

裏面のデザイン(チャーム)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

自転車のチャームがリバーシブル仕様、糸がしっかりとデザイン、ミシンとかのチャームがあまりデザインがなくなっている仕様になっています↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セッティング台の深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

横枠のフレームがかなりきれいなのでかなり使いやすいセッティング台です。

深さも平均的で使いやすい!

その⑨:C029 No.8 クラフトチャーム アリス

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

台とチャームのセット商品の中でおそらく一番売れている商品。

テーマがアリスという事もあり、チャーム目当てで買う人が多いでしょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セッティング台のサイズ

8

直径:約2.5cm

※サイズは、底の面の直径であって、円の外枠のフレームの幅の長さは含んでいません。(矢印参照)※

拡大接写画像(セッティング台)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

拡大接写画像(チャーム)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン(セッティング台)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

定番の線がいっぱい入っている裏面のデザインですね。

裏面のデザイン(チャーム)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うさぎがまさかのリバーシブル仕様で手が込んでいます。

うさぎとキーのチャームがリバーシブル仕様、ダリの様な時計とトランプのチャームがあまりデザインがなくなっている仕様になっていますね↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セッティング台の深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

平均的な深さで、かなり使いやすいセッティング台ですね。

スポンサーリンク


【2016年7月追記】アンティーク調のフレームだけでなく金枠と銀枠のセッティングも紹介します!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今まではアンティーク調の色のセッティング台のみを紹介する記事にしていこうかと思っていました。

ですがやはり、記事が長くなっても全種類紹介した方が皆様の役に立つかと思ったので、上の写真の4パターンの金と銀のセッティング台も紹介しておきますね。

その⑩:C029 No.943 クラフト素材 セッティング ラウンド型 ゴールド 2個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらのセッティング台は、底がぼこぼこしている珍しい?タイプの○円型(ラウンド)のタイプになります。

色がゴールドのため、2個入りで数は少なめです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

サイズ

1

直径:約2.2cm

※サイズは、底の面の直径であって、円の外枠のフレームの幅の長さは含んでいません。(矢印参照)※

拡大接写画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面は、線がいっぱいウェーブに描かれているタイプのデザインですね。

深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アンティーク調のセッティング台よりも倍近く深いですね↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真はシルバーの同型のものになるのですが、ゴールドも同じ深さになっていて、普通の一般的なミール皿よりも倍近く深くなっています。

普通のミール皿が2層のレイヤーを作るのが限界だとしたら、このミール皿は3層か4層のレイヤーを作ることが出来るので、より複雑な作品を作るのに適していると言えるでしょう。

直径も他のラウンド型の物より約3ミリほど大きいですね。

その⑪:C029 No.944 クラフト素材 セッティング ラウンド型 シルバー 2個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは先ほどのセッティング台の色がシルバーのバージョンです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色の違い以外のサイズ感や大きさは全く同じになります。

サイズ

2

直径:約2.2cm

※サイズは、底の面の直径であって、円の外枠のフレームの幅の長さは含んでいません。(矢印参照)※

拡大接写画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザインもゴールドの物と同じです。

深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

深さもゴールドと同じですね。

その⑫:C029 No.945 クラフト素材 セッティング ハート型 ゴールド 2個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここからはゴールドのハート型のセッティング台になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

深さやゴールドの塗装の感じは先ほどのラウンド型とほとんど同じで、形だけハートという印象です。

よく『ハート型のチャーム台って使いづらそう…』と思う方がいるかと思いますが、一応こちらのダイソーの商品は全て↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

商品の台紙の裏にUVレジン製作補助用の型紙が付いているので、他のメーカーの物より多少は使いやすいかと思われます。

サイズ

4

縦(高さ):約1.9cm

(幅):約2.5cm

※ハート型のサイズはどうしても正確に測れないので、自分で測る事を推奨しております。※

拡大接写画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらの裏面もまた独特で、波打ってはいますが、ラウンド型ほど波打ってはいない印象ですね。

なんか苺のアレっぽいですね笑。

深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

深さもラウンド型と同じで少し深めの作りになっています。

(アンティーク調のセッティング台よりも少し深い)

幅や高さも結構あるので、これも結構なレジンを使いますね。

あとこちらもやはり、底のぼこぼこは健在です。

その⑬:C029 No.946 クラフト素材 セッティング ハート型 シルバー 2個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらは先ほどのハート型セッティング台の、色がシルバーのバージョンです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色の違い以外のサイズ感や大きさは全く同じですね。

サイズ

3

縦(高さ):約1.9cm

(幅):約2.5cm

※ハート型のサイズはどうしても正確に測れないので、自分で測る事を推奨しております。※

拡大接写画像

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザイン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

裏面のデザインもゴールドの物と同じです。

深さのイメージ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

深さもゴールドと同じですね。

最後までぼこぼこですよ笑。

以上で、全13型のセッティング台の紹介を終わりにします。

※あと、ホワイトのセッティング台が2・3種類発売されているのですが、そちらはかなり特殊なため紹介するかどうかは未定です。

【追記補足】商品の付属の用紙の裏に、台座のサイズの型紙が付いています!

ダイソーのセッティング台は、商品の裏側にちゃんと台座のサイズの型紙がついていますので↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この型紙を使って、背景素材を切っていく事も可能です。

有効に活用しましょう!

ダイソーの全てのUVレジン専用フレームセッティング台を買ってみての印象!

ぼくなりのダイソーのセッティング台に対しての印象は…
“とにかく安く、100円で3個セットの商品が多いのでコスパが良い!”
これに尽きます。

ほとんどの100均では、100円でセッティング台が2個か1個が多い中で、ダイソーは多くの商品が3個入りのセットのため、コスパ的にかなり優秀です。

なので、『レジンってどんなもんなのかな?』とレジンに興味を持った人や初心者の練習に最適だと言えるのがダイソーのセッティング台だと言ってよいと思います。

ただ、3個入りが多いので、小さいサイズのミール皿が多くなっています。

全体的にサイズが小さいので、もし大きいレジンのキーホルダーを作りたい人にとっては、ダイソーはあまり向かないと言えるでしょう。

ダイソーのレジン用ミール皿の中でオススメの商品紹介!

ここまで商品を紹介してきた中で
やはりどうしても『使えるミール皿』と『使い辛いミール皿』は出てきてしまいます。

そんな中で、個人的に“使えるミール皿”を厳選し、何点か紹介していきます。

ダイソーのオススメレジン用ミール皿その①:初心者の練習にピッタリなミール皿がこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

C029 No.789 クラフト素材 セッティング ラウンド型 3個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

C029 No.792 クラフト素材 セッティング オーバル型 3個入り

この2商品ですね。

このふたつの商品が『なぜ初心者用のレジンとしてオススメなのか?』というと

  1. 税込み108円で3個のミール皿を買えるため、コスパ的にトップクラスに優秀である事(※1個あたり約36円)
  2. ミール皿の形として代表的なラウンド型(丸型)とオーバル型(楕円型)のため、色々な練習や実験に使うのに向いている

このふたつの理由から、ぼくはこれらのミール皿が『初心者用レジンに使うミール皿のオススメ品』だと思っています。

ぜひこのふたつのミール皿を使って
色々な実験や練習を繰り返して腕をみがいてみてください!

ダイソーのオススメレジン用ミール皿その②:結局ぼくが最終的に何度も購入しているミール皿がこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

C029 No.943 クラフト素材 セッティング ラウンド型 ゴールド 2個入り

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

C029 No.944 クラフト素材 セッティング ラウンド型 シルバー 2個入り

この2商品になります。

正直な話
ぼくは作品の9割を、このふたつのミール皿で製作しています。

理由はいたって単純で

  1. シルバーとゴールドのフレームの見栄えの良さ
  2. シルバーとゴールドのフレームで、2個100円という価格の安さ
  3. 普通のミール皿の倍近くの深さがあるため、複雑な表現の作品を製作しやすい

この3つが主な理由になります。

特に大事だと思うのが3の『ミール皿に深さがある』という事ですね。

この3の要素がなければ
この商品を何度も買っていないというくらいぼくの中で大事な要素になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当にこの深さは使えますよ。

底がぼこぼこしてるけど、実際どうなのよ?』と思う方もいるかもしれませんが、ぼくは下地にマニキュアを塗ったりして隠したりしています↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マニキュアを塗ってしまえば、それほどぼこぼこは目立ちません。

実際にこのミール皿を使用した作品例がこちらになります。

【関連記事】:Ξ【地面・背景・キャラクターの三種の神器でレジン!】いっしょがいいね式レジンの作り方を紹介! 【その①:ネイルシール使用ver.】Ξ

次点で個人的によく使用するミール皿がこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

C029 No.858 クラフト素材 フレーム サークル型 3個入り

空枠のラウンド型のフレームですね。

これの使用理由はゴールドとシルバーのミール皿を使う理由と似ているのですが
『価格の安さ』と『ミール皿の深さ』の2点が主な使用理由です。

ただし初心者の方はいきなり空枠を作ると難しいので少しだけ注意しましょう。

レジン制作に慣れてきた頃に、この空枠フレームを使用する事をぼくはオススメします。

今後も新商品のUVレジンセッティング台が発売されたら、このページに追記していきます!

いかがだったでしょうか?

少し記事の量が長くなったのが残念でしたが
一応、2016年7月の段階での100円ショップダイソーのUVレジンミール皿のほぼ全種類の紹介でした。

今度の記事では、同じ100円ショップ大手の『キャンドゥ』のセッティング台(ミール皿)を紹介していきますので、お楽しみに!

今日はここまでです。
ではまた!

100円ショップ『キャンドゥ』のUVレジン用セッティング台を全種類紹介した記事がこちら!

ΞキャンドゥのUVレジン専用のセッティング台、ほぼ全種類を写真とサイズ付きで詳しく説明!Ξ

こちらの記事は、キャンドゥで売られているUVレジンのセッティング台について書かれています。

キャンドゥの方が、ダイソーよりも大きいセッティング台が豊富に置いてあり、マニキュアやデザインシートも置いてあったりするので、キャンドゥもおススメですよ!

よかったらのぞいて見てください。

UVレジンの記事がかなり充実してきたので、3種類のまとめページを作りました!

UVレジン関連記事がかなり充実してきたので、見やすくするために3種類のまとめページを作りました。

初心者や未経験者の人にオススメのまとめがこちらになります。

 

※100均&basic UVレジンの作り方まとめ※

 

レジン経験者で、レジン材料の幅を広げたいと感じている方にはこちらのまとめがオススメです。

 

※材料の幅を広げる!UVレジン作り方まとめ※

 

自分が一番好きな“平面の中に立体感を作る多層レイヤー系レジン”のまとめがこちらになります。

 

※多層レイヤー系レジンまとめ※

 

また、当ブログ『一緒がいいねレジンネタ帳』の最新のUVレジン記事は、下のリンクから閲覧可能です。

よろしければこちらも合わせてどうぞ!

※最新のUVレジン関連記事へ※

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク