【窓を付けてみよう!】100均キャンドゥの背景ボードを改造して窓を付けよう!【背景ボード自作改造シリーズその①】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日は久しぶりにミニチュア関係の記事を書きたいと思います。

内容はズバリ

“背景ボードを切り抜いて窓を付けよう!”

という内容です。

いつものように、誰でも出来る内容になっているのでぜひ試してみてくださいね。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


今回の改造で使う背景ボード:ヨーロピアンカフェ風 赤れんがタイプ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回の背景ボードの改造では、こちらのカフェタイプの背景ボードを使っていきます。

主に使用するのは、二枚目の写真の面のカフェの外観部分を使用します。

なぜこのカフェの背景ボードを使用したかというと↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

他の背景ボードだと上の写真の様に窓が複雑になっていたりするので、一番窓がショボい状態のこちらのカフェの背景ボードを使用しました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このカフェの窓だけ良い意味で雑なので笑、この窓のいい加減な所を逆に有効活用していきます笑。

背景ボード改造自作のための材料

今回使う材料はひとつだけです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使うのはこちらの

“ダイソーのプラ板”

これだけです。

(複雑な事は出来ませんw)

プラ板は、タミヤ製とかのを買うと400円とか500円しちゃう所、ダイソーのプラ板は大きくて安いので、こういったちょっとしたお遊び目的の時にはかなりおススメの素材です!

生産国も↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

100円でまさかの日本製ですからね笑。

背景ボードを改造しよう!

それでは、改造の手順から説明します。

手順は簡単で

①:背景ボードの切り抜き

②:プラ板切り抜き

③:背景ボードとプラ板をマスキングテープで一時的に張り付け

④:写真撮影!

と、誰でも出来るやり方となっているのでぜひやってみてくださいね!

では、順を追って説明していきます!

背景ボードに窓を付ける手順その①:背景ボードの切り抜き

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

カッターマットとカッターを用意して、背景ボードを切っていきましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

窓がいい加減な作りなのですぐに切り抜きは終わります笑

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

切るとこんな感じ。

背景ボードに窓を付ける手順その②:プラ板の切り抜き

お次はプラ板を切っていきましょう!

『窓枠に沿ってギリギリで切るべきか?多少余裕をもって切るべきか?』ぼく自身迷いましたが、プラ板の切れ目はけっこう粗くなってしまう事が多いので↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

窓枠ギリギリだと窓が汚くなるかと思い、少し大きめに窓用のプラ板を切って↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使わない面の方にマスキングテープを貼って↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それで終わりです笑。

使ったマスキングテープは↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

塗装用のホームセンターで普通に売っていた一番安い商品で(100円位)、テープを剥がす時に↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

背景ボードを傷つけたり剥がしたりする事はなかったですね。

塗装用のマスキングテープはなんだかんだ使えます!

今回の背景ボード自作改造においての注意点!!

切った後で気付いた注意点をここで紹介しておきます。

注意点その①:表裏の印刷が微妙にズレているので、窓として使いたい方の面を切っていきましょう!

今回、こちらの外観の面を切ったのですが↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これをひっくり返してカフェ店内を見てみると↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

微妙に印刷がずれているため、窓枠に白線が残ってしまうんですね…。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なので、カッターで切りこみを入れるのは必ず使いたい面にしましょう!

窓を付けた背景ボード完成品がこちら!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

果たして撮影に使えるでしょうか…(ドキドキ)

個人的に、窓が出来た事によって奥行きの表現が出来たらいいなと思ってます。

背景ボードを改造してみませんか?

いかがだったでしょうか?

このブログでは基本的に

“誰でも買えて、誰でも出来て、それでいて役に立つ使える情報の提供”

を目指していて、この窓枠の改造の情報もそのひとつです。

失敗しても100円で済みますし、やってみる価値はあるかと思います!

今日はここまでです。

ではまた!

スポンサーリンク

スポンサーリンク