【予想をはるかに超えた出来!】背景ボードの改造で玄関に開閉式のドアを付けてみよう!【背景ボード自作改造シリーズその②】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

前回の記事で背景ボードに窓を付けるという内容の記事を書きました。

そこで今日は、そこからさらに進んで

『背景ボードにドアをくっつけてしまおう!』

という内容の企画をやろうかと考えています。

ドア自体も500円程度で買えて、見栄えも前回の窓よりも段違いで良いのでオススメの内容になっております!(当社比)

ではどうぞ!

スポンサーリンク


今回の改造で使う背景ボード:ヨーロピアンカフェ風 赤れんがタイプ

今回使う背景ボードも、前回の改造の記事の時に使ったものと同じものを使用します。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回なぜこのボードを使用したかというと、ドアの枠がこれから紹介する『ポーズスケルトンのドアセット』と色見が似ているため、サイズ感のバラつきとか歪みを多少ごまかせると思ったからです。

今日紹介する背景ボードと組み合わせてコスパの良いアイテム!

今日紹介するアイテムがこちらです!

ジャンッ!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使うのはこちらの商品になります。

ホントこれだけです。
(※ただし、後の記事で階段かスロープを作っていく予定)

このアイテムを買うと↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドアだけでなく、マットやごみ箱、新聞も付いてきますが、今回はドアとマットのみを使用していきます。

今回気付いたのはホントただの偶然だったのですが、ミニチュア製作が苦手の人にもかなりコスパの良い誰でも出来る簡単な内容となっているので、最後までお付き合いください。

ポーズスケルトンのドアセットのドアの大きさと、キャンドゥの背景ボードのドアの大きさはかなり近い!!

今回、この事に気付けた事が僕の中でかなりの発見でして…

背景ボードのドアの幅と、ポーズスケルトンのドアの幅がかなり近いんですね↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドアを重ねるとこんな感じ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドアを開くと…↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この時点でもういい感じだと思いませんか?

高さは全然違うのですが、敢えて高くドアを付けて、浮いた部分は階段なりスロープを付けて調整していく算段です。

なので今回は、背景ボードを切り出して、このドアをはめてみた感じを紹介していこうと思います。

【追記】:他の背景ボードのドアのサイズは同じなの?

『他の背景ボードに描かれているドアでも可能なのか?』と思う方もいるかと思いますが↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の様に、どの背景ボードに描かれているドアもほとんど同じ大きさなので、ドアが描かれている背景ボードには基本的にポーズスケルトンのドアを無理やりつける事が可能だと言えると思います。

改造手順!

それでは、改造の手順から説明します。

手順は簡単で

①:背景ボードの切り抜き

②:ドアをはめる

③:浮いている部分に階段や石などを置いて見た目的に悪くならないように調整する

④:写真撮影!

と、誰でも出来るやり方となっているのでぜひやってみてくださいね!

では、順を追って説明していきます!

背景ボードにドアを付ける手順その①:背景ボードの切り抜き

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

背景ボードに軽く線を引いて切っていきます!

10分程度で終了笑

背景ボードにドアを付ける手順その②:ドアのはめ込み

切った背景ボードにドアをはめこんでみるとこんな感じに…↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぼくの場合、階段とかスロープを付けたかったので、ドアを高めに取り付けましたが、普通にドアを地面ギリギリに取り付けるのもアリだと思いますね。

(ドアの上の部分の背景ボードが余るので、若干の違和感が出てしまうかと思いますが…)

背景ボードにドアを付ける手順その③:浮いている部分に階段や石などを置いて見た目的に悪くならないように調整する!

最後は、浮いている地面の調整をしていきます!

(※階段やスロープを作る予定なのですが、時間がかかるため今回はとりあえずの長方形の台で代用しています。)

今回は、ホームセンターで買った石調の発泡スチロールを使いました。

これです↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これを地面の浮いてしまっている部分の高さに合わせて切って…↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

はめるだけ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これでひと通り完成です。

(早いッ笑)

階段やスロープは、発泡スチロールで形を作った後で、タミヤの情景シートなどを使ってそれっぽく仕上げていくことになりそうです。

情景シートとはこれの事です。

まだどうなるかはわかりませんが笑

ただ、母親に何度も

『そんなに玄関が高いんじゃぬいぐるみが登れないじゃん』

とツッコまれたので、本心では早く階段やスロープを作りたくてしょうがないですね笑。

写真撮影の前にもうひとつ背景ボードを横に並べるのがおススメ!

上で紹介した一枚だけだと写真が見切れてしまい非常に良くないというか面白い絵がなかなか撮れないんですね。

なので今回は、違う背景ボードを横に並べてセッティングしてみます↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地面のボードを揃えたりする必要が出てきますが、それでもここまできれいに変るので、背景ボードを並べるのは必須かと思います。

写真作例紹介!

この背景ボードセットを使った写真作例を以下に並べていきますので、参考にしてみてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

後ろに室内の背景ボードを置くとこんな感じに↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

本当に微妙な違いですが、置いた方がそれっぽさは出ますね。

見栄え的にもコスパが良い『ポーズスケルトンのドアセット』は本当にオススメ!

いかがだったでしょうか?

今回の改造はこの記事で紹介してきた通り、ただ切るだけなので特別な技術は必要ありません。

気になった方はぜひ試してみてくださいね。

今日はここまでです!

ではまた!