【UVレジン未経験者に捧げる!】お金をなるべくかけずに好きなキャラクターのキーホルダーを作る方法!【前編~材料集め編~】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日はUVレジンを使って、好きなキャラクターのキーホルダーを自作するための方法や手順を書いていこうかと思います。

UVレジンで作る好きなキャラクターのキーホルダーとは、例えばこんなやつです↓

ただし今回の記事は、あえて
“UVレジン未経験者で、UVレジンって面白そうだけどあまりお金は使いたくないし、雰囲気だけでもつかみたいんだよね”
と思ってる方限定に書きます。

具体的には

  • UVライトをまだ買うのは早いし、UVレジンの雰囲気だけつかみたい…
  • とにかくUVレジンという物の雰囲気だけつかみたいだけなので、あまりお金を使いたくない

と思ってる方が対象です。

なので、今回使う材料も全て100均で買えて、かつ、100均の中でもコスパが良い厳選されたアイテムを使用していきます。

また、これから紹介する方法では、100点満点できれいなキーホルダーを作るのは不可能です。
(※というのも、100点満点の作品を作るには、UVライト(1500円位)を買ったりなど、必ず買わなくてはいけない物があるため)

ただしこの記事を読んで実際にレジンを作ってくれた人にとっては
『UVレジンの製作の流れや、作れる作品の雰囲気を一番安い値段で理解できる方法・作り方の紹介の記事』
にはなっていますので、ぜひこの記事をレジンのアイテム作りに役立ててください。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


UVレジンキーホルダー製作の為に準備するもの!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▽写真のアイテムは全て100均で購入したアイテムになります。

  1. UVクラフトレジン液
  2. クラフト素材セッティング台(チャーム台)
  3. マニキュア
  4. シールorデザインフィルム(自分の好きなキャラクターの物が良い!)
  5. つまようじ(※気泡を取るのに使います)

以上、5点になります。

では、それぞれのアイテムをひとつずつ解説していきますね!

アイテム紹介その ①~UVレジン液編~

UVレジンを作るためのレジン液は今回、100円均一ショップのダイソーの商品を使っていきます。
ダイソーのレジン液がこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソー店内に一本100円で売られています。

レジン液に関しては、100均だとダイソーだけでなく、セリアキャンドゥでも売られているのでお好きな店舗で買うのが良いかと思います。
100均のレジン液に関してはそれほど差がないと思いますので…

ただし、これだけは守ってほしいのですが、レジン液の種類は必ずハードというタイプの物を買ってください。
たいていのレジン液が、下の写真の様に袋に『ハードタイプ』等と書いてあります↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ハードタイプ以外に、ソフトタイプというのもありますが、初心者や未経験者には扱うのが難しいので、必ず『ハードタイプ』で最初はレジンを作りましょう!

またダイソーには、ハード液にラメ(キラキラの粒子)が入った『ラメ・ハード』というUVレジン液も置いてあり↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらでも大丈夫です。
お好みでどうぞ!

ただし、100均のラメなので、そこまでのきれいさはありませんが汗。
(個人的には、普通の『ハード』タイプがおススメです。ラメがどうしても弱くかんじるので…(-_-;))

アイテム紹介その ②~セッティング台(ミール皿)編~

セッティング台(ミール皿)とは、レジン液を流し込むキーホルダーの元となる台座の事を指します。

そしてこちらがダイソーで売られているミール皿で↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

100均の中だと、ダイソーだけが『3個入りで100円』という価格で買うことが出来るので、未経験者の人はダイソーでミール皿を買う事をオススメします
(※他の100均だと、2個で100円か1個で100円という価格設定がほとんどです)

形に関しては色々あるのですが、上の写真の2種類がレジンを作りやすくてオススメです。

ひと言でまとめてしまうと
『初心者や未経験者の人は、円の形の入れ物を使ってレジンを作ると簡単できれいな作品ができやすい』です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(※四角形や底なしのフレーム型だと、表面張力の関係で難易度が上がるので、初心者は注意が必要になるため、最初に四角形や底が無いタイプの容器の使用はオススメしません。)

円の形のミール皿の総称について、代表的なものをまとめておくと、左の楕円型をオーバル型と言い、右の方が普通の円のラウンド型と一般的に呼びます。

今回は右のラウンド型のミール皿を使っていきます。

アイテム紹介その ③~マニキュア編~

今回使う5アイテムですが、マニキュアだけはダイソーで購入できないので、そこだけは注意してください。

100均でマニキュアを買われるのでしたら、キャンドゥかセリアがいいでしょう。
(どちらも同じシリーズのマニキュアが販売されています。)

ただし、あくまで雰囲気をつかむためのレジン制作なので、マニキュアは自宅にある物を使うのでかまわないかと思います。

一点だけ『レジンをきれいに魅せるマニキュア選びのコツ』を言っておくと、普通のいわゆる単色系や単色+ラメ入りみたいなタイプは↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

少しだけ製作の難易度が上がってしまう事は覚えておいてください。
(※難易度が上がる理由としては、塗りムラが目立ちやすいに加え、キラキラさがない分、気泡が目立ちやすくなる為です。)

レジン未経験者にオススメのマニキュアは、こちらの『フレーク型』と呼ばれるタイプの物です↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このフレークタイプのマニキュアがオススメ理由としては

  • キラキラして派手で見栄えよく作れること
  • 派手なので気泡が出てしまっても、気泡を目立たなくさせる事ができること
  • マニキュア液自体が透明なので、塗りムラが全くでないこと(出ていても透明なのでわからない)
  • 100均のセリアとキャンドゥで買えること

こちらの4点の理由の為、オススメと言えますね。

アイテム紹介その ④~シールorデザインフィルム編~

最後にシールorデザインフィルムの話をします。

今回便宜上、100円ショップで売られているシールとデザインフィルムを使って紹介していきます。
今回使う商品がこのふたつです↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▽どちらもダイソーで100円で購入した商品です。

ただしですよ…
皆さんは、この部分を『自分の好きなキャラクターのシール』を使ってレジンを作ってください。

例えば僕だったら、『リラックマやすみっコぐらし』が好きなので、こんなシール↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こういう100円ちょっとで売られているシールを使ってレジンを作っていくといいでしょう。

本当に自分の好きなキャラだったら、ディズニーでもおそ松さんでもダッフィーでもなんでも構いません。

シール選びでは、シンプルに

“自分の好きなキャラクターであり、キーホルダーにして持ち運びたい!と思えるシールで作る”

という事が一番大切です。

どうでもいいシールで作るのと、自分の大好きなキャラクターのシールで作るのでは、自分の熱量が全然変わってきます
ぜひ、ここだけは妥協せずにシール探しをしっかりと行ってください。
(実はこのシール探しもレジン製作で一番楽しい工程だったりするので、ぜひ楽しんでやってみてくださいね)

著作権とか気になる方がいるかと思いますが、個人利用のみならOKなのでご心配なく!(販売するのはもちろんアウト!)

レジンによく合うシールのタイプはあるのか?

こういったシールで、レジンにした時にきれいに写るオススメのシールの種類ってあるの?』と思われる方もいるかと思いますが、一応あります

それは

キャラクターを囲むシールのフレームの色が透明になっているシールを使う

という事です。

キャラクターの周りが透明というのはこういうシールの事を指します↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結局のところ、レジン液が透明なので、こういったキャラクター周りが透明だとシールのふちを消せてキャラクターのみを浮き上がらせる事が出来るから良いんですよね。

逆にこういった、キャラクター周りのふちに色がついてるシールだと↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あまりきれいにレジンが作れません
(※作れないというよりも、台から少し浮いてしまう様な感じになります)

雑貨屋に行けば安いシールが山ほど売っていますので、ぜひ雑貨屋等で自分の好きなシールをチェックしてみてください。

あと、『マスキングテープでレジンのキーホルダーを作れるのか?』と思う方がいるかと思いますが、ぼくは基本的に
初心者がレジンにマスキングテープを使う事は考えてはいけない
と、考えています。

その最大の理由が『ほとんどのマスキングテープ和紙で出来ているため、和紙にレジン液が染みてしまい、使い物にならなくなるため』です。

厳密に言えば、レジン液が染みないための方法は何個かあるのですが、初心者の人は考えない方がいいでしょう。

最後につまようじですが、家にあるような普通のつまようじでOKです。

今回の記事では、あくまで材料のみの紹介で、次回からレジンのつくり方の説明をしていきます!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▽次回はいよいよ、レジンの作り方とアドバイスを公開します!

いかがだったでしょうか?

今日紹介した5個のアイテムは、『マニキュア以外は全てダイソーで購入可能』なので、100均のダイソーで材料をそろえるのが良いでしょう。

マニキュアに関しては、家にあるものか、100均のキャンドゥやセリアで買ってください。
(ぼくは普通の化粧品コーナーの600円とか1,000円以上するマニキュアを初心者がレジンに使う必要はないと思っているので、個人的に100均のマニキュアの使用をぼくはおススメします。)

また後編で実際の製作手順を詳しく紹介していきますのでお楽しみに!

ではまた!

後編の作り方・レシピ編の記事がこちら!

Ξ【UVレジン未経験者に捧げる!】お金をなるべくかけずに好きなキャラクターのキーホルダーをレジンで作る方法!【後編~作り方・レシピ紹介~】Ξ

時間があいてしまいましたが、やっと【レシピ・作り方編】の記事を書きました。

上の写真の様に、写真内に細かい説明を入れてかなり詳しく説明しましたので、ぜひ読んでみてください!

UVレジンの記事がかなり充実してきたので、3種類のまとめページを作りました!

UVレジン関連記事がかなり充実してきたので、見やすくするために3種類のまとめページを作りました。

初心者や未経験者の人にオススメのまとめがこちらになります。

 

※100均&basic UVレジンの作り方まとめ※

 

レジン経験者で、レジン材料の幅を広げたいと感じている方にはこちらのまとめがオススメです。

 

※材料の幅を広げる!UVレジン作り方まとめ※

 

自分が一番好きな“平面の中に立体感を作る多層レイヤー系レジン”のまとめがこちらになります。

 

※多層レイヤー系レジンまとめ※

 

また、当ブログ『一緒がいいねレジンネタ帳』の最新のUVレジン記事は、下のリンクから閲覧可能です。

よろしければこちらも合わせてどうぞ!

※最新のUVレジン関連記事へ※