【飛んだり浮いてるように見せる!】ガチャガチャや100均のミニチュア乗り物とオビツスタンドを組み合わせて、飛行しているように見せて浮かせてみよう!【オビツドールマルチスタンドシリーズ④】

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日は久しぶりにオビツドールのマルチスタンドの記事を書いていこうと思います。

これです↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オビツドールマルチスタンドクリア

実はまた最近、新しい活用方法が見つかったので今日はそれを発表していきたいと思います。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


今回使うのは、オビツドールマルチスタンドの径3mmのアタッチメントパーツ!!

今回は、スタンドのこちらのパーツを使っていきます↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

アームではなく、3mm径のアタッチメントですね。

※『オビツドールマルチスタンドってなんだよ?』という方はこちらの記事をご参照ください※

ある日思ったんです…

『径が3mmなら、ぬいぐるみは無理だけど、ガチャガチャの小型の商品だったらピンバイスで穴を開けて掘れば付けられるんじゃない?』

と…

というわけで実際にやってみました!

 

使用した道具その①:ピンバイスとピンバイスの芯

OLYMPUS DIGITAL CAMERA


ピンバイスとは、ドリルを使って対象に穴をあけるための道具だと思ってください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ドリルを取り付けて、手動で回していくと簡単にキーホルダーやガチャガチャの商品等の硬い製品に穴をあける事ができるすぐれもの。

ホームセンターで安いのを買っても良かったのですが、UVレジンのヒートン付けにも使う機会があるので、国産のタミヤのピンバイスを購入しました。

タミヤは替え芯タイプ(ベーシックドリル刃セット)で

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

それぞれ

・1mm

・1.5mm

・2mm

・2.5mm

・3mm

の刃が各1本入っています。

出費は痛かったですけど、ツイッターでよくツイートしているUVレジンをキーホルダー化するためのヒートンというパーツの取り付けも↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(ヒートンとは、上の写真のボールチェーンが通っている銀色の輪っかのパーツの事)

ヒートン取り付けの為に、1mmのピンバイスのドリルで掘らなければいけないので、奮発して良いピンバイスを購入しました。

そこまで頻繁に使わないという人は、ホームセンターで安い3mmのピンバイスを買えば全然OKだと思います!

 

使用した道具その②:パーマンデスクトップグッズのハンコスタンドUFO

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回穴を開ける商品がこちら

ツイッターを見てくれている人にはお馴染み?のこちらのUFOを使っていきます。

こちらの商品は、『パーマンデスクトップグッズ』の『バードマンハンコスタンド』という商品名です。

ほぼ無名の商品かと思われます笑。

『このUFO200円で安いし、いいじゃん!』と思った方もいるかと思いますが、この商品の最大のネックがその小ささで…↓

2

バードマンハンコスタンドのサイズ

直径:約2.8cmの円

となっていて、かなり小さいんですよね汗。

なのでUFOが小さすぎて、ぬいぐるみが入りません。

 

もし気になった方は、UFOのサイズだけは気にしてみてください。

というわけで、このUFOを改造していきます。

あっ、『別にUFOだといけない!』というわけではなく、空を飛ぶ硬い素材の乗り物なら何でも大丈夫だと思います。

100均とかの陶器系のミニチュアでもOKです!

 

改造は、ただピンバイスで3mmの穴をあけるだけ!

今回やる事は

“ピンバイスに3mmのドリルをはめて、UFOに穴をあける!”

たったこれだけです。

では見ていきましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ピンバイスに3mmのドリルをはめて…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

UFOの後ろ側をくりぬいていきます。

(カメラの関係でUFOを手で押さえてないですが、実際に穴をあける時は、UFOをしっかりと手で押さえて垂直に穴が開くようにしていきましょう)

あけました↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

結構、きれいな穴だと思いませんか?

これがタミヤの実力です!(たぶん)

そして、あとはハメるだけ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

おいしょっとはめて…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成です。

あとは好きに写真を撮るだけです。

例えばこんな感じに↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

以上です。

 

【補足】100均の陶器系ミニチュアグッズも頑張れば穴を開けることが出来ます!

100均(特にセリアやキャンドゥ)には色々な陶器で出来たミニチュアグッズが販売されています。

例えばこれ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これは、キャンドゥで売っていたミニチュアのサーフボードなのですが、こういった商品もピンバイスで穴を開ける事が可能です。

(時間は結構かかりますが笑)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じに笑

ただ、先端が重くなると重さに耐えきれなくなって下に下がってしまうので、オビツドールマルチスタンドの底の面に『ひっつき虫』をつけるなどして対応していきましょう↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

写真のガムみたいなのがひっつき虫という商品です。

※ひっつき虫に関しての過去記事がこちら

サーフボードなので色々なキャラを乗せてみましょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、魂エフェクトの波のエフェクトを使う事によって↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じの写真を撮る事も可能になります↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

グッとよくなりましたね。

(お前そんなところに波は起こらないだろ…というツッコミは無しでお願いしますm(__)m)

あと、この魂エフェクトのウェーブはかなり使いづらいエフェクトで値崩れも激しい商品なので、あまり購入をおススメしません(小声)

送料無料で900円くらいなら買いだと思ってください。(送料入れて1,300円とか1,500円くらいで買うと後悔する可能性ありです。気をつけましょう(心の声))

波の表現が出来るのはすごいのですが、波の環境を背景ボードで作るのが難しいのと、周りの水辺の箱庭を作るのが難しいため、この商品はあまり人気がないというわけです。

『この魂エフェクトのウェーブを使って、フィギュアの飛行や滑走、走っているのを表現できるの?』と思う方もいるかと思いますが、あくまで波は波ですので笑、それは厳しいと思っておいて下さい汗。

疾走感の表現は、波ではなかなか難しいです。

 

乗り物系は改造だ!

いかがだったでしょうか?

乗り物系のアイテムはみんなで穴を開けて飛ばしちゃおう!

という記事でした。

今後は、誰でもできるUVレジンシリーズの記事を2,3記事書いてから8月6日に備えたいと思います。

8月6日はリラックマグッズが大量に発売され過ぎるので笑、金が消えていく日になりますね…。

リラックマファンの皆さま、転売ヤーに負けず8月6日は欲しい商品を全部ゲットしましょう!

ではまた!