【動画もあり!レジンの気泡を消すのに役立つひとつの商品】UVレジン用エンボスヒーターを買うのはありか?なしか?について話します【他、買う前に気になる疑問についても答えます】

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日はUVレジン制作の時に使う補助器具である『エンボスヒーター』について、ぼくが知っている事を書いていこうと思います。

特に、エンボスヒーターを購入したことがない人にとっては

  • 気泡が消せるみたいだけど、どれくらい気泡を消せるのか?完全に消せるのか?
  • 『お金を出してまで買う価値はあるのか?
  • 『本当にプチプチと気泡が消えていくのか?』

などについて、気になっている方も多いはず…

そんなわけで今日は、皆さんがエンボスヒーターに対して感じるであろう疑問を解消する方向で記事を書いていきます!

写真や動画を使用して出来るだけわかりやすく解説していきますのでお楽しみに!

ではどうぞ!

【※2017年2月20日追記】

実際のエンボスヒーターの使用動画を公開しました。

【※2017年3月1日追記】

エンボスヒーターを使って『レジン液を全面に薄く伸ばせる事のメリット』についての補足の説明動画を公開しました。

スポンサーリンク


この記事の目次

UVレジン用にエンボスヒーター(工作用ドライヤー)を買うのはオススメなのか?

UVレジンの気泡取りのために、エンボスヒーターを買うのはありか?なしか?
気になっている人も多いかと思います。

最初にぼく自身の答えを言っておくとこちら

【レジンの気泡を取るためにエンボスヒーターを買うのは有りか無しか?】

ミール皿だけ使用しているレジン初心者にとっては、エンボスヒーターはあまり買い急ぐ商品でもない。ただし、製作する作品の技術が向上して、シリコンモールドやより多くの封入物を入れる作品を作り始めるようになったらほぼ必須のアイテム!

であると、ぼくは思っています。

また、『気泡をエンボスヒーターで“完全に”(※ひとつの気泡も残さずにという意味)消せるのか?』という疑問に対しては、『気泡をヒーターだけで“完全に”消すことはほぼ不可能』と言えます。この事実だけは覚えておいた方が良いです。(※ただし後述しますが、かなりの量の気泡を消してくれる便利なアイテムだという事には変わりはないです。)

【レジン初心者向け】ミール皿(底有りタイプ)使用のUVレジンを作る時は、エンボスヒーターを使わなくてもきれいにできる!

底があるタイプの平均的なセッティングチャーム台(ミール皿)↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こういうタイプの台を使用して、UVレジンを作る時は『エンボスヒーターを使用しなくても、楊枝の使用だけで十分きれいに作れる』とぼくは思っています。

理由は『気泡が目立たないし、そもそも使うレジンの液量も少ないから気泡自体も出にくい』というのがその理由です。

そして、ご覧ください↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先ほどのミール皿にレジン液を入れてみました。

気泡がポチポチと5,6個あるのがわかるかと思います。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こういったセッティング台でレジンを作る時は、つまようじを使用して↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気泡を取り除くだけで、かなり簡単にきれいなUVレジンを作る事が出来ます。

ですのでこのようなタイプの作品を作る時は、エンボスヒーターを使う必要があまりないかと思いますね。(※後述しますが、封入物を増やしたい時はエンボスヒーターの使用を推奨)

しかもたいていの場合、セッティング台の下地にマニキュアを塗ったり、デザインシートを貼ったりするので↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

下地が派手な分、余計に気泡は目立たなくなるというわけなんですね。

ではどんな時にエンボスヒーターを使った方がいいのでしょうか?

空枠のフレーム型とシリコンモールドを使ってUVレジンを作る時は、エンボスヒーター必須!

UVレジンをセッティング台で作っている時は基本的に
『かなりのイージーモード』で、ゲームをやっているようなものなんですね、実は…(-_-;)

そこから次の様な素材の

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

UVレジン用シリコンモールド

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

底が無いタイプの空枠フレーム型

これら2種類でUVレジンを作り始めると、難易度が一気に『難しい』に変わります笑

この2種類に共通しているのは
『レジンの透明部分がそのままデザインに直結するため、少しの気泡があっても目立ってしまう
という事です。

この2種類に関しては、UVレジン液を使う量がいつもより倍近く多くなり、エンボスヒーターを使わないと本当に太刀打ちできないくらいの気泡が出るので
(しかもちょっと気泡が残っていても目立つ汗)

ぼくはエンボスヒーターを使用しての作業は必須だと思っています。

【シリコンモールドにエンボスヒーターを使用する時の注意】

シリコンモールドにエンボスヒーターを使用する時は、シリコンモールドの耐熱温度に注意しながらヒーターをかける事を推奨します。意外にシリコンモールドの耐熱温度が低いため、モールドの変形に繋がりやすいためです。

必須と言うよりも
使わないと100点満点の作品を作る事が出来ない
という意味での必須という言葉に近いですかね。

ではお次に、『どれくらいの量の気泡をエンボスヒーターで消すことが出来るのか?』見ていきましょう!

エンボスヒーターを使ってレジンの気泡はこれくらい消えます!完全に消せると思っている人は注意してね!

では、シリコンモールドにレジン液を実際に入れてみて、どれくらい気泡が消えるのかを見ていきましょう。(※ちなみに、楊枝使用は無しで単純にエンボスヒーターをかけただけの状態での検証となります)

まず、シリコンモールドにレジン液を入れて…(レジン液はダイソーの物を使用)↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

けっこう気泡が出来ましたね汗
ここからエンボスヒーターをかけて↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

気泡を消していきます。
どうなったでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここまで消えました。
見比べてみましょう。

上がエンボスヒーターをかける前の状態で、下がエンボスヒーターをかけた後の状態です。

写真からわかるように
8割くらいの気泡は消すことが出来るが完全に消すことは難しい』ですね。

何回もヒーターを使ってきましたが、ほぼ毎回『けっこうな数の気泡は消えるけど、全部は消えない』状態になってます。

以上、まとめると

【僕の結論(※2016年8月時点)】

セッティング台のみでUVレジンを作る場合エンボスヒーターを使う必要性はほとんどない。
(※ただし、後で追記しますが、エンボスヒーターがある事で“多層的な作品”を製作する事が可能になります)

空枠型やシリコンモールドを使ってレジンを作る場合エンボスヒーターが必要になる(というか、ないと気泡を全て取るのはほぼ不可能)

※この結論は2016年8月時点の結論で、2017年現在の段階では少し考えが変わってきました。その新たな考えについては、記事の最後の方でしっかりと後述していきます。

というのが僕の結論です。

まあ、ある程度安価な値段で、UVレジンの創作の幅を広げてくれるアイテムには間違いないので、買って損はないと断言できます。

【追記】そもそも安いダイソーのレジン液の品質上、気泡を出しやすい液なのではないか?という気付き

この記事を書いた時から、約2カ月近く経過し、今ここに追記を書いています。

2ヶ月の間にぼくは、ダイソーのレジン液を卒業し、清原さんのUVクラフトレジン液を使うようになりました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

そしてこれらのレジン専門メーカーが作るレジン液を使ううちに、どうしても皆さんに改めて伝えたいことが出てきました。

それは何かというと
“数値とかのデータは取っていないけど、清原のレジン液はダイソーのレジン液よりも明らかに、エンボスヒーターをかけた後しぶとく残っている細かい気泡がほとんど出ていない”という事です。

エンボスヒーターをかけた後にしぶとく残っている細かい気泡』とは、先ほど紹介した画像を使うと、下の矢印で指した部分の様な細かい気泡の事です↓

こちらですね。
この気泡は、本当にいくらエンボスヒーターをかけてもなかなか消えてくれません汗。

しかしですよ…

明らかに清原のUVクラフトレジン液を使用した時には、こういったエンボスヒーターをかけた後にしぶとく残っている細かい気泡がほとんどでなくなりました。

ただし細かいデータは取っていないため断言はできませんが、『安いレジン液と高いレジン液の大きな違い』は、『エンボスヒーターをかけた後にしぶとく残っている細かい気泡が出やすいか出にくいかの違い』なんじゃないかなと最近思っています。

なので、上に書いたエンボスヒーターの結論が少しだけ変わってきます。

最初に書いた結論がこちらでしたが↓
『エンボスヒーターでけっこうな数の気泡は消えるけど、全部は消えない』

ここに少しだけ補足が入って、現時点(※2016年10月)の結論はこうなっています↓
『エンボスヒーターでけっこうな数の気泡は消えるけど、全部は消えない…。ただし使うレジン液によって、エンボスヒーターをかけた後の消えない気泡の数は全然違ってくる』

これが今のぼくの考えですね。

まぁ簡単に言っちゃえば『高いレジン液を使えば、気泡も消えやすいし、仕上がりもよくなる』という当然の結果と言えば当然の結果ですが…(´・ω・`)

ただ今回の2カ月の間に『高いレジン液は安いレジン液と比べて何が違うんだ?』という疑問のひとつの答えとして『エンボスヒーターをかけた後の消えない・消しづらく残る気泡の数は違ってくる』という答えに辿りつけたのは良かったなと思っています。

ー以上、追記

【※2017年2月20追記】実際にエンボスヒーターでレジン液を温めている動画を公開!

この記事を書いてから何カ月も経ってしまったわけなのですが、『実際にエンボスヒーターを使用している動画』が無いのはさすがに不親切だなと思ったので、先ほど動画を撮影して公開しました。

それがこちらの動画になります↓

※ヒーターの音量注意と再生を押したからといって、ぼくのツイッターアカウントに飛ぶわけではないので、自由に再生を押して動画を見てください!

レジンBOTさんのRTで、いいねが120を超えて多くの方に支持されました笑。

この動画で皆さんに注目して見て頂きたいのは、以下の3点になります。

【動画で注目して見てほしいポイント】

  1. 動画が始まりヒーターのスイッチを入れた後すぐに、大きな気泡が消えていくところ
  2. エンボスヒーターをレジン液にかけていく事で、レジン液がどんどん温まって柔らかくなり、自然に広がっていくところ
  3. 一番最後に、つまようじでレジン液をいじるシーンを撮影したので、その場面から『どれだけレジン液が柔らかくなっているか?』確認してほしい

以上の3点について、ぜひ皆さんに確認してみてほしいですね。

自分で言うのもあれなんですが笑、エンボスヒーターの特徴がよくわかる動画となっているかと思います。

時間も1分で終わるため、手間も取らせません。

色々レジン作品を作ってきてわかったエンボスヒーターのもうひとつの魅力

この記事を書いた当初のぼくは『エンボスヒーターは気泡を消しやすくするためだけ』の道具だと思っていました。

しかしそれから色々なレジン作品を作ってきた事もあり、実はもうひとつ大切な『エンボスヒーターを使う事のメリット』があると気付くに至りました。

そのメリットとは、レジン液を『全面に薄く伸ばせる』という事が可能になる事です。

レジン液を『全面に薄く伸ばせる』事でどんなメリットが生まれるか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

では、レジン液を『全面に薄く』伸ばせる事のメリットについて説明をしていきます。

ぼくが考えるレジン液を『全面に薄く』伸ばせる事の最大のメリットは、『レジン作品の多層化が容易にできる』事だと考えています。

イラストで説明するとこんな感じ↓

(※層の数に関しては、使うミール皿によって変わってきますので、あくまでも例えの数字だとして考えてみてください)

ちょっとわかり辛いかもしれませんが笑
エンボスヒーターを使う事で『全面に薄く伸ばせる』事が可能になり、そのおかげで『レジン作品の層の数を増やす』事が出来ます。

そして結果的にそれが

層の数を増やせる➡レジン作品内に封入できる素材の数を増やせる

という事に繋がるので、結果的に『エンボスヒーターがあるおかげで、複雑なレジン作品を作れるようになる』というわけなんですよね。

ですので、『気泡を消すためだけに』エンボスヒーターの購入を考えている方はぜひ、もうひとつのエンボスヒーターの魅力でもある『レジン作品の層の数を増やせる』というメリットについても考えてみる事をオススメします。

ー追記終了

【※2017年3月1日追記】全面にレジン液を薄く伸ばせる事の補足動画紹介!

ここまで色々書いてきましたが、あと一点どうしても『エンボスヒーターを使うメリット』について紹介したいので、再び追記しました。

それは『レジンがほぼ完成間近の時“あと一層”分だけ封入物を入れたくなった時、エンボスヒーターがあるとかなり便利!』だという事です。

詳しく見ていきましょう!

レジン作品も完成間近!しかし…急に“あとひとつ”封入物を入れたくなった時こそエンボスヒーターが便利!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レジン作品が完成間近の時、急にもうひとつ封入物を入れたくなったら皆さんはどうしていますか?

そんな状態の時にオススメなのが、『エンボスヒーターを使用してレジン液を薄く伸ばしてもう一層作ってしまう』という方法です。

レジン作品が完成間近の状態の時は、ほぼこのように↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

作品自体の厚みが出てしまい、レジン液を使ってもう一層作るのって難しいですよね…(´・ω・`)

そういった時こそ、エンボスヒーターの持つ『全面に薄くレジン液を張れる能力』が活きてきます。

言葉だとわかり辛いので、さっそく動画で確認していきましょう!

まずは、レジン作品の表面にレジン液を注いで↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(※普段は清原のレジン液を使用していますが、エンボスヒーターで気泡がどんどん消えていく所も同時に見せたいので、今回はダイソーのレジン液を使用しました。ダイソーのレジン液の方がチューブから出した時、気泡が多く出るため。)

※自分が普段使用している清原のレジン液はこれです。

おそらく皆様もご存知かと思いますが笑

そしてこの後、レジン液にエンボスヒーターをかけた動画がこちらになります↓

https://twitter.com/TakayaSakamoto/statuses/836559265032593408

(※なぜかツイッター上の動画がサイト上で開けないので、アドレスをコピペして動画をご覧くださいm(__)m)

こちらの動画で見ていただきたいポイントは、以下の3点になります。

【動画で注目して見てほしいポイント】

  1. 動画が始まりヒーターのスイッチを入れたあと徐々に、気泡がどんどん消えていくところ
  2. エンボスヒーターをレジン液にかけていく事で、レジン液がどんどん柔らかくなり、全面に広がっていくところ
  3. 一番最後につまようじで微調整をする時も、レジン液が柔らかくなっているので端の部分の微調整が簡単なところ

以上の3点については、ぜひ皆さんに動画内で確認してみてほしいですね。

特に一番見てほしいのは②のポイントでして、ラウンド型のレジン作品は完成に近づけば近づくほど『上層部が球面の形』に近くなっていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

つまり、初めから少し『傾斜』が付いているんですよね。

それに加えて、エンボスヒーターを使ってレジン液を温めると、『液が広がりやすくなる』事もあり、『傾斜+柔らかいレジン液』という相乗効果で動画内の様な現象自然に全面にレジン液が広がっていく現象が起こるのだと思います。

イラストにするとこんな感じです↓

エンボスヒーター説明画像

ただし当然ですが、温め過ぎるとレジン液がこぼれてしまいますので笑、そこだけは気をつけましょう!

と言っても動画を見てもらえばわかるのですが、レジン液という素材自体に粘度があるので、意外にレジン液はこぼれ落ちませんので、割と簡単に失敗なくレジン液を全面に伸ばせますよ。

ここまでが『全面に薄くレジン液を伸ばせる事のメリットの紹介』になります。

ー以上、追記

最後に、ぼくが実際に使用しているエンボスヒーターの実物レビュー

最後にぼくが所持しているエンボスヒーターのレビューを写真多めで載せておきますので、参考にしてみてください。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ぼくが使用しているのがこちらのエンボスヒーターになります。

吹き出し口の温度が↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

250℃までいくので、間違ってもドライヤー目的で使わないでくださいね。

こどものかおというレジン界隈では有名な会社が発売しているエンボスヒーターで↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

もともとの製造は、『マービー(MARBY)』という会社のようです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

エンボスヒーターには、マービーの名前が…

吹き出し口はこんな感じ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

スイッチは、持ち手の近くにあって↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

オンとオフのスイッチのみがあります。

最後に、エンボスヒーター購入前の人が気になるであろういくつかの疑問に答えていきます。

Q1:アマゾンでエンボスヒーターを検索すると、いっぱい出てくるんだけど、どれがいいの?

アマゾンでエンボスヒーターを検索すると、かなりの業者が出品していて、どれを買ってよいかわからなくて困りますよね(-_-;)

UVレジン本体よりは出品が少ないですが、それでも出品は多い方かと思います。

ぼくがオススメしたいのは以下のエンボスヒーター

こちらがオススメです。

オススメ理由はいたって単純で、こちらのUVレジン教科書本

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この本の中で、『こどものかお』のエンボスヒーターが掲載され、勧められていたためです。
ちゃんとした本が勧めているエンボスヒーターなので、安心して購入できます。

そしてもちろん、自分も同じ商品を使用しているのでオススメだという事もありますが笑

こちらの本の特集については過去記事で書いていますので、こちらも合わせてどうぞ!

【最初の一冊ならこれがオススメ!!】UVレジン初心者が最初に買うべきオススメの一冊の本を紹介します!

2016.08.13

【2017年5月18日追記】紹介したエンボスヒーターが定価よりも高くなっている時があるようです…

上記で紹介したエンボスヒーターが、在庫をもう仕入れて販売するつもりがないのかはわかりませんが、販売価格が商品の定価を超えている時が結構あるようなんですね…(´・ω・`)

ですので、元々の販売製造会社が販売しているリンクも以下に貼っておきますので(同じ商品ですのでご安心ください)

ぜひご活用ください。

見る時期によって値段が上下しますので、この記事を見た段階でふたつのエンボスヒーターを比較して安い商品を購入する事をオススメします。

もとは同じ商品ですので。

ー追記終了

Q2:普通のヘアードライヤーで気泡を消すことは出来ないのか?

これ、気になっている人も多いかと思います。
普通の家庭にあるヘアドライヤーで、レジン液の気泡を消せるのかどうか?
という疑問です。

結論から言うと

【普通の家庭用ドライヤーがエンボスヒーターの代わりになるか?についての答え】

気泡が消える消えない以前に、普通のドライヤーの風が強すぎて、レジン液が飛んでしまってそもそも使い物にならないです。また、エンボスヒーターの方が高温のため、温度の面でも家庭用ドライヤーは使えないと言えるでしょう。

というのが僕の結論です。

ドライヤーはあてにしないほうがいいですよ。

創作の幅を広げてくれるエンボスヒーターの購入をぜひ検討してみてください!

いかがだったでしょうか?

色々途中で追記が入ってしまったので、最後にエンボスヒーターのメリットをまとめて終わりにしたいと思います。

【エンボスヒーターの魅力】

  1. 全ての気泡を消すのはほぼ不可能だが、レジン液内の多くの気泡を消してくれる
  2. シリコンモールドや空枠のような『レジン液の透明部分がデザインになる作品』を製作する時には、エンボスヒーターの使用がオススメ
  3. 複雑で多層的なレジン作品を作りたい時は、エンボスヒーターの使用はほぼ必須
  4. レジン完成間近に『あと一層加えたい!』と思った時も、エンボスヒーターがあればあと一層加える事も簡単に出来る
  5. 冬場にレジン制作をする時はレジン液が固まっていて作業が大変だが、エンボスヒーターがあれば液を温めることが出来て作業が一気にラクになる
  6. ひとつのレジン作品を作る時に、エンボスヒーターを3回位使うのでコスパの面でもかなり良くて、買うなら早ければ早いほどお得になる

以上6点が、簡易的なまとめになります。

とにかくエンボスヒーターは、確実に『創作の幅を広げてくれるアイテム』であることは間違いありません。

UVレジンの上達を考えている人であれば必ず役に立つアイテムなので、この記事の内容をぜひ参考にして検討してみてくださいね。

また、コスパ面に関しても『値段÷使用回数』で考えるとわかりやすいのですが、エンボスヒーターの使用頻度はUVライト並みの使用頻度になるので、購入するなら早ければ早いほどコスパ面でお得になります。

そういった面も含めて、ぜひこの記事で書いてきた情報を参考にしてみてください。

今日はここまでです。

ではまた!

UVレジンの記事がかなり充実してきたので、3種類のまとめページを作りました!

UVレジン関連記事がかなり充実してきたので、見やすくするために3種類のまとめページを作りました。

初心者や未経験者の人にオススメのまとめがこちらになります。

 

※100均&basic UVレジンの作り方まとめ※

 

レジン経験者で、レジン材料の幅を広げたいと感じている方にはこちらのまとめがオススメです。

 

※材料の幅を広げる!UVレジン作り方まとめ※

 

自分が一番好きな“平面の中に立体感を作る多層レイヤー系レジン”のまとめがこちらになります。

 

※多層レイヤー系レジンまとめ※

 

また、当ブログ『一緒がいいねレジンネタ帳』の最新のUVレジン記事は、下のリンクから閲覧可能です。

よろしければこちらも合わせてどうぞ!

※最新のUVレジン関連記事へ※