【UVレジンの作り方紹介シリーズその④】OHPフィルムで宇宙柄の実験!【キーホルダーやアクセサリーに!】

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

封入物無しのあくまでOHPフィルムで宇宙塗りのグラデーションを作ってみた実験作品になります。

まずはベースがこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずはこのイエローをベースに使いました。
(シルバーにすればよかったと若干後悔気味…(;´・ω・))

そしてOHPフィルム(これ↓)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

を間に入れてみて、レジン液で固めたのがこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OHPフィルムがだいぶいい感じに使える事がわかりました。

ぶっちゃけ最初は、『OHPに印刷した塗料がレジン液で溶けちゃわないかな?』と、ずっと心配で不安でした。
そして、塗料の溶けも何の問題もなく、OHPフィルムでのグラデーションが機能してくれたので、今はホッと安心しています。
自分で言うのもアレなんですけど、結構きれいですよ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ただ1点注意があるんですけど、それは
“OHPフィルムをハサミで切る時に、円の形を小さくし過ぎると端っこが少しおかしくなる
という事です。

最初のフィルムを円形に切る時に、小さく切り過ぎてしまうと下の写真の様に↓

すき間が目立ってしまう事があるので注意しましょう。
(※ただし、このすき間自体がデザインとして機能する事もあるので、難しいところですね…)

あと、もう1点注意した方が良い点があります。

それは
『フィルムが台とほぼ同じ大きさの為、フィルムを入れる時に空気が入ってしまう可能性が高く、空気を抜く事も地味に難しい
という事を忘れてはいけませんかね…

本当に空気抜きの難しさは、やってみて実感しましたよ(-_-;)
これに関しては、今後さらに検証していきたいと思います。

▼OHPフィルムを使った宇宙塗りのグラデーション表現について、詳しくはこちらの記事で書いてあります。

Ξ【宇宙柄に使えるUVレジンのグラデーション表現を求めて】OHPフィルムを自作して、宇宙塗りのグラデーション表現のやり方を考えてみたΞ

レジンの仕上げ加工

作品が完成したら、UVカット光沢スプレー最終光沢仕上げ材を使って仕上げ加工を行いましょう!

詳しい仕上げの方法については、過去記事で詳しくまとめてありますので、そちらをご参照ください。

その記事がこちら↓

※【過去記事】:Ξ黄変対策を色々探ってみった結果、UVカット光沢スプレーと最終仕上げ材のダブル使用が一石二鳥で良さそう!【レジンの表面のベタ付きからおさらば!】Ξ

ブログにあげている作品はほんの一部で、メイン作品はツイッターでアップしています!

ぼく自身、『キャラクターシールを用いたレジン』が得意なため、ブログ上にはあまりレジン作品をあげていません。

もしも、『他のレジン作品を見てみたい』と思われた方は、ぼくのツイッターでのレジン作品投稿タグ『#いっしょがいいねレジン作品集』を検索してみてください。

一応、そのリンク先がこちら↓

※ツイッターの『#いっしょがいいねレジン作品集』タグに飛ぶ※

UVレジンの記事がかなり充実してきたので、2種類のまとめページを作りました!

UVレジン関連記事がかなり充実してきたので、見やすくするためにまとめページを作りました。

初心者や未経験者の人にオススメのまとめがこちらになります。

 

※100均&basic UVレジンの作り方まとめ※

 

レジン経験者で、レジン材料の幅を広げたいと感じている方にはこちらのまとめがオススメです。

 

※材料の幅を広げる!UVレジン作り方まとめ※

 

また、当ブログ『いっしょがいいね』の最新のUVレジン記事は、下のリンクから閲覧可能です。

よろしければこちらも合わせてどうぞ!

※最新のUVレジン関連記事へ※

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク