ウォーターネイルシールを使用したレジンの作り方レシピを紹介!

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日は前に書いた過去記事のこちら↓

Ξ【UVレジンの幅を広げる材料紹介!】ウォーターネイルシールをレジンに転用して使用する方法・作り方紹介!Ξ

この記事でレシピを紹介して製作した
ウォーターネイルシールをレジンで転用して使用できるシート』を実際に使用して、レジンを作っていく方法・レシピを紹介していきたいと思います。

過去記事で紹介した実際のシートがこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レジンでは、ほとんど使っている人がいない良パーツであることは間違いないのがこちらの商品です。

詳しく知りたい方は過去記事から作り方をご覧になってください。

今日のこの記事では、『このシートを使ったレジン作品の作り方』を紹介していきますが、記事の一番の目的はあくまで『実際のシートをレジンでどのように使用するか?という事を正しく伝える。』という事に焦点を当てています。

そのため紹介するレジンのレシピ
『誰でも出来る下地に背景を入れてキャラクターシールを入れる一番簡単なもの』となっているので、ぜひ過去記事で紹介したこちらのシートの使用方法だけでも理解して頂けたら幸いです。

写真多めで丁寧に解説しましたので、ご期待ください。
ではどうぞ!

※なお、先ほど紹介した過去記事を読んでいない状態でこの記事を読んでも何の役にも立ちませんので、必ず過去記事を読んでからこの記事を読んでください。

スポンサーリンク


使用材料紹介!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回使用する材料がこちら

  • ミール皿(直径2cmか2.5cmのもの推奨
  • はさみ
  • つまようじ
  • マスキング台(※『マスキング台って何?』という方は、こちらの過去記事推奨)
  • ウォーターネイルシールをレジンで転用して使用するための自作のシート(過去記事で製作した花柄ブーケ柄のものを使用)
  • 自然に消えるしるし付けペン(ダイソーで格安の物が手に入ります)
  • レジン液(今回は清原のレジン液を使用)

以上になります。

材料の補足説明

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

先ほど紹介した全ての材料の中で、しるし付けペンだけ知らない人が多いかと思いますので補足説明しておきます。

このしるしペンの使用目的
シート上に、ハサミで切るための補助線を書く』事が目的です。

しるしペンでシートに線なんか書いたら消えないんじゃ?』と思う人もいるかと思いますが、さすがに『しるしペン』という名前だけあって、『手で触るだけですぐに消えるレベルのペン』となっているので心配はありません。

アマゾンでもしるしペン(チャコペン)が販売していますが

ダイソーの手芸コーナーでも販売していますので、それで十分だと思います。

最悪、なくても大丈夫です。(ただし、無いと切る作業が少々面倒になります(´・ω・`))

ウォーターネイルシール転用レジンの作り方紹介!

それではひとつずつ写真付きで『ウォーターネイルシール転用レジン』の作り方を紹介します。

その①:シートを、ミール皿の大きさに切るためにしるしペンで線を書く!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず最初に行うのは、しるしペンでのシートへの書き込みです。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使用するミール皿をシートの上に置いて、使いたい部分に重ねます。

その後は、しるしペンでミール皿をなぞっていきましょう↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

なぞり終わるとこんな感じになります↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

薄いけどわかるかな(´・ω・`)?

その②:しるしをつけた部分をハサミでカット!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お次は、しるしをつけた部分をハサミで切っていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

切り終わりました。

ただし、この状態でミール皿に入れても↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シートの方が大きいので、ここからさらにサイズ調整のカッティングをしていきます。

その③:シートをミール皿の直径に合うようにサイズ調整する!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

大きすぎるシートをミール皿のサイズに合うように切っていきます。

ここでのカッティングおそらく一番大切
もし失敗した場合は、『シートとミール皿のすき間が空き過ぎて最初からやり直し
となってしまいます。

ここだけは丁寧にやりましょうね。

その実際の失敗例がこちら↓

なので、ここのサイズ調整のカッティングは少しずつ調整をしてください!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

切り終わりました。

ミール皿の中にシートを入れてみると↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんな感じになります。

シートの大きさとミール皿の直径の大きさがピッタリすぎると、レジン液を入れた後が難しくなってしまうので、上の写真の様に少しくらいすき間がある位の方が作業がしやすいです。実際に少しのすき間ならそれほど目立ちません。

これでシートの準備は完了です。

これ以降は普通のレジンとほぼ同じ作業になります。

【※追記】もっと簡単に円形に切るためのアイテムを発見したので紹介!

この記事を書いてからしばらく経過し、今現在僕は『デザインシートやペーパー円形に切りたい時』にはこちらの

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

コンパスカッターを使用するようになりました。

簡単ではございますが
コンパスカッターで作業中の動画がこちらになります↓

https://twitter.com/TakayaSakamoto/status/814317346022047744

ここまでハサミで長々と説明してきましたが、このコンパスカッターを使えば動画の様に短時間での円形のカッティングが可能になります。
(本当にハサミはめんどくさかったですからね…(-_-;))

こちらのコンパスカッターについて詳しくは
過去記事にまとめてありますので気になる方はそちらをご覧ください。

その過去記事がこちら↓

【過去記事】:Ξ【円の形に切れるアイテムを動画で紹介!】オルファのコンパスカッターが予想以上に使える道具だったので紹介します!Ξ

ー以上追記

その④:ミール皿にレジン液を入れる!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

準備が整ったので、ミール皿にレジン液を入れていきましょう!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

冬場はレジン液が固まっていることが多いので、エンボスヒーター『気泡を消しつつ、液を温める』のがオススメです。

エンボスヒーターのメーカーは、ぼくも使用している『こどものかお』というメーカーの商品がオススメです。

その⑤:シートの裏側のフィルムをはがす!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お次はカッティングしたシールの裏側のフィルムをはがしていきます。

裏側はこうなっていて↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

セロテープを使ってはがしていきます。

※このセロテープを使用したフィルムの裏面をはがす方法は、白い台紙の商品の説明書に記載されている方法です。
それがこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように説明書に裏面のフィルムのはがし方が丁寧に書かれているので、裏面のフィルムがはがせないという事はないでしょう。ご安心ください。

実際に裏面にセロテープを貼った後は↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように…↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きれいにはがれます。

そして自分が手に持っている部分がシールになっているという状態になっています↓

画像の通りとなっています。

その⑥:はがしたものをレジン液の中に入れる

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとは、先ほどフィルムをはがして裏側がシールになっているものをレジン液の中に沈めていきます。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この沈める時に、レジン液が溢れやすいので注意して沈めていってください。

沈め終わるとこんな感じになります↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

その⑦:最終調整

ここまで来たら、気泡が無いかの確認背景の位置や向きの最終調整をしてください。

意外に大事なのがこちら↓

浅いミール皿を使用した際など、シート自体が少し上に浮いてきてしまう事もあるので、シートを楊枝等で『下に押し込む』事も忘れないでください。

その⑧:UVライトで硬化

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最終調整まで来たら、いよいよUVライトで硬化していきましょう!

硬化時間は36Wで2分で十分です。(その後、さらにシールを入れていくため)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

出来上がり♪

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

完成です!

あとは各自好きなキャラクターのシールを入れていきましょう!

当ブログ『いっしょがいいね』ではレジン記事に関して
『レジンの土台や背景・フィールドの作り方』の紹介は徹底的に行いますが、実際の封入するキャラクターシールに関しては『各自好きなキャラクターのシールを入れましょう。』と提案しています。

なので、ここからは少し簡単に説明していく流れとなりますのでご了承ください。

今回使ったシールがこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(上のリンク先の『HBJY213』を使用)

全面ウォーターネイルシールを販売している会社が販売しているシールで合わせてみました。

何度も言いますが皆さんはこのシール部分は自分の好きなキャラクターのシールを入れていきましょう!リラックマならリラックマがいいですし、ディズニーやダッフィーが好きならそれらのキャラクターを使うべきです。

まず最初にレジン液を入れて↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

キャラクターシールを取り↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

入れていく↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こうしてバランスを見ながら自分のイメージしたレジンを作りましょう!

そして、ぼくが作ったのがこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

うーん…黒一色だと少々殺風景ですが、今回はしょうがないですね…(-_-;)

これでいきます。

あとは、36wUVライト3分から4分照射します↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これでいよいよ完成です!

完成品を撮影した写真がこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

シール自体はイマイチかもしれないですが、背景に関しては
誰も使っていない様な背景』になっていると言えるでしょう。

UVライト硬化後は、こちらの記事で紹介した↓

Ξ【UVレジンの仕上げ加工のひとつの方法】黄変対策を色々探ってみった結果、UVカット光沢スプレーと最終仕上げ材のダブル使用が一石二鳥で良さそう!【レジンの表面のベタ付きからおさらば!】Ξ

仕上げ方法で加工していきます。

以上、レシピの紹介でした。

【補足】ミール皿とシールの間のすき間が気になる人は、ミール皿に最初に着色してしまうのもひとつの手!!

最初の方でシートとミール皿のすき間に気をつける内容の事を書きましたが、より目立たさなくするために、『最初にミール皿にネイルシールと近い色のマニキュアを塗ってしまう』というのもひとつの手です。

例えば、今回の全面ネイルシールの柄が白っぽい花柄ブーケなので、白いマニキュアをミール皿にあらかじめ塗ってしまい↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

乾燥させたらシールを封入するというパターンもありですね。

結構いい感じにすき間が中和されますよ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

遠くから見るとほぼすき間がわからなくなります。

また、背景が一緒でもミール皿を変えたり、少し配置の形をこだわるだけで↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

全く違った雰囲気のステージ背景が作れたりしますので、これから先もかなり工夫や改善の余地が残っていると言えるでしょうね。

以上!レシピ紹介でした!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

いかがだったでしょうか?

今回の記事で伝えたかった事レシピやレジンの作り方ではありません。

あくまで
前回の記事で紹介したシートをどうやってレジンに使用するか?』というこの1点だけです。

なのでこの記事で言いたかった事を最後にまとめると

前回の記事で紹介したシート

  1. ミール皿の直径の大きさに合わせて切る
  2. シートの裏のフィルムをはがす

このふたつのかんたんな作業大きさを合わせて切って、裏のフィルムをはがす)をするだけで、簡単にレジン材料として機能します。

という事になります。

本当に使える材料で、自分以外の人が使ってるのを見た事もない珍しい素材となります。

ぜひ一度チェックしてみてください。

そのシートどうやって作ればいいんだっけ?』という方は、もう一度こちらの記事↓

Ξ【UVレジンの幅を広げる材料紹介!】ウォーターネイルシールをレジンに転用して使用する方法・作り方紹介!Ξ

を読んでいただく事を推奨します。

それでは、みんなでレジン生活を楽しみましょうね!

今日はここまでです。
ではまた!

UVレジンの記事がかなり充実してきたので、3種類のまとめページを作りました!

UVレジン関連記事がかなり充実してきたので、見やすくするために3種類のまとめページを作りました。

初心者や未経験者の人にオススメのまとめがこちらになります。

 

※100均&basic UVレジンの作り方まとめ※

 

レジン経験者で、レジン材料の幅を広げたいと感じている方にはこちらのまとめがオススメです。

 

※材料の幅を広げる!UVレジン作り方まとめ※

 

自分が一番好きな“平面の中に立体感を作る多層レイヤー系レジン”のまとめがこちらになります。

 

※多層レイヤー系レジンまとめ※

 

また、当ブログ『一緒がいいねレジンネタ帳』の最新のUVレジン記事は、下のリンクから閲覧可能です。

よろしければこちらも合わせてどうぞ!

※最新のUVレジン関連記事へ※

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク