【ひよことオーロラシリーズその①】偏光塗料の様なジェルネイルを使用したレジン作品の紹介!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今回は新たに購入した新素材のジェルネイルを使った作品の紹介になります。

今回の作品の特徴としてはまず一番に
『レジンを傾けると偏光塗料の様に若干色がキラキラと変わっていく感じに見える
という事があげられます。

それも全て新素材のジェルネイル様様なんですよね。

ただ今回の作品に関しては
製作途中の写真を撮り忘れてしまった関係で、今回の作品に使用した材料の紹介くらいしかできません汗。

申し訳ありませんm(__)m。

一応、作品だけ振り返りたい時のために
使用材料や完成品の写真などを簡単にまとめておきます。

スポンサーリンク


今回のレジンの作り方!

今回のレジンの作り方に関しては
以下の2記事をベースに製作を行いました。

その記事がこちら↓

【過去記事】:Ξ【単色マニキュアとOHPフィルムのグラデーションシートのコラボ!】ふたつを組み合わせてレジンを作ったら予想以上にきれいな背景のレジン作品が作れたので紹介!Ξ

【過去記事】:Ξ【ネイルスタンプをUVレジンで使うひとつの方法!】最近話題のネイルスタンプをデザインシート化して、レジン素材にしてしまう方法を紹介します!Ξ

ミール皿

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソー クラフト素材セッティング ラウンド型 シルバー C029 No.944

今回はこちらのダイソー製のミール皿を使用しました。

基本的に普通のミール皿ではこのレジン作品は作れません。

それは普通のミール皿だと深さが足らないためです↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レジン液の層が3層か4層くらい作れる深さが最低限必要になりますね。

レジン液

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

清原のレジン液は、本当に良いレジン液です。

地面材

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地面材はこちらの素材を使用しています。

塗るとこんな感じに地面が作れます↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

地面素材が『隠れ気泡』が出やすい素材のため、エンボスヒーターほぼ必須です

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回地面素材に使う材料は、レジン液をかけてUVライトで硬化中に、隠れ気泡がぷくっと出やすい材料になっています。

そのため、UVライトで硬化前の気泡を取り除く段階で
『エンボスヒーターでレジン液を温めて隠れ気泡をできるだけ消す』という作業はほぼ必須となります。

エンボスヒーター自体は
UVレジン用の器具の中で、UVライトの次に“使える”器具と言っても過言ではないほど“買って損はないアイテム”ですので、レジンを長く続けるのでしたら早めの購入をオススメします。

エンボスヒーターのメーカーは、個人的にこのメーカーのものがオススメです。
(※初学者に人気のキムラプレミアムの本の中でもこのエンボスヒーターを推奨していたため)

エンボスヒーターの有用性に関しては、別記事で特集記事を書いていますので、そちらもご参照ください。

それがこちら↓

【過去記事】:Ξ【レジンの気泡を消すのに役立つひとつの商品】UVレジン用エンボスヒーターを買うのはありか?なしか?について話します【他、買う前に気になる疑問についても答えます】Ξ

背景に使用した素材

背景に使用した素材はこちらのふたつになります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

背景素材その①:マニキュア

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マニキュアはこちらの濃密マニキュアを使用しました。

色はホワイトで、100均のセリアとキャンドゥで購入可能です。

背景素材その②:GALAXYジェルネイル

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

(上のリンク先の『GALAXY04』の商品を使用しています。)

正直このジェルネイルに関しては、まだわからないことが多いです。

もう少しこのジェルネイルについての理解が深まったら、その時は必ずこのジェルネイルについての特集記事を書きますので、もうしばらくお待ちください。

製作の流れとしては
『背景下地に白マニキュアを塗って乾燥させる』➡『乾燥したマニキュアの上からこのジェルネイルを塗る』➡『36wのUVライトで2分間乾燥させる』➡『レジン液と下に紹介する円グラデーションのデザインシートを封入して硬化』➡『レジン液とシールを封入して硬化』➡『仕上げ・完成』という手順を踏んでいます。(製作途中の写真が無くて申し訳ありません汗)

グラデーションシート

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回はこちらの自作のグラデーションシートも使用しました。
(※実際に使用したのは下から数えて2番目にある円グラデーションのデータを使用。)

商品自体はこちらの商品を購入後に↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『イラストレーターでグラデーションのデータを製作』➡『OHPフィルムに印刷』➡『グラデーションシートの完成!』という流れでこちらのシートを自作しました。

キャラクターシール

その①:ひよこのシール

(上のリンク先の『QJ-3D-600』の商品を使用しています。)

その②:キャンドゥで発売しているネイルスタンプの商品

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レジン作品内にある『雪の結晶パーツ』は
キャンドゥで販売しているネイルスタンプと白いマニキュアを組み合わせて制作したものになります。

実際に使ったプレート絵柄の拡大写真がこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

実際に制作したデザインシートがこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このデザインシートの作り方に関しては、こちらの記事にまとめてありますので、ぜひご覧ください。

レジンの仕上げ加工

作品が完成したら、UVカット光沢スプレー最終光沢仕上げ材を使って仕上げ加工を行いましょう!

詳しい仕上げの方法については、過去記事で詳しくまとめてありますので、そちらをご参照ください。

その記事がこちら↓

※【過去記事】:Ξ黄変対策を色々探ってみった結果、UVカット光沢スプレーと最終仕上げ材のダブル使用が一石二鳥で良さそう!【レジンの表面のベタ付きからおさらば!】Ξ

完成作品

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ブログにあげている作品はほんの一部で、メイン作品はツイッターでアップしています!

ぼく自身、『キャラクターシールを用いたレジン』が得意なため、ブログ上にはあまりレジン作品をあげていません。

もしも、『他のレジン作品を見てみたい』と思われた方は、ぼくのツイッターでのレジン作品投稿タグ『#いっしょがいいねレジン作品集』を検索してみてください。

一応、そのリンク先がこちら↓

※ツイッターの『#いっしょがいいねレジン作品集』タグに飛ぶ※

UVレジンの記事がかなり充実してきたので、2種類のまとめページを作りました!

UVレジン関連記事がかなり充実してきたので、見やすくするためにまとめページを作りました。

初心者や未経験者の人にオススメのまとめがこちらになります。

 

※100均&basic UVレジンの作り方まとめ※

 

レジン経験者で、レジン材料の幅を広げたいと感じている方にはこちらのまとめがオススメです。

 

※材料の幅を広げる!UVレジン作り方まとめ※

 

また、当ブログ『いっしょがいいね』の最新のUVレジン記事は、下のリンクから閲覧可能です。

よろしければこちらも合わせてどうぞ!

※最新のUVレジン関連記事へ※

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク