【ハンドメイド作家への挑戦状か!?】ダイソーでものすごく可能性を秘めたデコテープを発見したので、ほぼ全種類の商品を紹介していくよ!

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

突然ですが皆さんは
100均のダイソーから発売している『レースデコテープ』という商品をご存知でしょうか?

マスキングテープ(マステ)ではなくて、“レースデコテープ”という商品名です。

この商品は、僕がダイソーをフラフラしていた時にたまたま見つけた商品でして、ハンドメイドの作品に応用できる可能性がかなり高そうなアイテムなんですね。

ハンドメイド作品とは具体的に
アクセサリーやキーホルダー製作、プラ板アクセサリーや色々なキャラの痛グッズ、レジンetc…
といった作品たちの事を指し、特に、コラージュで色々組み合わせることが出来る作品やステンドガラス風のハンドメイド作品の製作にかなり有効な商品になりそうな気がしているんですよね。

ここで『気がしている。』と言ったのは
正直、僕自身がこの商品を使用して、まだ満足のいく作品が製作できていないためです汗。

ただ皆さんに
『レースデコテープ』の実物をこの記事で見てもらえれば、それぞれのアイデアで面白いハンドメイド作品が誕生する様な気がするんですよね…(´・ω・`)(他力本願笑)

ですので、今回は
面白素材の投げかけ目的でこの記事を書いています。

なのでぜひ、ハンドメイド作品制作者の方にこの記事を読んでいただき、この商品を使ったオリジナルグッズを製作して頂ければうれしいですね^^

記事内容としては
最初に『テープの使い方』を説明し、その後に『ダイソーで売られているレースデコテープほぼ全種類の絵柄やデザイン』を写真で紹していきます。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


この記事の目次

ダイソーのレースデコテープの使い方

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まずは簡単に
ダイソーのデコテープの使い方から見ていきましょう!

ただし、あまり細かく説明しすぎても無駄な時間になってしまう可能性が高いので、ここではざっくりと簡単に使い方を説明していきます。

まず最初にひとつデコテープを用意しましたら
それを裏返してください↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

すると裏の部分に『リボン』型の折り目が付いているので、これをペロッとめくります。

こんな感じです↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

あとは使いたい分だけテープを伸ばして…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

使いたい長さで止めて、ハサミで切りましょう↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

簡単で良いですよ^^

透明のフィルムは、はがす事が出来るのか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ここまで見た段階で
写真に写っているフィルムが邪魔だけど、簡単にはがせるのか?』と疑問に思う方もいるかもしれません。

一応以下の写真の様に
フィルムは簡単に剥がす事が可能です↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

△透明のフィルムは簡単にはがせます!

そしてフィルムをはがした面全てシールとなっているため↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

△フィルムをはがした面は全てシールとなっています!

このまま色々な場所にデコテープを貼る事が可能になります。

例えばこんな感じに↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

色々な容器にデコテープを貼る事ができます。

また、それぞれのテープの幅やデザインが異なるため
工夫次第で色々応用できるのもこの商品の魅力になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように細いデコテープをマニキュアに貼れば↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはこれで
またひとつ違った雰囲気になりますからね。

後で紹介しますが、色の方もブラックだけでなく、『ピンクホロ』や『ホログラム』、『ホワイト』等、色々な種類があるので、そういった点も含めてかなり面白いアイテムだと思います。

【応用編】コンパスカッターを使う事で、デコテープをきれいな円の形に切る事も可能!!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

△過去記事で紹介したコンパスカッターを使用する事で、さらに可能性は広がる!

また、以前過去記事で紹介したこちらのアイテム

コンパスカッター』を使用する事により、デコテープをきれいな正円に切る事も可能になります。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の様にフィルムをはがす前に
コンパスカッターで円の形に切る事によって、このように↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

きれいな円形のパーツを作る事が可能です。

この円形パーツは
コラージュ系の作品やステンドグラス風の作品制作にかなり使えそうな予感がしてるんですよね…(´・ω・`)。

また、これを見る限り『魔法陣系レジン』にも応用できなくもない様な気もします。

本当に可能性を秘めたパーツ材料だと思いますね。

【注意!】円形に切る時は、カッターマットとデコテープをセロテープで仮止めしてから切ってください!

最後に一点だけ注意をさせてください。

もしもコンパスカッターを使ってデコテープを切る時
デコテープの両脇をセロテープで張り付けてからカッティングする事をオススメします。

これをしないとデコテープが動いてしまうため、きれいな円の形に切れないんですよね…(´・ω・`)

なので、コンパスカッターを使用してデコテープを切る際は、必ず両脇をセロテープで固定してから切りましょう!

こうする事できれいな正円の形に切ることが出来ます!

また、コンパスカッターについて詳しく知りたい方は、こちらの過去記事を参照してください↓

【過去記事】:Ξ【円の形に切れるアイテムを動画で紹介!】オルファのコンパスカッターが予想以上に使える道具だったので紹介します!Ξ

それではいよいよ
ダイソーで発売しているレースデコテープの種類とデザインの紹介をしていきたいと思います。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


ダイソー レースデコテープ 紹介その①

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースデコテープ ブラック 139

デザイン詳細

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソー レースデコテープ 紹介その②

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースデコテープ ブラック 139

※その①で紹介した商品と型番が同じですが、デザインが異なります。

デザイン詳細

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソー レースデコテープ 紹介その③

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースデコテープ ピンクホロ 140

デザイン詳細

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソー レースデコテープ 紹介その④

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースデコテープ ピンクホロ 140

※その③で紹介した商品と型番が同じですが、デザインが異なります。

デザイン詳細

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソー レースデコテープ 紹介その⑤

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースデコテープ ホログラム 141

デザイン詳細

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソー レースデコテープ 紹介その⑥

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースデコテープ ホログラム 141

※その⑤で紹介した商品と型番が同じですが、デザインが異なります。

デザイン詳細

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

【補足】ホワイトのデコテープと細かいサイズ情報はあとで追記する予定です。

今回、現時点で6種類のデコテープを紹介したのですが、実はこれ以外にホワイトのデコテープも2種類存在しているんですよね。

ただし、手持ちに今ホワイトのデコテープがないため、あとで購入次第ここに追記していく予定です。

またサイズに関しても、データ制作に時間がかかるので、ちょっとずつ細かいサイズの情報を載せていければよいなと思っています。

サイズ感についてざっくりと簡単に説明してしまうと
細いデコテープの幅約1~1.5cmくらいで、太い方のデコテープの幅2cm~3cm位の幅に収まっています。

あくまでとりあえずのデータですが、ぜひ参考にしてみてください。

【※追記】ホワイトのレースデコテープを買ってきたので、追記で紹介します!

ここまで紹介できていなかったホワイトのレースデコテープを購入してきましたので、ここで追記で紹介します。

ダイソー レースデコテープ 紹介その⑦

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースデコテープ ホログラム 142

デザイン詳細

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソー レースデコテープ 紹介その⑧

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースデコテープ ホログラム 142

※その⑦で紹介した商品と型番が同じですが、デザインが異なります。

デザイン詳細

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

レースデコテープを使用したレジン作品の紹介!

その①:ステンドグラス風レジン

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事内で紹介したブラックのレースデコテープを使用して、ステンドグラス風のレジン作品を製作してみました。

細かいレシピや作り方に関しては、以下の記事を参照してください。

【過去記事】:【ステンドグラス風UVレジン!】ダイソーのレースデコテープを使ったステンドグラス風レジンの作り方とレシピを紹介!

皆さんのアイデアで素晴らしい作品が生まれる事に期待しています!

いかがだったでしょうか?

今回紹介した素材が
どのハンドメイド作品に有効活用できるか?』に関して、全くの未知数だと個人的に思っています。

レジンにも使えそうですし、手持ちの小物へのデコ材料としての使用はもちろんのこと、プラ板やコラージュ作品への使用等、何でもいけそうな気がするんですよね(´・ω・`)

ぼく自身もこの材料を使用し、このあと何か作品を製作していく予定です。

そしてそれをブログ内で発表していこうと思いますので、ハンドメイド製作が大好きな皆さんもぜひ試してみてくださいm(__)m

いっしょに面白い材料の使い方を発掘していきましょう!

今日はここまでです。

ではまた!

UVレジンの記事がかなり充実してきたので、3種類のまとめページを作りました!

UVレジン関連記事がかなり充実してきたので、見やすくするために3種類のまとめページを作りました。

初心者や未経験者の人にオススメのまとめがこちらになります。

 

※100均&basic UVレジンの作り方まとめ※

 

レジン経験者で、レジン材料の幅を広げたいと感じている方にはこちらのまとめがオススメです。

 

※材料の幅を広げる!UVレジン作り方まとめ※

 

自分が一番好きな“平面の中に立体感を作る多層レイヤー系レジン”のまとめがこちらになります。

 

※多層レイヤー系レジンまとめ※

 

また、当ブログ『一緒がいいねレジンネタ帳』の最新のUVレジン記事は、下のリンクから閲覧可能です。

よろしければこちらも合わせてどうぞ!

※最新のUVレジン関連記事へ※

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク