【UVレジン初心者が知っておくと良いマニキュアの知識!】100均のマニキュアを中心に、知っておいた方が良い知識やオススメ商品をまとめて紹介!!

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日は前回に書いた『100均のミール皿特集の記事』の続編として、『100均で買えるマニキュア』の特集記事を書いていきたいと思います。

皆さんも一度は『100均で買えるマニキュアに大きな違いはあるのかな?』と思った事があるのではないでしょうか?

最初に結論から言ってしまうと、『例え同じ色のマニキュアであったとしても、各社微妙に異なる違いがある』と断言できます。

今回の記事では、そういった『100均大手三社(ダイソー・キャンドゥ・セリア)で購入できるマニキュアの細かな違い』にフォーカスしながらも、それだけではなくて『マニキュアを選ぶ時の大切な4つの視点』や『UVレジン初心者にオススメの最初に買うべきマニキュアはどれか?』といった深い所まで徹底的に解説していきますので、ぜひ参考にしてみてください。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


この記事の目次

はじめに注意

別の100均レジングッズの記事でも同じ事を書いたのですが、今回紹介する記事内容はあくまで2017年2月の時点での情報になります。

というのも、100均のレジン関連グッズは入れ替わりが早いんですね。

それを表す一番良い例えがこちらの↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソーのエスポルールというシリーズのマニキュアになるかと思います。

この商品実は、2016年頭の段階ではダイソーで販売しておりませんでした。(というか、ダイソーでのマニキュア販売は控えられていた)

そこから2016年の末ごろからでしょうか?
(すみません、正確な販売時期はわかりません汗)

ダイソーでこのエスポルールというマニキュアが発売され始めたんですよね。それも、かなりの数のラインナップです。

このように『ダイソーではマニキュアが発売されていない状態』➡『ダイソーでかなりの数のマニキュアが販売開始される』のような大きな動きがこの先も起こるかもしれないという事を踏まえて、あくまで更新日時点での最新情報が載っていると理解して頂いてから、この記事を読んで頂けると幸いです。

もちろん、ぼく自身頻繁に100均に通っていますので、何か動きがあった時はすぐにこのページを更新し、最新の100均事情を載せていくように努めていきます。

よろしくお願いします。

それではまず最初に、『100均大手三社(ダイソー・セリア・キャンドゥ)に共通して言える事』からまとめていきます!

100均大手三社(ダイソー・セリア・キャンドゥ)のマニキュア製品に関して共通して言える事!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

△100均で買えるマニキュアは種類が豊富!

最初に『ダイソー・セリア・キャンドゥで買えるマニキュア』に関して、共通して言える事をまとめていきたいと思います。

ぼくがこれに関して言いたい事はかなりシンプルで『100均でマニキュアを買うのはコスパ最強!』だという事です。

本当にメチャクチャ使えますし、種類も豊富で安いですからね!

『この色使った事ないけど、どんな発色なんだろう?』とか『このラメ系のマニキュア使った事ないから試してみたい!』のように、冒険しやすいのも100均マニキュアの魅力でもあります。100円だと、失敗もしやすいですからね(´・ω・`)

手にマニキュアを塗らないというレジンの魅力

普通にネイル目的で100均のマニキュアを購入する人の場合は『100均の安いマニキュアを爪に塗って、爪や皮膚が荒れたりしてしまわないだろうか?肌によい成分が使われているか気になる…』みたいに思う事が普通だと思いますが、レジンでマニキュアを塗る場合はその事を心配する必要がありません。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

爪に直接マニキュアを塗らないため、悪く言ってしまえば『手に悪い成分を使っていようがいまいがそんな事ミール皿を塗るのには関係ない』と言ってしまえる所は、地味にレジンの長所だなと思っています。

(※ただし、かつてのダイソーのホルムアルデヒド検出みたいな問題はまた別の話で、難しいところ…)

とにかく、UVレジン初心者や未経験者の方は、100均のマニキュアを使用して作品作りを始める事をオススメします。

正直ここだけの話自分は、600円とか1000円以上のマニキュアを使用して、そこまでレジン作品の美しさが上がるわけではないと思っているクチです笑。

UVレジン初心者や未経験者の方は、100均のマニキュアでホント十分だと思いますよ。

それでは次に、それぞれの100均で購入可能なマニキュアの銘柄を紹介していきます。

ダイソーで買えるマニキュアの主要銘柄

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソーで購入できる主要なマニキュアは、上の写真の『エスポルール』というシリーズになります。

具体的な種類としては2種類あって、ひとつ目が『単色系のマニキュア』、もうひとつが『単色系のマニキュアにラメが入ったタイプのマニキュア』となっています。

ダイソーのマニキュアに関しては、若干他のマニキュアより使いにくい印象…

現時点(2017年2月)の段階で、ダイソーのエスポルールのマニキュアについては、他の100均のマニキュアよりも、若干使いづらい印象がありますね…(-_-;)

あくまでも個人的な感想になるのですが、『マニキュア液が硬め』なのと、マニキュアを塗る筆が『太め』で塗りにくいというのがその理由です。
(※比較対象は、キャンドゥやセリアで買える濃密マニキュアを対象としました。)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

マニキュアの液も硬めですし、筆に関してもこちらのように↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左:濃密マニキュア 右:エスポルールのマニキュア

本当に微妙な違いなのですが、若干太めに出来ているので、ちょっと塗り辛い印象があります汗。

ただ、ダイソーのマニキュア自体が販売再開で復活したばかりですし、2017年のこれから先、どんな改良や新製品の発売がなされるかかなり期待しているのもまた事実なので、ダイソーさんのこれからにはかなり期待しています。

商品の開発力に関してはものすごいものがありますからね(´・ω・`)

キャンドゥとセリアで買えるマニキュアの主要銘柄

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お次は、キャンドゥセリアで販売しているマニキュアの主要銘柄を紹介していきます。

具体的には、5つの主要銘柄があり写真の左から順に

【キャンドゥとセリアのマニキュア主要銘柄(※写真左から順に)】

  1. 濃密グラマラスネイル シリーズ
  2. ACネイル シリーズ
  3. サロンネイル シリーズ
  4. フレークネイル シリーズ
  5. ネイルグリッター シリーズ

となっています。

(※それぞれの銘柄ごとに多種多彩な色のマニキュアが発売されているので、全体での色の種類はかなり多いです。)

ここで、『なんでキャンドゥとセリアをひとくくりにして紹介しているのか?』と疑問に思う方もいるかもしれませんが、それは『キャンドゥとセリアで販売しているマニキュアは、ほとんど同じ商品が置かれている』ためです。

そのために、キャンドゥとセリアを一緒のくくりで紹介しました。
(※ただし、キャンドゥの方がセリアよりも若干多くの種類のマニキュアを発売しているイメージがあります。統計を取っていないので具体的な情報はわかりませんが…)

『良いマニキュアとは何か?』マニキュアを選ぶ時の4つの着眼点を紹介!

お次は、『どのようにして良いマニキュアを見分けていくか?』そのヒントの補助線となる4つのポイントについてまとめて紹介していきます。

その4つの着眼点がこちら↓

【マニキュアを選ぶ時のヒントとなる4つの着眼点】

  1. グリップの持ち手の長さが、自分にとって塗りやすいかどうか?
  2. 筆の太さが、自分にとって塗りやすいかどうか?
  3. マニキュア液の伸びの良さが、自分にとって塗りやすいかどうか?
  4. マニキュア液の発色の良さや光沢感が、自分好みかどうか?

こちらの4つの着眼点になりますね。

それではひとつずつ解説していきます!

着眼点その①:マニキュアのグリップの持ち手の部分の長さについて

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず初めに紹介するのは『マニキュアの持ち手の部分の長さ』についてなのですが、実は意外に注目されてないポイントだったりします。

どれも同じような持ち手の長さだと思われている方も多いのではないでしょうか?

ただし、実際の持ち手の長さをよく観察してみると、けっこう長さは違っているんですよね(´・ω・`)

実際に比較してみた画像がこちら↓

けっこうメーカーによって長さにバラつきがあるのがわかるかと思います。

個人的にちょうど良い持ち手の長さだと思うマニキュアは以下の銘柄で↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

『濃密ネイル』・『フレークネイル』・『グリッターネイル』・『ACネイル』は持ち手の部分の長さが同じで、かなり持ちやすく使いやすいアイテムとなっています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

非常に塗りやすい持ち手の長さです。

着眼点その②:筆の太さと厚さ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お次に注目してほしい着眼点は、『筆の太さ』に関してです。

ただしこれ、新品を店頭で開封して筆の太さを確認する事は出来ないので、そこだけは難点ですかね汗。

ぼくが好きな筆の太さは『濃密グラマラスネイル』の筆の太さが一番お気に入りで好きです。

着眼点その③:マニキュア液の伸びの良さ・硬さ

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3つ目に紹介するのが『マニキュア液の伸びの良さ』についてです。

マニキュアをあまり使った事が無い方は知らないかと思いますが、マニキュアによって『硬さ』がけっこう違うので、塗った後に『液が伸びやすいか?伸びにくいか?』でかなり塗りやすさが変わってくるんですよね。

正直、着眼点①と②で紹介した『持ち手の長さ』と『筆の太さ』よりもはるかに、『マニキュア液の伸びやすさ』の方がマニキュアの塗りやすさに直結していると言っても過言ではないくらい『伸びやすいかどうか?』は大切な要素になっています。

では、『硬いマニキュア=良くないマニキュア』と言ってもよいのか?

ここまで聞くと『伸びがいいマニキュア=良いマニキュア』で、『硬く伸びが良くないマニキュア=悪いマニキュア』みたいな印象に受け取られるかもしれませんが、硬いマニキュア(というか絵の具)には『硬い事で得られるメリット』がちゃんとあるんですね。

それは、『液が硬いと、自分でアート作品を描く時などに重宝し、伸びが良くない分、細い筆と組み合わせた時に複雑な絵を描きやすい』というメリットです。

要は『自分でイラストとかを描ける人にとっては、硬いマニキュアの方が便利かもしれない』という事なんですね。

ただし、レジン作品に使うマニキュアに関してはやっぱり“伸びが良い”マニキュアを使うのがオススメ!

しかし、ぼくのように自分でイラストを描けなくて、レジンに使うマニキュアは下地を塗る程度に使用するだけの場合は、圧倒的に『伸びが良い』マニキュアを使用する事をぼくは皆さんにオススメしたいです。

具体的なオススメマニキュアに関しては、この後紹介していきますので、もう少しお付き合いください。

着眼点その④:マニキュア液の光沢・非光沢と発色の良さ

最後の着眼点が『マニキュアの発色の良さ』についてになるのですが、正直これはどのマニキュアも高いレベルにあり、肉眼ではなかなか比較が難しいですかね…(´・ω・`)

あと、『色の好みは、個人の主観によるものが大きい』という事も比較を難しくさせている一因でもあります。

ただし、『自分好みの発色を見つける!』という意識を持つだけでマニキュア選びも変わってくると思いますので、ぜひ着眼点のひとつとして意識すると良いかと思います。

UVレジン初心者や未経験者にオススメのマニキュアをふたつ厳選して紹介!

お次はいよいよ、100均のマニキュアの中でUVレジン初心者や未経験者にオススメしたいマニキュアを厳選して、紹介していきたいと思います!

スポンサーリンク


その①:全ての基本性能が高い!単色マニキュアならこれがオススメ!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

単色系(色が一色でラメなど入っていない光沢タイプ)のマニキュアだと、セリアやキャンドゥで売られている『濃密グラマラスネイル』がオススメです。

オススメ理由としては、とにかく全体のレベルが高いという所が最大の魅力になるかと思います。

ここで言う『全体のレベルが高い』とは、前にも紹介しましたが↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

持ち手のグリップの長さや、筆の太さがちょうど良かったり、あとは『マニキュアの液の伸びやすさ』が本当に伸びやすいマニキュアとなっていて、とにかく扱いやすく使用してて不快に感じさせないマニキュアとなっています。

本当に単色系のマニキュアは、濃密グラマラスネイルがオススメですね。

その②:塗るだけできれいな作品に!色々なマニキュアと組み合わせたりも出来るマニキュア!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

お次に紹介するのがこちらのキャンドゥとセリアで販売している『フレークネイル』と『グリッターネイル』のシリーズになります。

個人的には、フレークネイルの方が六角形ラメの感じとかがきれいに感じるので、レジン初心者や未経験者の方には『フレークネイル』の方を激しくオススメしたいですね。

どちらもラメグリッター系のマニキュアですが、それぞれのシリーズで結構な色のバリエーションがあるので、お気に入りの一本は必ず見つかるかと思います。

ひとつ目に紹介した『濃密グラマラスネイル』の方は、『なんだかんだあると便利で使いやすいマニキュア』としてオススメしたのですが、こちらのマニキュアは『初心者の方が塗るだけでキレイな作品を作れる事と、単色マニキュアと組み合わせて塗る事が出来るマニキュア』といった理由でオススメできます。

言葉だけだとわかり辛いので写真を使って見ていきましょう!

ただ塗るだけでキレイに見せる事が出来るのがフレークネイル!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ミール皿の中にフレークネイルをただ塗るだけで、それなりにきれいな作品に見せる事が出来る事は、このマニキュアの持つ魅力のひとつです。

普通に単色マニキュアを塗るだけだと、ただ一色の味気ない作品になってしまいますからね…(´・ω・`)

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

しかし、フレークネイルやグリッターネイルの場合は、上の写真のように『初めから複数の色のホログラム・ラメ』が入っているため、非常に色鮮やかな作品が作れます。

塗り終わるとこんな感じ↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この後に、レジン液とシールの封入物を入れれば、それだけできれいな作品になりますよ。

単色マニキュアと組み合わせて使える事が、フレークネイルとグリッターネイルのもうひとつの魅力!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

△マニキュア液が透明な所に注目!

そして最後にもうひとつ、フレークネイルとグリッターネイルが持つ魅力があるので紹介をします。

その魅力とは、『ラメやホログラム以外のマニキュア液の部分が“透明”である』という事です。

ここで『なんでマニキュア液が透明だと良いんだ??』と思う方もいるかと思いますが、マニキュア液が透明だと『下地の色を殺さない(潰さない)ため、単色マニキュアと組み合わせて使用可能』なんですよね。

例えばこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらはあらかじめ、ミール皿に『ホワイトのマニキュア』を塗って乾燥させたものになります。

この上からフレークネイルを塗ると↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

このように液自体が透明なため、下地の白を活かしたまま作品にラメグリッターを乗せる事が出来るというわけなんですね。

全体に塗ってみた状態がこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今度は逆に、ミール皿の下地を黒にして↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フレークネイルを塗ってみました。

さてこちらはどうなるでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらも同様に、マニキュア液が透明なため、下地の黒を活かしたまま作品にラメやホログラムを乗せることが出来ています。

そして、全体に塗ってみた状態がこちら↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA OLYMPUS DIGITAL CAMERA

これはこれでまた違った表情のミール皿になりましたね。

ここまで書いた事をまとめると

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フレークネイルやグリッターネイルを使う事によって

  1. そのまま塗るだけでもきれいな作品が作れる!
  2. 単色系のマニキュアを下地に使う事によって、全く表情の違った作品が製作可能!

という2つのメリットが得られます。

本当にこのフレークネイルとグリッターネイルは、レジン初心者の方にオススメです!

もし自分が、レジン初心者のためにオススメマニキュアを選ぶとしたらこれを選ぶ!

最後に、『ぼくがレジン初心者にオススメマニキュアを選ぶとしたら何を選ぶか?』について紹介して終わりにしたいと思います。

(※あくまでも『レジン初心者や未経験者』の方に向けてのマニキュア紹介となります)

その①:レジン制作の時に、持っていて絶対損はないレベルのマニキュア!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まず最初に『持っておいて損はないレベル』のマニキュアがこちらの2本になります。

【最初に持っておいて損はないレベルのマニキュア】

  1. 濃密グラマラスネイルのホワイト(キャンドゥやセリアで購入可能)
  2. フレークネイル【※自分の好きな色でOK!】(キャンドゥやセリアで購入可能)

①に関しては、具体的に色名をホワイトと指定させていただきました。

これからどんどんレジン作品を作る事になると思うのですが、白という色は下地の製作などに本当によく使うので、持っていて損はありません。

自分もホワイトのマニキュアだけで3本くらい持っています。

②のフレークネイルに関しては、自分の好きな色のフレークネイルでOKです。

ただし、もしかしたら中には『液が透明でないフレークネイル商品』もあるかもしれないので、そこはしっかりと『液が透明のフレークネイル』を選んで購入してみてください。

その②:①で紹介した2本と組み合わせてさらに幅を広げてくれるマニキュア!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

次に紹介したいマニキュアがこちらのマニキュアになるのですが、上の写真と同じマニキュアがオススメというわけではないのであしからず汗。
(紛らわしくてごめんなさい。ただ、以下の説明を読んで頂ければ理解して頂けるかと思います)

一応、①で紹介したオススメの2本のマニキュアの幅を広げるために、以下の3本のマニキュアがオススメです。

【幅を広げてくれるマニキュア】

  1. 自分の好きな色の単色系マニキュア(ダイソー・キャンドゥ・セリアどこでも購入可能)
  2. 自分の好きな色の単色系マニキュア(ダイソー・キャンドゥ・セリアどこでも購入可能)
  3. グリッターネイル【自分の好きな色でOK!】(キャンドゥ・セリアで購入可能)

この3本ですね。

①と②に関しては、『自分の好きな色の単色系マニキュアを2本くらい持っておくといいよ』という意味合いで書きました。

(※上の写真で紹介した2本のマニキュアに関してですが、自分はパステル系のカラーが好きなので、そういった意味で上のふたつのパステルカラーの単色系マニキュアの画像を紹介しました。ちなみにパステルカラー系のマニキュアだと、キャンドゥやセリアで購入可能なACネイルが種類が豊富でオススメです。)

③のグリッターネイルに関しては正直、フレークネイルよりも使い辛い商品だと思いますが、フレークネイルとちょっとだけ違ったテイストを出したい時などに重宝します。

正直ここまで紹介した5本を持っていれば、初心者の方でもかなり幅広く作品作りが可能です。

お値段も全部で税込み540円と非常に安いですしね(´・ω・`)

本当にオススメです。

マニキュア選びは現時点でセリアとキャンドゥで買うのがオススメ!ダイソーはこれからの商品に期待!

いかがだったでしょうか?

現状だとマニキュアに関しては、キャンドゥやセリアで購入するのがぼく的にはオススメです。

ただし、ダイソーもマニキュアを販売再開したばかりで、これからどんどん巻き返していく様な気もするので、これからに期待していますかね…(´・ω・`)(謎の上から目線笑)

本当に2017年という年は、100均のマニキュア界隈の競争が激しくなりそうな予感がしていて楽しみな年です。

ですので、ぜひ皆さんも100均に行かれた際は、マニキュアの新商品コーナーを覗いてみる事をオススメします。

今日はここまでになります。

ではまた!

UVレジンの記事がかなり充実してきたので、3種類のまとめページを作りました!

UVレジン関連記事がかなり充実してきたので、見やすくするために3種類のまとめページを作りました。

初心者や未経験者の人にオススメのまとめがこちらになります。

 

※100均&basic UVレジンの作り方まとめ※

 

レジン経験者で、レジン材料の幅を広げたいと感じている方にはこちらのまとめがオススメです。

 

※材料の幅を広げる!UVレジン作り方まとめ※

 

自分が一番好きな“平面の中に立体感を作る多層レイヤー系レジン”のまとめがこちらになります。

 

※多層レイヤー系レジンまとめ※

 

また、当ブログ『一緒がいいねレジンネタ帳』の最新のUVレジン記事は、下のリンクから閲覧可能です。

よろしければこちらも合わせてどうぞ!

※最新のUVレジン関連記事へ※

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク