【UVレジン初心者が知っておくと良いシリコンモールドの知識!】100均で販売されているソフトモールド商品や、オススメ商品などをまとめて紹介!!

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日は、『100均で売られているUVレジンに使えるシリコンモールド』についての記事を書いていきます。

中には『100均とかだと、シリコンモールド(ソフトモールド)なんて売ってないんじゃないの??』と思う方もいるかと思いますが、最近だと『ダイソーやキャンドゥ』などで普通にシリコンモールド商品が発売されています。

そこで、それらの『100均のシリコンモールド商品』について、具体的な製品の特徴や商品デザインをこの記事で紹介していきますので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

ではどうぞ!

※ただし、シリコンモールド作品自体があまりレジン初心者向けではない為、そこまで踏み込んでの解説はしていません。ご了承ください。

スポンサーリンク


はじめに注意

別の100均レジングッズの記事でも同じ事を書いたのですが、今回紹介する記事内容はあくまで2017年2月の時点での情報になります。

というのも、100均のレジン関連グッズは入れ替わりが早いんですね。

それを表す一番良い例えがこちらの↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ダイソーのエスポルールというシリーズのマニキュアになるかと思います。

この商品実は、2016年頭の段階ではダイソーで販売しておりませんでした。(というか、ダイソーでのマニキュア販売は控えられていた)

そこから2016年の末ごろからでしょうか?
(すみません、正確な販売時期はわかりません汗)

ダイソーでこのエスポルールというマニキュアが発売され始めたんですよね。それも、かなりの数のラインナップです。

このように『ダイソーではマニキュアが発売されていない状態』➡『ダイソーでかなりの数のマニキュアが販売開始される』のような大きな動きがこの先も起こるかもしれないという事を踏まえて、あくまで更新日時点での最新情報が載っていると理解して頂いてから、この記事を読んで頂けると幸いです。

もちろん、ぼく自身頻繁に100均に通っていますので、何か動きがあった時はすぐにこのページを更新し、最新の100均事情を載せていくように努めていきます。

よろしくお願いします。

それでは、『ダイソーのシリコンモールド(ソフトモールド)』から見ていきましょう!

ダイソーで発売しているシリコンモールドの傾向と実物紹介!

ダイソーのシリコンモールドの特徴!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

最初に、『ダイソーで発売中のシリコンモールドの特徴』から紹介していきます。

ダイソーのシリコンモールド製品の特徴をひと言で言うと

圧倒的なコスパの良さ!

これに尽きるかと思います。

というのも、この後写真付きで紹介していくのですが、『わずか税込み108円という安い価格で、シリコン絵柄6パターンを購入できる』というのがダイソーのシリコンモールドの特徴となっています。

本当にコスパに関しては、日本一と言っても過言ではないと思いますね。

ただしひとつ欠点だと思うのは、『シリコンの絵柄が、レジンよりも粘土細工寄りの物が多く見受けられる』という点です。

そこだけはちょっと残念ですね…(´・ω・`)

ダイソーで購入できるシリコンモールドの実物紹介!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらがダイソーで購入可能なシリコンモールドになります。

(※現時点でこれ以外のシリコンモールドを見た事がないので、おそらくこれだけの様な気がしますが、もし違うシリコンモールドを見つけた際は、このページに追記していきます。)

これが税込み108円ですからね笑。

本当に安過ぎますよ、これ!

ただ先ほど言ったようにこちらの絵柄が↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

だいぶ粘土細工寄りになってるのは、レジン作家の方にとって本当にマイナスだと思います。

ちょっとレジンには使い辛いシリコンですね…(´・ω・`)

以上が、ダイソーのシリコンモールドの紹介になります。

キャンドゥで発売しているシリコンモールドの傾向と実物紹介!

キャンドゥで発売しているシリコンモールドの特徴!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こちらも最初に『キャンドゥで購入できるシリコンモールドの特徴』から紹介していきます。

キャンドゥのシリコンモールドの特徴は、ミール皿の特徴とほぼ同じになるのですが、それは

『ダイソーよりも割高だが、その代わりダイソーよりもより複雑で多くのデザイン絵柄のシリコンモールドが販売されている』という事です。

キャンドゥのシリコンモールドは、基本的に『税込み108円でひとつの絵柄のシリコンを購入できる』というパターンになっています。

ダイソーの税込み108円で6絵柄と比べるとたしかに割高に感じるかと思いますが、その代わりに『シリコンモールドの絵柄の種類』が豊富に置いてあります(※店舗によって在庫は異なりますが…)

やはりこの『絵柄の種類の多さ』と『レジンに使いやすい絵柄のシリコンが多い』という事が、キャンドゥのシリコンモールドの魅力になるかと思います。

キャンドゥで購入できるシリコンモールドの実物紹介!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

上の写真の様な製品で、キャンドゥのシリコンモールドは販売されています。

これに関してはぜひ、キャンドゥの店頭で自分の好きなシリコンモールドを探してみてください。

※実際にこの『香水瓶型のシリコンモールド』以外にも多くの種類のシリコンがあるのですが(全てを掲載していたら記事が長くなりすぎてしまうくらい多くの種類があります)、今回はあくまでこちらのタイプのシリコンモールドだけの紹介とさせていただきます。

セリアのシリコンモールドに関しては、あとで追記します汗

セリアで発売しているシリコンモールドに関しては、2店舗くらい覗いてみたのですが、まだそのお店の特徴というか全体像がつかめていません。

ですので、詳しい事を調べ次第この記事に追記をしていきますので、もう少々お待ちくださいm(__)m

結局、シリコンモールドはどれがオススメか?

最後に、あくまでもぼく個人の意見として『オススメのシリコンモールド』について触れていきたいと思います。

ここまで100均のシリコンモールドを色々紹介してきましたが、ぼくはやはり『パジコ』さんのシリコンモールドがオススメですね…(´・ω・`)

ここまで紹介してきてアレですが笑。

パジコさんのシリコンモールドの一例を挙げるとこちらの

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

フレンチモチーフの絵柄や、半球モールドのタイプが有名かと思います。

パジコさんのシリコンモールドについて、ぼくが特に強く感じるのは『レジン作品にした時の美しさが100均の物とは明らかに違う』という事です。

本当にパジコさんのシリコンモールドは、レジン液の透明感も似合いますし、ラメやグリッター作品との相性も良いんですよね。

先ほど紹介したキャンドゥの香水瓶のシリコンモールドと、パジコの香水瓶のシリコンモールドを比較してみるとよくわかるのですが↓

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

左:キャンドゥ 右:パジコ

ダイソーよりもワンランク上の絵柄に感じたキャンドゥの絵柄の『またさらにひとつ上のレベルのクオリティ』を実現しているのがパジコさんだと、ぼくは思います。

そして値段に関しても、100均の物とそこまで大きく価格差がないという事もあるため、レジン初心者向けのシリコンモールドは『パジコ』の製品をオススメします!

やっぱりきれいなパジコのシリコンモールド!

いかがだったでしょうか?

100均のシリコンモールドの紹介から、最後はパジコ製品の紹介になってしまい申し訳ありませんでした笑。

ただ確実に、『パジコのシリコンモールド』のクオリティは素晴らしいと言えますので、ぜひ一度店頭などにて商品の実物を確認してみてください!

今日はここまでです。

ではまた!

【※追記】ダイソーで数種類のシリコンモールドを発見!しかもかなり使えそう!

この記事を書いてから時間が経過し、ダイソーにふらっと入ってみると上記の新たな4種類のシリコンモールドを発見しました。

しかもかなりレジンに使えそうです…(´・ω・`)

以下で詳しく紹介していきます。

ダイソーシリコンモールド:ベーシック

こちらは、オーバル型(楕円形)やスクエア型(四角形)、ハートの形のシリコンモールドになります。

ベーシックというだけあって、かなりシンプルな形をしているので、地味にきれいな作品を作る難易度が高そうですね…(´・ω・`)

お次はこちら!

ダイソーシリコンモールド:ガーリー

こちらはダイソーの『ガーリー』というシリコンモールドになります。

みんな大好きな蝶々の形をしたシリコンモールドがあるので、割と使いやすそうです。

最後のシリコンモールドがこちら!

ダイソーシリコンモールド:アンティーク

P2130011 (1280x720)

新たに紹介した3種類の中で個人的に一番オススメなのがこちらの『アンティーク』のシリコンモールドになります。

割とレジン作品として見栄えが良くなりやすい『香水瓶』と『切手』の形があるのがかなり良いと思っています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

まだ使用していませんが、これが100円で入手できるのは考えを改めないといけませんね…(-_-;)

やっぱりダイソーは凄いです。

正直この3種類を発見したおかげで、シリコンモールドの評価が振出しに戻ってしまいました。

ただ一応のシリコンモールドの見本例として参考になる所があると思いますので、ぜひ購入の参考にしてみてください。

ではまた!

UVレジンの記事がかなり充実してきたので、3種類のまとめページを作りました!

UVレジン関連記事がかなり充実してきたので、見やすくするために3種類のまとめページを作りました。

初心者や未経験者の人にオススメのまとめがこちらになります。

 

※100均&basic UVレジンの作り方まとめ※

 

レジン経験者で、レジン材料の幅を広げたいと感じている方にはこちらのまとめがオススメです。

 

※材料の幅を広げる!UVレジン作り方まとめ※

 

自分が一番好きな“平面の中に立体感を作る多層レイヤー系レジン”のまとめがこちらになります。

 

※多層レイヤー系レジンまとめ※

 

また、当ブログ『一緒がいいねレジンネタ帳』の最新のUVレジン記事は、下のリンクから閲覧可能です。

よろしければこちらも合わせてどうぞ!

※最新のUVレジン関連記事へ※

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク