【ギリシャの風を感じるレジン】ラウンドトップのマスキングテープを使用したレジン作品の紹介!!

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日は新たな『いっしょがいいね式レジン』の作品を作ってみたので紹介します。

今回はマスキングテープだけでなく、ねり消しを利用した雲のレジン素材も入れてみました。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


今日紹介するレジン作品のレシピとして使用した記事がこちら!

今日この記事で紹介するレジン作品は、主に以下のふたつの記事をベースにして作りました。

その①:マスキングテープをレジン素材として使うための加工方法

【マスキングテープをレジンできれいに使用する!!】マスキングテープをUVレジンで発色よくきれいに使うひとつの方法紹介!

2016.11.22

まずひとつ目がこちらの『マスキングテープをレジン素材として使うための加工方法』の記事です。

その②:いっしょがいいね式レジンの作り方レシピ

【地面・背景・キャラクターの三種の神器でレジン!】いっしょがいいね式レジンの作り方を紹介! 【その①:ネイルシール使用ver.】

2016.11.26

そしてふたつ目が、基本的な作り方レシピの全てが記載されているこちらの記事です。

使用したミール皿や作業手順など全てこの記事に書いてあります。

今回使用したミール皿

今回のレジン作品は、ダイソーのミール皿を使用しました。

色はシルバーで、型番は『C029 № 944』となっています。

今回使用したマスキングテープ

今回使用したマスキングテープがこちらになります。

 

今回はこちらのギリシャの風景が描かれたマスキングテープを使用しました。

絵柄紹介

こちらのマスキングテープの特徴をひと言で言うと、非常に“品がある”マスキングテープだと思います。

何と言いますか、空気感が非常に爽やかなんですよね。

個人的にかなり好みのマスキングテープです!

今回はこちらのマスキングテープを使用していきます。

今回使用した地面材

今回はこちらのコンクリート調の地面材を使用しました。

ギリシャの背景とコンクリート風の地面が非常にマッチするため、オススメの組み合わせです。

作業工程紹介!

それでは簡単に作業工程を見ていきましょう!

まずは、ミール皿に地面材と下地隠しの白マニキュアを塗って乾燥させます。

その後、コンパスカッターを使用してミール皿と同じ直径に、加工したマスキングテープを切っていきます↓

その後は、ハサミを使ってマステの大きさの微調整をしていき↓

最終的にミール皿にシールを張り付けて下準備は完了です。

今回は、ねり消しを使った雲の素材を入れてみました!

今回は、上の写真のねり消しを利用した雲素材をレジンに封入してみました。

まずはねり消しをよく練って、雲に使えそうなパーツを抽出していきます↓

あとはこれをピンセットで普通に封入していくだけの流れとなりますね。

レジンに使えるねり消しで作る雲素材に関しては、あとでしっかりと特集記事にしていきます!!

また、今回使用するキャラクターシールは毎回使用するノーブランドでお馴染みのこちら↓

こちらのシールを使用しました。

さて…

どんなレジン作品が出来たでしょうか?

完成したレジン作品がこちら!

今回完成したレジン作品がこちらになります。

雲の素材が良いアクセントになっているので↓

ギリシャの風景とシルバーのミール皿、そして雲のねり消し素材がいい感じに調和してくれたレジンかなと思います。

ギリシャの風景のマスキングテープを使用したレジン作品の紹介でした!

いかがだったでしょうか?

今回使用したギリシャのマスキングテープは、非常に爽やかな空気感のあるマスキングテープだと思います。

皆様もぜひこちらのメーカーのマスキングテープを試してみてください。

(※マスキングテープ販売会社のラウンドトップの公式ページがこちら

非常にオススメです。

それでは今日はここまでになります。

ではまた!

【今回使用した地面材】

【今回使用したマスキングテープ】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク