【欧米の古い街並みを活かしたレジン】ラウンドトップのマスキングテープを使用したレジン作品の紹介!!

どーも、ぼく(@TakayaSakamoto)です。

今日は新たな『いっしょがいいね式レジン』の作品を作ってみたので紹介します。

今回は、欧米の古い街並みのマスキングテープを使用したレジンを製作してみました。

ではどうぞ!

スポンサーリンク


今日紹介するレジン作品のレシピとして使用した記事がこちら!

今日この記事で紹介するレジン作品は、主に以下のふたつの記事をベースにして作りました。

その①:マスキングテープをレジン素材として使うための加工方法

【マスキングテープをレジンできれいに使用する!!】マスキングテープをUVレジンで発色よくきれいに使うひとつの方法紹介!

2016.11.22

まずひとつ目がこちらの『マスキングテープをレジン素材として使うための加工方法』の記事です。

その②:いっしょがいいね式レジンの作り方レシピ

【地面・背景・キャラクターの三種の神器でレジン!】いっしょがいいね式レジンの作り方を紹介! 【その①:ネイルシール使用ver.】

2016.11.26

そしてふたつ目が、基本的な作り方レシピの全てが記載されているこちらの記事です。

使用したミール皿や作業手順など全てこの記事に書いてあります。

今回使用したミール皿

今回のレジン作品は、ダイソーのミール皿を使用しました。

色はゴールドで、型番は『C029 № 943』となっています。

今回使用したマスキングテープ

今回使用したマスキングテープがこちらになります。

 

今回はこちらの欧米の古い街並み(※イタリアのベネチア)が描かれたマスキングテープを使用しました。

今回使用した地面材

今回はこちらのコンクリート調の地面材を使用しました。

街並みにピッタリの地面材であり、かつ、気泡も出にくい地面材となっているためオススメです。

作業工程紹介!

それでは簡単に作業工程を見ていきましょう!

まずは、ミール皿に地面材と下地隠しの白マニキュアを塗って乾燥させます。

その後、コンパスカッターを使用してミール皿と同じ直径に、加工したマスキングテープを切っていきます↓

その後は、ハサミを使ってマステの大きさの微調整をしていき↓

最終的にミール皿にシールを張り付けて下準備は完了です。

今回も、ノーブランドの動物シールを封入しました!

今回封入するキャラクターシールは、ぼくが毎回使用しているノーブランドでお馴染みのこちら↓

 

こちらのシールを使用しました。

(※型番は“QJ-3D-600”になります。)

さて…

どんなレジン作品が出来たでしょうか?

完成したレジン作品がこちら!

今回完成したレジン作品がこちらになります。

こちらのマスキングテープの良い所は、何よりも『コンクリート調の地面との相性が抜群に良い事』です。

地面材の中でも一番使いやすいコンクリート調の地面材と、それと相性の良いマスキングテープ、このふたつの組み合わせで色々な絵柄の作品作りが可能となっていますので、ぜひチェックしてみてください!

欧米の古い街並みのマスキングテープを使用したレジン作品の紹介でした!

いかがだったでしょうか?

皆様もぜひこちらのメーカーのマスキングテープを試してみてください。

(※マスキングテープ販売会社のラウンドトップの公式ページがこちら

非常にオススメです。

それでは今日はここまでになります。

ではまた!

【今回使用した地面材】

【今回使用したマスキングテープ】

 

スポンサーリンク

スポンサーリンク